GoProで半水面撮影が可能になるドームポート『GoDome』

GoDome

GoProに装着して簡単に半水面撮影を可能にするドームポート『GoDome』。実際にユーザーが撮った写真や映像がInstagramにアップされていますが、アイデア次第でかなりおもしろい絵が撮れます。試してみるとすぐにわかるんですけど、小さなレンズのカメラで水中と水上を同時に撮るのって本当に難しいんですよね。この手の製品はどれも性能に大差ありませんが、これがシンプルなデザインで価格もリーズナブルでいいですね。一旦装着してしまうと前面の電源ボタンが使えなくなりますが、Wi-Fiリモートを使えば問題ありません。


Link » GoDome | Get Over Under Shots With Ease


Related Post » GoProで半水面撮影が可能になるドームポート『GDome』

July 7, 2016 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , | No Response »


 

GoPro用小型軽量自撮り棒

Luxebell Selfie Stick Telescopic Pole

ウォータースポーツで愛用していたGoPro用ハンドグリップ「GoPro The Handler」が壊れてしまったため、代替品として購入した自撮り棒がなかなか調子良いです。アルミ製で重さわずか80gと超軽量で、縮めた状態の長さは19cmとコンパクトですが、最大45cmまで伸ばすことが可能。グリップエンドに三脚穴も搭載していてバッチリ。デフォルトではGoProマウントになっていますが、三脚マウントとスマートフォンホルダーも付属しています。そして価格もリーズナブルなのがうれしいですね。これまでスノーボードや旅先では「Pocket Xshot」を愛用していましたが、重いのが不満だったのでこれ1つにまとめようと思います。


Link » Luxebell 超小型自撮り棒


Related Post » 水に浮くハンドグリップ『GoPro The Handler』

June 27, 2016 | Categories » Recommend, Technology, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

腕時計ように装着できるGoPro用防水ライブビューリモコン『Removu R1+』

Removu R1Plus

腕時計ように装着できるGoPro用防水ライブビューリモコン『Removu R1+』。撮影している映像をリアルタイムでチェックできるのはもちろん、撮影した映像の再生、カメラの設定や操作することができます。また、別売のクレイドルとセットで使えば様々なGoProマウントにも装着可能。同様のことはスマートフォンでもできますが、これならコンパクトでウェアラブルだし、防水、防塵、耐衝撃機能も備えていていいですね。


Link » Removu R1+


Related Post » 『GoPro LCD Touch BacPac』をライブビューリモコンにするリストバンド『Removu』

June 24, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

空間光学ブレ補正搭載4Kアクションカム『Sony FDR-X3000R』

Sony FDR-X3000R

ソニーから、「空間光学ブレ補正機能」を搭載した4Kアクションカム『FDR-X3000R』が登場。同社のハンディカムに搭載されている機能をアクションカムの超小型サイズに搭載しました。本体はIPX4相当の防滴性能を備え、付属のケース収納時は1.5mからの落下衝撃、水深60mまで耐えることができます。本体に液晶モニタはありませんが、付属のライブビューリモコンから確認でき、カメラの設定や操作も可能です。YouTubeチャンネルにサンプル動画がアップされていますが、さすがにジンバルで撮影したクオリティに及ばないとはいえ、いい感じにブレを抑えられていますね。早速ヨドバシカメラでチェックしてこようと思います。


Link » Sony FDR-X3000R


Related Post » Sony、1型センサー搭載超小型カメラ 『RX0』を発表

June 24, 2016 | Categories » Technology, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

旅行者のためのスマートなバックパック『Aer Travel Pack』

Aer Travel Pack

旅行者のためのスマートなバックパック『Aer Travel Pack』が「Kickstarter」に登場。容量は33リットルの機内持ち込み可能サイズで、収納可能なショルダーストラップによって手提げバッグとしても使用可能。撥水性のある生地で、メインポケットとは分けられた汚れた服やスニーカーを収納するポケット、背面にはラップトップやタブレットを収納できるパッド入りポケット、上部には素早くアクセスできる小物用のポケットを備えています。旅行用として作られていますが、サイドのアジャスターでデイパックとしても使用可能。アウトドア用のようなハイスペック過ぎない機能性と、フルブラックでロゴすら無いステルスなデザインがかなり好みです。ボクは近年バックパックは「Arc’teryx Veilance Nomin Pack」を愛用していますが、荷物はどんどん軽量でコンパクトになっているので、気軽な旅行ならもうこのバックパック1つで十分ですね。


Link » Travel Pack — Aer | Modern gym bags, travel bags and accessories designed for the city


Related Post » 旅の必需品を常に携帯するためのスリングバッグ『Aer Travel Sling』

June 20, 2016 | Categories » Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

Fitbit、フィットネストラッカー『Fitbit Alta』、フィットネスウォッチ『Fitbit Surge』『Fitbit Blaze』を発表

Fitbit Blaze / Surge / Alta

Fitbitがフィットネストラッカー『Fitbit Alta』、フィットネスウォッチ『Fitbit Surge』『Fitbit Blaze』を発表。『Fitbit Alta』はOLEDディスプレイ搭載のフィットネストラッカーで、歩数、距離、消費カロリーの計測、自動睡眠記録などの機能を搭載し、スマートフォンの着信やSMS、カレンダーなどの通知を受け取ることが可能。『Fitbit Surge』と『Fitbit Blaze』はタッチスクリーンを備えた時計タイプのフィットネストラッカーで、『Fitbit Alta』の基本機能に加えて、心拍数の計測やGPS機能を使用したトラッキング、音楽のコントロールなどが可能。3モデルともにiOS、Android、WindowsデバイスとBluetoothでワイヤレスに同期します。この手のウェアラブルデバイスはすっかり身に付けなくなってしまいましたが、ライフログを取ってそのデータを健康に役立てている人って一体どれだけいるんでしょうか?取ること自体が目的になってしまっている人が大半な気がするんですよね。


Link » Fitbit Alta

Link » Fitbit Surge

Link » Fitbit Blaze


Related Post » Fitbit、心拍センサー搭載フィットネスリストバンド『Alta HR』を発売

May 17, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , , | No Response »


 

Smartwool Men’s NTS Micro 150 Boxer Brief

Smartwool Men's NTS Micro 150 Boxer Brief

連休中に友人たちとキャンプをしてきたんですが、近年アウトドアやスポーツなどではメリノウール製100%のボクサーブリーフ『Smartwool Men’s NTS Micro 150 Boxer Brief』を愛用しています。最薄手のマイクロウェイト生地はやわらかな肌触りで、ウールのナチュラルな抗菌作用で何日履いてもサラッと爽やかで快適。毎日洗濯する必要が無いので、2枚あれば何日でも対応可能ですね。


Link » Smartwool Men’s NTS マイクロ150 ボクサーブリーフ


Related Post » Smartwool PhD Outdoor Heavy Crew

May 9, 2016 | Categories » Recommend, Thing, Travel | Tags » , , , , , , | No Response »


 

ザハ・ハディド、急逝

Zaha Hadid

建築界最大のスターの1人であるザハ・ハディドが他界した。享年65歳だった。イラク生まれで、ロンドンを拠点に活動していた彼女自身のウェブサイトによると、気管支炎の治療のため入院していたマイアミの病院で心臓発作に襲われたようだ。

新国立競技場のデザインの件では、日本でザハ・ハディド氏の建築が見られると楽しみにしていたので残念です。安らかなお眠りをお祈り申し上げます。


Link » 偉大なる建築家ザハ・ハディド、65歳の死|WIRED.jp


Related Post » 新国立競技場のザハ・ハディドのデザインが白紙に

April 1, 2016 | Categories » Art - Design | Tags » , , , , , , | No Response »


 

4K動画撮影が可能なスタビライザー内蔵アクションカメラ『Revl Arc』

Revl Arc

4K動画撮影が可能なスタビライザー内蔵アクションカメラ『Revl Arc』が登場。これまでアクションカメラの弱点だったブレのない動画をカメラ単体で手軽に撮ることが可能です。以前に、GoPro用防水電動スタビライザー「Slick」という製品を紹介しましたが、これはカメラ本体に内蔵してしまったところが画期的ですね。3m防水性能を備えているのでウォータースポーツでもバッチリです。さらにWi-FiとBluetoothを搭載しているので、スマートフォンとの連携や撮った動画の転送も可能。もちろんアクションカメラに欠かせないセルフィースティックや様々なマウントも用意されています。現在「Indiegogo」にて379ドルでプレオーダー受付中。現在GoProは中国のコピー企業などの影響による大幅な売上減少で大変ですが、GoProこそがこんなアクションカメラを出すべきだったんじゃないでしょうか。


Link » Revl Arc – The First Stabilized 4K Action Camera | Indiegogo


Related Post » GoProでブレのない動画が撮れる防水電動スタビライザー『Slick』

March 30, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2016

My EDC 2016

相変わらず日常的に手ぶらで生活していて、会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらです。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなりますからね。これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。

日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2015

March 7, 2016 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 18 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air