Bose、360度全方位再生の円筒型Bluetoothスピーカー『SoundLink Revolve』を発表

Bose SoundLink Revolve & SoundLink Revolve+

Boseが、360度全方位再生の円筒型Bluetoothスピーカー『SoundLink Revolve』と『SoundLink Revolve+』を発表。円筒型の一体成型アルミ製エンクロージャーにスピーカーユニットを内蔵。バッテリー搭載で、水しぶきや雨でも気にせず使えるIPX4準拠の防滴仕様なので、自宅やアウトドアの様々なところで音楽を楽しむことができます。さらに底面には三脚穴を搭載しているので、カメラ用三脚などをスピーカースタンドとして利用可能。音楽操作はスマートフォンからはもちろんスピーカー上部のボタンからも可能で、ハンズフリー通話やSiriなどを使った音声操作にも対応。カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色。価格は『SoundLink Revolve』が25,000円、一回り大きい『SoundLink Revolve+』が35,000円で4月28日発売。普通の人にとってはもう高価で大きなオーディオシステムは必要ありませんよね。

Link » SoundLink Revolve

Link » SoundLink Revolve+


Related Post » Bose SoundLink Mini Bluetooth Spaeker

April 19, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Soundmatters foxL Dash 7s

Soundmatters foxL Dash 7s

前作から持ち物の80%以上を刷新して大幅にバージョンアップした高城剛氏の新著「Life Packing 2.1」ですが、早速手に入れて掲載されていたモノをいくつか購入しました。その中の1つが『Soundmatters』の薄型Bluetoothスピーカー『foxL Dash 7s』です。独自開発の超フラット型のTwooferドライバー2基、12時間連続再生可能なバッテリーを搭載し、わずか薄さ18mm、重さ201gという小型軽量化を実現。3.5mmステレオミニジャックを搭載し、外部サブウーファー出力にはウーファーを接続することが可能です。クリアで高音質なハンズフリー通話が可能で、新たにiPhoneではSiriを使った音声操作にも対応。さらにスタンドとして使える持ち運び用カバーが付属します。

早速愛用していた同社の「foxL V2」と聴き比べてみましたが、高音はよりクリアになったものの低音は出なくなってしまいましたね。スタンドを使わずに平置すれば設置面に振動を伝えて低音が増幅されるので、この状態でしばらく使ってみようと思います。さらに低音を出したい場合は、「foxL V2」と組み合わせて愛用していたポータブルスピーカー「WOWee Classic」をサブウーファー用の出力端子に繋いでパワフルなサウンドを楽しんでいます。どちらもコンパクトな上にバッテリー駆動なので、どこにでも持ち運ぶことができて気に入っています。

Link » Soundmatters foxL Dash 7s


Related Post » Soundmatters foxL Dash 4

August 9, 2016 | Categories » Recommend, Technology, Travel | Tags » , , | No Response »


 

Soundmatters foxL Dash 4

Soundmatters foxL Dash 4

『Soundmatters』から薄型Bluetoothスピーカーのニューモデル『foxL Dash 4』が登場。音質を妥協することなくどれだけコンパクトにできるかをコンセプトに開発されたそうで、8時間連続ワイヤレス再生が可能なバッテリーを搭載し、ポケットに入るスマートフォンサイズで重さわずか175gという小型軽量化を実現しています。クリアで高音質なハンズフリー通話が可能で、さらにiPhoneではSiriを使った音声操作にも対応。ここ数年ポータブルスピーカーは同社の「foxL V2」を愛用しているので、どんな音質なのか気になるところです。

Link » Soundmatters foxL Dash 4


Related Post » Soundmatters foxL Dash 7

June 1, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

B&O BeoPlay A1

B&O BeoPlay A1

『Bang & Olufsen』のカジュアルブランドである『B&O Play』から、コンパクトな円形型のポータブルBluetoothスピーカー『BeoPlay A1』が登場。美しいドーム型のボディは音楽を360度全方位から楽しむことができ、バッテリー搭載で最大24時間のワイヤレス再生が可能なので、どこにでも手軽に持ち出すことが可能です。持ち運んだり壁掛けをするためのレザーストラップがカジュアルでかわいらしい。

Link » B&O BeoPlay A1


Related Post » B&O Play BeoPlay A2

May 23, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

コンパクトなWi-Fi内蔵ワイヤレススピーカー『SONOS PLAY:1』

SONOS PLAY:1

コンパクトなWi-Fi内蔵ワイヤレススピーカー『SONOS PLAY:1』。スマートフォンやタブレットに保存してある音楽を再生するのはもちろん、BluetoothやAirPlayと違って単体でApple MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスから直接音楽を再生することが可能です。さらに複数台をグループ化して個別の部屋で同じ音楽を流したり、2台をステレオスピーカーとしてペアリングすることもできて便利。バッテリー駆動できないのが残念ですが、手軽に自宅のオーディオシステムをワイヤレスネットワーク化することができていいですね。

Link » SONOS PLAY:1


Related Post » Google、定額制音楽ストリーミングサービス『Google Play Music』を日本でも開始

May 19, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

浮いているように見えるミニマルなワイヤレススピーカー『Meizu Gravity』

Meizu Gravity

中国の『Meizu(メイズ)』からコンパクトなワイヤレススピーカー『Gravity』が登場。日本人の坪井浩尚氏による、スクエアなスピーカーとプリズムを組み合わせたミニマルなデザインで、まるでスピーカーが浮いているように見えますね。さらに本体に搭載されたディスプレイはプリズムの反射でガラス上に表示されてカッコいい。BluetoothとWi-Fi、AUX入力を搭載していて、スマートフォンやタブレットに保存してある音楽を再生するのはもちろん、SpotifyやSoundCloudなどの音楽ストリーミングサービスから直接音楽を再生することも可能です。現在「Indiegogo」にて199ドルでプレオーダー受付中。

Link » Gravity: Floating speaker with floating display | Indiegogo


Related Post » 手のひらサイズのGPS搭載多機能ドローン『ONAGOfly』

May 19, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

21世紀の新しいシンプルライフ – モバイル家電篇

EPSON EH-TW410

ボクは一人暮らしで、写真や音楽、映像はもちろん、書籍もデザイン関連や写真集などを除いて全てデジタル化してあり、自宅にはベッドや洗濯乾燥機などの快適に生活するために最低限必要な家具と家電しか置いていません。服やガジェットも選りすぐった必要最低限のモノだけを持つようにしていますが、近年はあらゆるモノにおいて簡単に持ち運べてそのまま旅先に持ち出せるモノを選ぶようになりました。その方が気分も軽くなって行動力も上がるし、すぐに引っ越せるので世の中の変化や天災などのあらゆる危機にも柔軟になりますからね。ということで今回は、そんな21世紀の新しいシンプルライフに欠かせないモバイル家電を紹介します。昨年のエントリーも合わせてどうぞ。

Read More »


Related Post » Braun ハンドブレンダー マルチクイック MQ735

April 22, 2016 | Categories » Column, Life, Recommend, Technology, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

アンプを内蔵していないスピーカーをBluetoothスピーカーにする『The Vamp』

The Vamp

以前に紹介した、アンプを内蔵しないスピーカーケーブルで接続するタイプのスピーカーに取り付けて、Bluetoothスピーカーにすることができるユニット『The Vamp』がいつの間にか発売されていました。マイクロUSBで充電することができ、10時間以上のバッテリー駆動が可能。マグネットを内蔵しているのでスピーカーへの設置方法は自由で、3.5mmステレオミニジャックを装備しているので、Bluetoothを搭載していないMP3プレーヤーなどを接続することができます。古いスピーカーに接続すればハイテクに生まれ変わりますね。

Link » The VAMP® | Transform any speaker into a portable Bluetooth® speaker


Related Post » アンプを内蔵していないスピーカーをBluetoothスピーカーにする『The Vamp』

February 22, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Genelec 6000A

Genelec 6000A-TMS

レコーディングスタジオにおいて大きなシェアを誇るモニタースピーカーブランド『Genelec』の、旅先で本格的なサウンドを楽しむコンセプトで作られたポータブルスピーカー『Genelec 6000A』。アンプ内蔵のコンパクトな本体は重さわずか620gで、デザインもミニマルでアルミの質感が美しい。スピーカー本体に専用スタンドを装着するとT字型になり、手軽に高音質なサラウンドを楽しめます。音声入力には3.5mmステレオミニジャックを搭載。さらにUSBポートを搭載しているので、iPhoneやiPodなどのオーディオプレイヤーに給電しながら再生が可能です。今なら「Google Chromecast Audio」を接続すればハイテクに生まれ変わらせることができますね。

Link » Genelec 6000A-TMS シルバー

Link » Genelec 6000A-TMW ポーラーホワイト

Link » Genelec 6000A-TMB マットブラック


Related Post » Google、映像ストリーミングデバイスの新型『Chromecast』と音楽ストリーミングデバイス『Chromecast Audio』を発表

February 19, 2016 | Categories » Technology, Travel | Tags » , , | No Response »


 

透明スピーカー『Transparent Speaker』

People People Transparent Speaker

ワイアードの最新号で紹介されていた、透明なパワードスピーカー『Transparent Speaker』。前面パネルにはボリューム、低音、高音を調整するノブ、AUX入力を搭載。背面には電源ケーブル、電力出力用のUSBコネクタ、AUX入力、「Apple AirPort Express」を内蔵させるためのスロットを搭載。これならどんな空間にも溶け込みそうですね。価格は700ユーロ。日本にも配送してくれるようです。

Link » People People Transparent Speaker


Related Post » AirPlay

February 15, 2016 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 8 Next »

 
LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで 上 物欲なき世界 DJI Mavic Pro

LIFE PACKING 2.1
未来を生きるためのモノと知恵
– 高城剛

スティーブ・ジョブズ
無謀な男が真のリーダーに
なるまで 上

物欲なき世界

DJI Mavic Pro