Sony RX100M5A

Sony RX100M5A

ソニーから、ハイエンドコンパクトデジタルカメラ『RX100 V』のアップデート版『RX100M5A 』が発売。最新の画像処理エンジンを搭載し、画像処理速度は約1.8倍に高速化。これに伴って様々な性能アップや機能が追加されています。

最新モデル「RX100 VI」には高倍率ズームレンズが搭載されましたが、これまでの低倍率ズームレンズを搭載したモデルも継続されるんでしょうか。


Link » Sony RX100M5A


Related Post » Sony、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトデジタルカメラ『Sony RX1R II』を日本でも発売

July 13, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Sony、テレビチューナーを内蔵しない『BRAVIA』を発売

Sony BRAVIA BZ35F/BZ

ソニーのテレビブランド『BRAVIA』から、テレビチューナーを内蔵しない業務用ディスプレイが発売。

ラインナップは43インチ、49インチ、55インチ、65インチ、75インチ、85インチで解像度は全モデル共通で3,840×2,160ピクセル。Wi-Fiに対応し、HDMI入力を4系統、コンポーネント入力、ビデオ入力を搭載。通常のテレビ番組は映りませんが、Androidを搭載しているので、YouTube、Amazonビデオ、Netflix、Hulu、TVerなどの映像コンテンツをストリーミングで楽しめます。

テレビチューナーを内蔵しないので、設置してもNHK受信料の支払いは不要です。法人向けとのことですが、一般ユーザーでも購入可能とのことです。テレビ番組は見ないけど、映画や映像コンテンツを表示する大画面ディスプレイは設置したいという人にはピッタリですね。


Link » BZ35F/BZシリーズ | 業務用ディスプレイ・テレビ[法人向け] ブラビア | ソニー


Related Post » Amazon、4KとHDRに対応した映像ストリーミングデバイスの新型『Fire TV』を発売

July 6, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Sony RX100 VI

Sony RX100 VI

ソニーが、ハイエンドコンパクトデジタルカメラの新モデル『RX100 VI』を発表。新たに35mm判換算で24-200mm相当F2.8-4.5の沈胴式ズームレンズを搭載し、チルト式背面モニターにはタッチパネルが採用され、タッチシャッターとタッチフォーカスが可能になりました。

スマートフォンのカメラの進化によってすっかりコンデジを使わなくなりましたが、高性能な小型ボディに広角24mmから望遠200mmまでをカバーする高倍率ズームレンズを搭載しているのは魅力的ですね。


Link » DSC-RX100M6 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー


Related Post » Sony、1型センサー搭載超小型カメラ 『RX0』を発表

June 6, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

電子ペーパーマルチリモコン『Sony HUIS』にブラッククレードル

Sony HUIS-100KC B

様々な家電のリモコンを一つにまとめられる電子ペーパーマルチリモコン『Sony HUIS』のブラックモデルに合わせて、ブラックカラーの専用クレードルが登場。専用クレードルと組み合わせることでBluetooth機器の操作も可能になり、PlayStation、Apple TVやFire TVなどに対応します。

従来のホワイトモデルだと、マットブラックの筐体と黒い画面の一体感が台無しでしたからね。


Link » Sony HUIS ブラック クレードルキット

Link » Sony HUIS Bluetoothクレードル ブラック


Related Post » 電子ペーパーマルチリモコン『Sony HUIS』ブラックモデル

March 1, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Sony α7 III

Sony α7 III

ソニーが、35mmフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α7 III』を発表。新開発の有効約2,420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーと、新世代の画像処理システムの搭載により読出し速度は約2倍になり、画像処理速度は約1.8倍に高速化。AF速度、精度、追従性能が向上し、低輝度時のAF速度は最大2倍に高速化しました。AE/AF追従で秒10コマの高速連写が可能になり、5段の補正効果のある光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能、サイレントシャッター機能、全画素読み出しによる高解像度4K動画の本体内記録とHDRに対応。さらに2つのメディアスロット、約2.2倍になった高容量バッテリー、USB Type-Cなどを搭載。

3月23日発売で、価格は23万円前後になるそうです。α7シリーズのベーシックモデルという位置付けですが、「α9」や「α7R III」に搭載されている最新仕様を取り入れていて、前モデルから大幅に進化していますね。もちろん買い替えたいと思います。


Link » α7 III | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー


Related Post » Sony α7R III

February 28, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , | No Response »


 

ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプターの廉価版『SHOTEN LM-SE M(L)』

SHOTEN LM-SE M(L)

『焦点工房』から、ソニーのEマウントカメラにライカMレンズを装着可能にし、ヘリコイド操作によってレンズの最短焦点距離を大幅に縮めることができるマウントアダプターの廉価版『SHOTEN LM-SE M(L)』が登場。これまでのライカMレンズではありえなかった「寄り」での撮影が可能になるアダプターで、既存モデル「LM-SE M」の繰り出し量の6mmを5mmに短縮して軽量化しています。

現在カメラは「Sony α7 II」に、ライカMレンズでオートフォーカスを可能にするマウントアダプター「Techart LM-EA7」を装着して愛用していますが、このアダプターは軽量コンパクトで価格もリーズナブルなのがいいですね。


Link » SHOTEN LM-SE M(L)


Related Post » ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプター『SHOTEN L.M. – S.E. MACRO』

January 26, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

電子ペーパーマルチリモコン『Sony HUIS』ブラックモデル

Sony HUIS-100RC/B

様々な家電のリモコンを一つにまとめられる電子ペーパーマルチリモコン『Sony HUIS』のブラックモデルが登場。普段使っているテレビやオーディオ、照明やエアコンなどの家電のリモコン機能を登録でき、リモコンの各種ボタンを自由にレイアウトしたり、自動作成機能を使って適切なボタンレイアウトを自動生成することも可能です。

さらにクレードルを追加することでBluetooth機器の操作も可能になり、PlayStation、Apple TVやFire TVなどに対応します。画面も筐体に合わせて黒背景になっていて一体感があり、高級感のあるマットな質感がカッコいい。従来のホワイトモデルだと使っている家電やインテリアに合わなかったという人にはうれしいですね。


Link » Sony HUIS ブラック

Link » Sony HUIS Bluetoothクレードル


Related Post » Sony、次世代PSP『Next Generation Portable』を発表

January 16, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Sony、犬型エンタテインメントロボット新型『aibo』を発売

Sony aibo ERS-1000

ソニーが、犬型エンタテインメントロボット新型『aibo』を発売。前シリーズを継承しつつも丸みのあるかわいらしい外観になり、動きもより本物の犬っぽく進化していますね。 Wi-FiとLTE通信に対応し、本体に搭載されたAIがクラウドと連携することで、オーナーとのやり取りを学んで個性的に成長していくそうです。価格は198,000円ですが、月額2,980円のクラウドサービス「aiboベーシックプラン」の契約が必須になるとのことです。昨年11月1日の発表から3度受け付けた先行予約は、全て1時間以内に完売するなど好調のようです。

ロボット事業への再参入は12年振りとなりますが、超高齢化社会に突入している日本では、こういったペットロボットの需要は今後ますます高まっていくでしょうから、良いタイミングかもしれませんね。


Link » aibo


Related Post » Sony、犬型エンタテインメントロボット新型『aibo』を発表

January 11, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Sony、スマートウォッチ機能を内蔵した腕時計バンド『wena wrist』の新モデル『pro』『active』を発表

Sony wena wrist pro / active

ソニーが、スマートウォッチ機能を内蔵した腕時計バンド『wena wrist』の新モデル『pro』と『active』を発表。従来の腕時計のバンドを付け替えることでスマートウォッチ化することができます。金属製バンドの『pro』は、着信やメッセージなどの通知機能、歩数や消費カロリー、睡眠状態などの計測ができる機能、電子マネー機能を搭載し、バックル部分に通知内容を表示する有機ELディスプレイを搭載。バンドの内蔵バッテリーによる連続動作時間は約1週間で、日常生活防水仕様。シリコンラバー製バンドの『active』はランニングなどに使えるスポーツモデルで、『pro』の基本機能に加えて心拍数の計測やGPS機能を使用したトラッキングが可能。さらにヘッドを取り外してスマートバンドとしても使用できます。

従来の腕時計にそのまま装着できるというアイデアはスゴくいいと思いますね。ようやくバンド単体で購入できるようになったので試してみようと思います。


Link » wena wrist pro | スマートウォッチ | ソニー


Related Post » Sony、時計バンドに機能を内蔵したスマートウォッチ『wena wrist』を発表

December 8, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Sony、犬型エンタテインメントロボット新型『aibo』を発表

Sony aibo ERS-1000

ソニーが、犬型エンタテインメントロボット新型『aibo』を発表。前シリーズを継承しつつも丸みのあるかわいらしい外観になり、動きもより本物の犬っぽく進化していますね。 Wi-FiとLTE通信に対応し、本体に搭載されたAIがクラウドと連携することで、オーナーとのやり取りを学んで個性的に成長していくそうです。価格は198,000円ですが、月額2,980円のクラウドサービス「aiboベーシックプラン」の契約が必須になるとのことです。2018年1月11日発売予定で、現在公式サイトで先行予約受付中。

ロボット事業への再参入は12年振りとなりますが、超高齢化社会に突入している日本では、こういったペットロボットの需要は今後ますます高まっていくでしょうから、良いタイミングかもしれませんね。


Link » aibo


Related Post » Sony、犬型エンタテインメントロボット新型『aibo』を発売

November 1, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 11 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air