LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛

LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 - 高城剛

資産99%を処分し
高城剛が最後に残した
1%の生活必需品を公開!!

高城剛のハードライフを支える
必要最低限のリアルツールを集約!
次世代のためのモノ選びとパッキングを追求した
すべて「本人私物」の珠玉の一冊。


壁面を覆う巨大アートピース、山積みのスニーカーや洋服、
保管に追われたアーカイブ、モノに埋め尽くされた自宅……。
高城剛は5年の歳月を費やして、それらを徹底的に厳選し、
スーツケース約1.2個分にまで集約した。
この本は、最先端を生きる生粋のクリエイター・高城剛が
実際にその目とその足で選び抜き、
使用を重ねる中で研鑽された珠玉の生活必需品をまとめた
これまでにない、モノカタログ本の進化系である。

そして今も、彼はこの本に掲載されたアイテムを携えて、
世界の何処かを駆け回っているのだ。

ハイパーノマドな高城センセが私物を大公開する書籍がいよいよ発売されます。高城センセは数年前に必要なモノはスーツケース4個分に集約したと言っていましたが、今ではなんと約1.2個分にまで小さくなったようですよ。これはかなり楽しみですね。

http://www.amazon.co.jp/exec/o……ref=nosim/


Related Post » 『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛』Kindle版が発売

November 3, 2012 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

常識からはみ出す生き方 – ノマドワーカーが贈る「仕事と人生のルール」

常識からはみ出す生き方

著者のクリス・ギレボー氏は、ネットと電話さえあれば維持できるビジネスを複数展開するマイクロ起業家で、世界中を旅しながら仕事をするハイパーノマド。東京のカフェを転々としながら仕事をするようなノマドワーカーとは一線を画します。いわゆるライフハック本なんですが、「「週4時間」だけ働く。」のように「必要最小限の労力でいかにして成果を上げるか」を追求したものではなく、本書のテーマでもある「自分が望む生き方をしながら、同時にほかの誰かを助ける」という考え方から、自分自身のマイクロビジネスを通して自分と周囲の人々に良い変化をもたらす自由な働き方を提案しています。起きている時間の大半を過ごす場所がおもしろくないなら、どうしてそれを成功だと言えるのか?他人の期待通りの人生を生きる必要はない。もう「そうするのがあたりまえ」という「常識」に囚われるのはやめて、自分が生きたい人生を生きよう。これが本書からのメッセージです。また、本書のなかでも少しだけ触れられていますが、マイクロビジネスの例を紹介した2冊目の本「The $100 Startup」も邦訳が進められているようなのでそちらも楽しみです。

http://amazon.co.jp/o/ASIN/406……/ref=nosim


Related Post » 「週4時間」だけ働く。

August 25, 2012 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Travel | Tags » , , , , | No Response »


 

「週4時間」だけ働く。

「週4時間」だけ働く。

今までに何度か紹介している『「週4時間」だけ働く。』。昨年初めに読んでこんなライフスタイルがあるのかと衝撃を受けました。最近日本でも「ノマドワーカー」が何かと話題ということで改めて紹介しようと思います。著者の『Timothy Ferriss(ティモシー・フェリス)』氏が説くのは、徹底的に無駄を省き、本当に重要な事にフォーカスして、いかに短時間で成果を上げるかという働き方。そして先送り人生プランを捨て、「時間」と「移動」を使い「今」をふんだんに生きるニューリッチになろうというもの。やらないことを明確にして、それらを徹底的にアウトソーシングする。そうして生み出した自由な時間で、好きな時に、行きたいところへ行き、やりたいことをやる。まさにハイパーノマドなライフスタイル。ここに書かれているような働き方を日本企業で実現するのはほぼ不可能だとは思いますが、システマチックな考え方や大胆なアプローチなどは参考にできるところも多く、これこそ究極のライフハック本と言えるんじゃないでしょうか。これを機にこの手のライフハック本を読むのはきっぱりやめてしまうというのもアリだと思います。

http://amazon.co.jp/o/ASIN/490……/ref=nosim


Related Post » 「「週4時間」だけ働く。」の著者、ティモシー・フェリスの仕事術

August 25, 2012 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Travel | Tags » , , , , , | No Response »


 

ハイパーノマド高城剛のカバンの中身

この夏に出る新刊のひとつに、僕が使っていて購入可能な発芽玄米釜と、それを持ち運ぶケースの詳細を書いています。この本は、99%のモノを処分したあとの、残った1%のモノを見せるという書籍で、履いているパンツから耳かきまで、移動生活道具一式をフルカラーで掲載しています。発芽玄米釜だけではなく、変圧器などシステム一式が大事だと思いますので、最新情報にアップデートした詳細をお伝えしますので、いましばらくお待ちくださいませ。

高城センセのメルマガのQ&Aコーナーにこんなことが書いてありました。世界中を手荷物1つで旅をする、ハイパーノマドな高城センセのバッグの中身はやっぱり気になりますよね。「サバイバル時代の海外旅行術」の頃からどうアップデートされているか比べてみるのもおもしろいかもしれません。動画は2011年にテレビ出演した時のもので、バッグの中身はほんの一部しか紹介していませんが、おもしろいモノがいくつか出てきますよ。

http://yakan-hiko.com/BN502


Related Post » 高城剛メールマガジン『高城未来研究所「Future Report」』のPV

June 5, 2012 | Categories » Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , | No Response »


 

必携トラベルグッズ

Karrimor Airport ST40

これからタイに遊びに行ってきます。現在バンコク在住の友人がいるので、市内を色々と案内してもらったり、少し足を伸ばしてサメット島のビーチでのんびりしようと思っています。旅はバッグの限られたスペースに何を詰めるかあれこれ考えるのも楽しみの一つですが、近年はテクノロジーの進化のおかげもあって、荷物はどんどん軽量でコンパクトになっています。より身軽になってもっと移動しやすくなっているということですよね。そこで今回は、ボクが旅先に必ず持って行くトラベルグッズを紹介したいと思います。

Read More »


Related Post » Skins A400シリーズ

March 17, 2012 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

21世紀の新しいシンプルライフ

Apple iBooks

明けましておめでとうございます。2012年もINSTは情報過多時代のシンプルで豊かなライフスタイルをコンセプトに、本当に役立つモノやニュースをエディットして紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

INSTでは今までに多くのモノを紹介してきましたが、決して消費主義を奨励したいとは思っていません。そうではなく、自分にとって本当に必要なモノを見極め、無駄なモノを手放し、選りすぐったモノを愛着を持って大切に使う。テクノロジーを駆使し、モノへの執着を捨て、何にも縛られずに身軽に生きる。大量の情報にアクセスできる環境を楽しみながらも、受け入れることに制限を設けて、本当に大切なことに時間を使う。そしてただ自然回帰したり清貧に生きるのではなく、禅的なシンプルライフにハイテクをプラスしたような新しいライフスタイルを探求していきたいと思っています。ということで2012年最初のエントリーは、そんな21世紀の新しいシンプルライフのヒントになる書籍を紹介します。

Read More »


Related Post » 「週4時間」だけ働く。

January 2, 2012 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

ハイパーメディアクリエイター高城剛とは何者なのか

高城剛

「アイデアと移動距離は比例する」という考え方を提唱し、世界中を移動し続ける生活を送っているハイパーメディアクリエイター高城剛。価値観や考え方が俗人離れしているところがあっておもしろいのでボクは好きなんですが、マスコミの報道のせいもあって世間的には、沢尻エリカの夫でいつも海外にいるけど何やってるのかよくわからない怪しいおっさん、というイメージを持っている人が多いと思います。まぁINSTを読んでくださっているみなさまはそんなことは無いと思いますが。そこで今回はそんな胡散臭いイメージを少しでも払拭したく、近年の高城センセをもっと良く知るための記事などをいくつか紹介したいと思います。ますます怪しいオッサンに見えてしまうかもしれませんね(笑)。

Read More »


Related Post » 『私の名前は高城 剛。住所不定、職業不明。 – 高城剛』Kindle版が450円

August 12, 2011 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

『Canon DR-C125』で電子書籍を自炊する

Canon imageFORMULA DR-C125

いつまで経っても日本ではアメリカのように電子書籍がAmazonで手軽に買えるようになりません。これはもう待っていてもしょうがないってことで、キヤノンのドキュメントスキャナ『DR-C125』を購入し、今さらですがガラパゴスな日本ならではのムーブメントである電子書籍の自炊にチャレンジしてみました。

Read More »


Related Post » Mac用デジタルライブラリ管理アプリ『Delicious Library 2』

August 2, 2011 | Categories » Column, Entertainment, Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , , , , | No Response »


 

高城未来研究所

高城未来研究所

高城未来研究所とは、近未来を読み解く総合研究所です。
近年、経済、自然災害、エネルギー、水と食料と、あらゆる危機が続き、未来を予測するのが困難な時代に私たちは生きています。そこで、想定外の想定をし、あたらしい道を見いだしたい個人と企業のために、あらゆる角度からの未来予測と市場予測、そして現実的な可能性の追求を本研究所で行って参ります。自分自身の目で見てきた世界をふまえ、独自のネットワークを駆使し、今後、日本と世界はどのように変化していくのかを推察し、僕が知る限りのこの時代を生きる術を、一刻も早くご一緒に考えたいと思っております。

高城剛氏の新しいプロジェクト『高城未来研究所』がスタート。合わせて有料メールマガジン「Future Report」の発行、Twitterアカウント(@takashirofuture)も開設しています。ここ最近は、コンテンツを書ける人がブログから有料メルマガにシフトするというのが主流になりつつありますね。

http://www.takashiro.com/future/


Related Post » 高城剛、『高城未来研究所「Future Report」新春特別号』で堀江貴文と津田大介と対談

June 24, 2011 | Categories » Life, Recommend, Technology, Travel | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

無印良品のコラム『ものを持つこと』

MUJI Column

無印良品のFacebook公式ページが公開されました。ここでも紹介されていますが、無印良品のコラムっておもしろいんですよね。中でもボクが好きなのは『ものを持つこと』についてのコラム。ボクはここ数年で着ない服や使わないものはもちろん、音楽や映像などのデジタル化できるものは全てデータにして処分。読み終わった本は気になったポイントだけテキスト化して処分。雑誌はゴミになるので、基本的に仕事での資料以外には買わないようにするなど、持ち物をどんどんシンプルにしています。ということで今回は無印良品の『ものを持つこと』に関連するコラムをいくつかピックアップしてみました。

Read More »


Related Post » 無印良品 ポリプロピレン整理ボックス

October 8, 2010 | Categories » Column, Life, Recommend | Tags » , , , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9

 
Instrumental™ Things 不老超寿 – 高城剛 LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略 DJI Spark

Instrumental™ Things

不老超寿 – 高城剛

LIFE SHIFT
– 100年時代の人生戦略

DJI Spark