ゴミを出さないライフスタイルを実践する美人ブロガー『Lauren Singer』

Lauren Singer

先日発売されたクーリエ・ジャポンでも記事になっていた、2年間ゴミを出さないライフスタイルを実践したニューヨーク在住の美人ブロガー『Lauren Singer(ローレン・シンガー)』。プラスチック製のタグや包装パッケージは拒否して、生ゴミはコンポスト容器で堆肥にし、竹製の歯ブラシを使って、歯磨き粉も手作りする。そんなゼロプラスチック生活を2年間続けた結果、リサイクルできなかったゴミはメイソンジャー1個に収まる程度の量になったそうです。こちらのエントリーに写真がアップされていますがかなりインパクトありますね。その後、サスティナブルでエコロジーな衣類用洗剤ブランド『The Simply Co.』を立ち上げ、「Kickstarter」を通じて資金集めに成功。今年中に重曹、洗濯ソーダ、カスティール石けんという3種類の原料のみで作る洗濯洗剤を発売する予定だそうです。彼女のライフスタイルは簡単にマネできるレベルではありませんが、普段の何気ない行動も地球環境という視点から改めて考え直さなければならないと思いますね。

Link » Trash is for Tossers

Link » The Simply Co.

Link » How To Fit Two Years Of Trash In A Mason Jar | shift | msnbc – YouTube


Related Post » Apple、Mac生誕30周年記念サイト『Thirty Years of Mac』を公開

February 26, 2015 | Categories » Life, Thing | Tags » , , , , , | No Response »


 

『Normcore(ノームコア)』が本当に意味するもの

Normcore

ノームコアは、普通(Normal)であることと、究極(Hardcore)であることを組み合わせてつくれらた造語だ。それは他者との境目を模索するマス・インディの「自己分化(Self-differentiation)」よりも、「自己同一性(Self-identity)」、または、「自分らしさ」の追求を優先するモデルであり、デジタル世代の若者たちの多くが、インターネット、情報、テクノロジーなどを通してたどり着く概念だという。(中略)

変哲のない平凡なスタイルこそが、他人との同一性による接点を生みだし、マス・インディには欠けていた親密な関係が生まれる。デジタル時代におけるアイデンティティクライシスからの解放は、外見の違いを追求するのをやめることで達成されつつある。個性の主張を外側から内側に向けるムーヴメントがノームコアと呼べるのかもしれない。

近年のトレンドである『Normcore(ノームコア)』を、「個性の主張を外側から内側に向けるムーヴメント」と解釈するのにはスゴく同感ですね。今の時代は外見のような表面的な部分ではなく、内面のようなもっと本質的な部分が重要になってきているんだと思います。ボクはファッションに関しては、トレンドなど全く気にせずに好きなモノを何年も身に着けています。選りすぐった必要最低限のモノだけを持ちたいんですよね。

Link » 「ノームコア」が本当に意味するもの « WIRED.jp


Related Post » 物欲なき世界

January 30, 2015 | Categories » Life | Tags » , , | No Response »


 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

以前にも紹介した、モノも情報も溢れる現代で「Less is more(より少ないことは、より豊かなこと)」という生き方を追求する一冊『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』。エッセンシャル思考とは、本当に重要なことを見極め、そこに最大限の時間とエネルギーを注ぐというシステマティックな方法論です。世の中の大半のものはノイズであり、本質的なものはほとんどありません。99%の無駄を捨て、1%の本当に重要なことに集中するためにはどうすればいいのか、具体的な事例を通して分かりやすく解説しています。

本書では、エッセンシャル思考を持つたくさんの有名人が紹介されていますが、中でもTwitterとSquareの創業者であるジャック・ドーシーのエピソードがおもしろかった。ドーシーは、CEOの役割を「最高“編集”責任者」と定義しているそうです。日々やることは山ほどありますが、その中で本当に重要なのは1つか2つで、様々な担当者から持ちかけられるたくさんのアイデアの中から必要な情報を見極めて、要素の交点を見つけ出し、それだけを実行すると決めているそうですよ。重要でないことに時間と労力をかけることほど無駄なことはありません。モノも情報も自分にとって重要なのは何かを見極め、無駄をそぎ落とし、本当に大事なことに集中していきたいですね。

Link » エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

Link » エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする(Kindle版)


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ 2015

January 26, 2015 | Categories » Entertainment, Life, Recommend | Tags » , , , , , , | No Response »


 

21世紀の新しいシンプルライフ 2015

iPhone 6 iBooks

明けましておめでとうございます。2015年もINSTは情報過多時代のシンプルで豊かなライフスタイルをコンセプトに、本当に役立つモノやニュースをエディットして紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

INSTでは今までに多くのモノやニュースを紹介してきましたが、組織から個人へのパワーシフトが起こっている今の時代は、テクノロジーや知識を使いこなせるかどうかで個人が持てるアイデアや可能性が違ってきます。そのためのモノも情報も自分にとって重要なのは何かを見極め、無駄をそぎ落とし、本当に大事なことに集中する。そしてただ自然回帰したり清貧に生きるのではなく、禅的なシンプルライフにハイテクをプラスしたような新しいライフスタイルを探求していきたいと思います。ということで2015年最初のエントリーは、そんな21世紀の新しいシンプルライフのヒントになる書籍を紹介します。2012年のエントリーも合わせてどうぞ。

Read More »


Related Post » ヒップな生活革命

January 5, 2015 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

ウェブからいつでも中身の確認や取り出しができる収納サービス『MONOLESS』

MONOLESS

ウェブからいつでも中身の確認や取り出しができる収納サービス『MONOLESS(モノレス)』。最大20Kgまでのモノを入れた段ボール一箱を月額333円で預けることができ、預けた荷物はウェブやスマートフォンからいつでも確認して取り出すことができます。季節物の衣類はもちろん、どうしても物理的に持っておきたいモノや、捨てることはできないけど常に身近に置いておく必要の無いモノの保管に便利ですね。以前に紹介した「minikura(ミニクラ)」も同様のサービスですが、まさにトランクルームがクラウド化したようなサービスです。こういうインターネットを使ってリアルワールドで人やモノを動かすようなサービスはおもしろいですね。とは言えまずは無駄なモノを手放すことが先決だと思いますけどね。

Link » 333円で始められる新しい収納サービス!|MONOLESS(モノレス)


Related Post » ウェブからいつでもモノを出し入れできるトランクルーム『minikura』

December 30, 2014 | Categories » Life, Technology, Thing | Tags » , , , , | No Response »


 

ベストガジェット 2014

iRobot Roomba 871

2014年も残り僅かになって来ました。今年もいくつかの素晴らしいガジェットとたくさんのガラクタが発表されましたが、その中から日々の生活を便利で豊かにしてくれたものをセレクトしてみました。ということで今年も恒例のINST的ベストガジェットを発表したいと思います。

Read More »


Related Post » ベストガジェット 2013

December 27, 2014 | Categories » Column, Life, Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , , , | No Response »


 

ロボット掃除機『iRobot Roomba 871』

iRobot Roomba 871

ロボット掃除機ルンバを導入してから1ヶ月が経ちましたが、日常的な掃除から解放されてかなり快適です。自動で掃除するスケジュールを曜日ごとに設定しているので、仕事から帰ってくると床がキレイになっているのは本当に気持ちがいいです。所有している写真や音楽、映像はもちろん、書籍もデザイン関連や写真集などを除いて全てデジタル化してあり、自宅にはベッドや洗濯乾燥機などの快適に生活するために最低限必要な家具と家電しか置いていませんが、普通に生活していればどうしてもホコリは日々溜まりますからね。もちろんルンバが入っていけない隙間などは自分で掃除する必要はありますが、掃除に浪費されていた時間と労力がこの値段で買えるならもっと早く導入すればよかったと後悔しています。かわいいし本当にスゴく捗るのでオススメです。

Link » iRobot Roomba 871


Related Post » ベストガジェット 2014

November 4, 2014 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

必携トラベルグッズ 2014 – サーフトリップ篇

Destination Ex Air Travel

大きなトラブルやケガをすることもなくインドネシアのバリ島から帰国しました。バリ島でサーフィンをするのは今回が初めてだったんですが、やはり日本の波とのサイズとパワーの違いに圧倒されました。数年振りにサーフィンを再開したばかりだったのでかなりハードでしたが、本島や離島の様々なポイントを回ることができて楽しめました。次に行く時にはもっと乗れるようになりたいですね。

今までに何度かボクが旅先に必ず持って行くトラベルグッズを紹介していますが、今回はアップデートしたモノに加えて、バリ島では欠かせないモノなどをいくつかまとめてみました。先日ポストした毎日必ず持ち歩いているモノと合わせてチェックしてみてください。

Read More »


Related Post » iPad mini用薄型キーボードケース『Logicool Ultrathin Keyboard Folio for iPad mini』

September 27, 2014 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

映画『365日のシンプルライフ』

Tavarataivas

ヘルシンキ在住、26歳のペトリは、彼女と別れたことをきっかけに、モノで溢れ返った自分の部屋にウンザリする。
ここには自分の幸せがないと感じたペトリは、自分の持ちモノ全てをリセットする“実験”を決意する。
ルールは4つ。

THE RULES
Rule 1.自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける
Rule 2.1日に1個だけ倉庫から持って来る
Rule 3.1年間、続ける
Rule 4.1年間、何も買わない

モノとの付き合い方というのは、モノは大好きだけど必要なモノしか持ちたくないボクにとって永遠のテーマの一つなので気になる映画ですね。iTunesでも配信されているようなので早速観てみたいと思います。ちなみに以前にボクも一度持ち物を全て段ボールに詰め込み、使うモノだけをその都度取り出していく実験をしたことがありますが、本当に必要なモノだけを見極めることができるのでオススメです。これならわざわざ倉庫を借りなくても手軽にできるので、モノで溢れ返った自分の部屋にウンザリしている人は是非一度試してみてください。

Link » 映画『365日のシンプルライフ』オフィシャル・サイト

Link » 365日のシンプルライフ(iTunes)


Related Post » 2人のミニマリストによるTEDスピーチ『少ないもので豊かに生活する』

August 22, 2014 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , | No Response »


 

サーフィンを楽しみながらバンで暮らして「Van Life」と「The Burning House」を運営する『Foster Huntington』のライフスタイル

以前に紹介した、バンに乗る人々のライフスタイルを写真で紹介していくシンプルなサイト「Van Life」と、「もし自宅が火事になったら何を持って逃げる?」というコンセプトで様々な人がセレクトした所有物を写真で紹介していくシンプルなサイト「The Burning House」を運営する『Foster Huntington(フォスター・ハンティントン)』氏。以前はニューヨークでラルフローレンのコンセプトデザイナーとして働いたり、出版社ハーパーコリンズで働いていたそうですが、仕事に時間を追われる多忙な日々に嫌気が差して、いらないモノや家を手放しフォルクスワーゲンのバンに乗って旅に出たそうです。様々な海でサーフィンを楽しみながらバンで暮らすライフスタイルは本当に憧れますね。たくさんのモノを持つことや経済的な豊かさと、人生を楽しむことは別なんだと改めて気づかされます。

Link » Van Life

Link » The Burning House

Link » A Restless Transplant


Related Post » バンに乗る人々のライフスタイルを紹介する『Van Life』

August 16, 2014 | Categories » Life, Travel | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 9 Next »

 
Instrumental™ Things 不老超寿 – 高城剛 LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略 DJI Spark

Instrumental™ Things

不老超寿 – 高城剛

LIFE SHIFT
– 100年時代の人生戦略

DJI Spark