COURRiER Japon 2015年9月号 – あなたの人生をシンプルに変える「50のヒント」

COURRiER Japon 2015年9月号 - あなたの人生をシンプルに変える「50のヒント」

クーリエ・ジャポン最新号の特集は『あなたの人生をシンプルに変える「50のヒント」』ということで、シンプルライフの達人たちの生き方や、ムダを省いて仕事をシンプル化するためのテクニックなど、人生をシンプルに変えるヒントが紹介されています。中でもおもしろかったのは、今までに何度か紹介している『Foster Huntington(フォスター・ハンティントン)』氏のインタビューで、表紙にもなっているツリーハウスを建てるまでの経緯などを語っていますよ。

Link » COURRiER Japon 2015年9月号 – あなたの人生をシンプルに変える「50のヒント」


Related Post » COURRiER Japon 2015年4月号 – 「世界を変えた人」が30歳までにしたこと。

July 27, 2015 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

Casa BRUTUS Vol.184 – 収納上手

Casa BRUTUS Vol.184 – 収納上手

『Casa BRUTUS』最新号の特集は『収納上手』ということで、デザイナー、アーティスト、家具屋、料理家、器作家、ショップディレクターなどが実践する収納術が紹介されています。シューズクローゼット、食器棚、本棚など、大量なモノを整然と収めたインテリアが紹介されているんですが、その中でデザインオフィス「nendo」の佐藤オオキ氏を紹介した「モノをためない生活空間。」が対照的でおもしろかったです。氏が暮らすメゾネット式のマンションには業務用ハンガーラック、バンカーズボックス、平積みされた本、最低限の生活用品のみというミニマルな空間。さらに服は2本のハンガーラックに掛けられるだけしか持たないのをルールにしているそうで、読んだ本もすぐに捨て、ほとんど毎日外食のため食器も最低限のものしか揃えていないそうですよ。

ボクも部屋には必要最低限のモノしか置いていないので、収納家具はコンパクトな「USM Haller」と「バンカーズボックス」数個のみで、これに収まり切らなければ手放すというマイルールを課しています。世の中には収納術と呼ばれる情報は山のようにありますが、結局はテクニックよりもモノとどう向き合うのかが重要なんだと思いますね。

Link » Casa BRUTUS Vol.184 – 収納上手

Link » Casa BRUTUS Vol.184 – 収納上手(Kindle版)


Related Post » Casa BRUTUS Vol.178 – ニッポンが誇る名作モダニズム建築 全リスト

June 15, 2015 | Categories » Entertainment, Life, Thing | Tags » , , , , , | No Response »


 

「幸せをお金で買う」5つの授業 – HAPPY MONEY

「幸せをお金で買う」5つの授業 - HAPPY MONEY

先日開催された高城センセのトークライブでも紹介されていた一冊『「幸せをお金で買う」5つの授業 – HAPPY MONEY』。読んだのは昨年初めですがこの機に紹介したいと思います。収入と幸福感は比例しない、幸せはお金で買えないと昔から言われていますが、では今までとは違ったお金の使い方をすればどうなるのか。ハーバード大学の『Michael Norton(マイケル・ノートン)』博士と、ブリティッシュコロンビア大学の『Elizabeth Dunn(エリザベス・ダン)』博士が、幸福感を得られる5つのお金の使い方を身近な事例を通してわかりやすく解説しています。

その中の1つが「経験を買う」というもので、洋服や電子機器、家などの物質的なモノを買うよりも、旅行やライブ、食事などの経験にお金を使った方が幸福になり、さらにそれらは計画を立てて楽しい想像するだけでも幸福感を得られるそうです。確かに形あるモノはいつか壊れるし、手に入れても満足感は薄れてすぐにまた違うモノが欲しくなってしまいますが、経験は思い出としてずっと残るし、自分自身の知識やアイデンティティになっていきますからね。ボクも数年前からモノを所有することよりも、情報や知識、体験や経験などへと消費がすっかりシフトしました。もちろん新しいモノも買っていますが、必要以上にモノを所有しないようにコンパクトで身軽な生活を心がけています。たくさんのモノを所有することや経済的な豊かさが、幸福感に直結しないことは今の日本を見ても明らかです。人生を豊かに楽しく生きるために、ボクらはもっと経験にお金を使うべきなんだと思いますね。

Link » 「幸せをお金で買う」5つの授業 – HAPPY MONEY

Link » 「幸せをお金で買う」5つの授業 – HAPPY MONEY(Kindle版)


Related Post » グラハム・ヒル氏によるTEDスピーチ『ものは少なく、幸せは多めに』

June 3, 2015 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Travel | Tags » , , , , , | No Response »


 

都会のホームレスやノマドワーカーのための持ち運べるインスタントハウス

Winfried Baumann - Urban Nomads Instant Housing H-3 Office

ドイツ人アーティスト『Winfried Baumann(ヴィンフリート・バウマン)』による、都会のホームレスやノマドワーカーのための持ち運べるインスタントハウス。アート作品だそうですが、実際に使用することができて注文も可能とのこと。これはおもしろい。ちょっと使ってみたいですね。

Link » winfried baumann – urban nomads
(via BIG ISSUE ONLINE


Related Post » 様々な部屋に変化するコンパクトで機能的なアパートメント『LifeEdited』

May 14, 2015 | Categories » Art - Design, Life, Thing | Tags » , , , , , | No Response »


 

必携トラベルグッズ 2015 – 南の島篇

Arc'teryx Arro 22

先週末からタイ最南端にあるリペ島に遊びに来ています。少し前まではタイ最後の秘境と言われていましたが、今は豪華なリゾートホテルもできてそれなりに開発が進んでいます。それでも海は東南アジアの他の島と比べて抜群に美しく、キレイなビーチで読書したり、ドローンを飛ばして遊んだり、アイランドホッピングをしてシュノーケリングをしたりと、南の島での生活を満喫しています。旅の様子はTwitterInstagramの方で発信していますのでフォローはお気軽に。

今までに何度かボクが旅先に必ず持って行くトラベルグッズを紹介していますが、今回はアップデートしたモノに加えて、南の島では欠かせないモノなどをいくつかまとめてみました。先日ポストした毎日必ず持ち歩いているモノと合わせてチェックしてみてください。

Read More »


Related Post » 必携トラベルグッズ 2015 – デジタルガジェット篇

April 27, 2015 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

高城未来研究所「Future Report」特別号 高城剛超ロングインタビュー・A面

高城剛

高城剛メールマガジン『高城未来研究所「Future Report」』の特別号として、『高城剛超ロングインタビュー・A面』が配信されています。世界の様々なニュースや政治経済、最先端のガジェットやテクノロジー、映像や音楽、健康関連、旅行関連など、多岐にわたるテーマを独自の視点で答えていて読み応えありました。氏はこのインタビューの2週間前は、電気もネット環境も無くお湯も出ないカンボジアの無人島にいたようで、週に一回メルマガの発行の当日の朝にネット接続と買い出しを兼ねて船で港まで行き、書いたらまた無人島に帰るという生活をしていたそうです。「圏外」と「圏内」を高速往復生活するまさに現代の隠遁者ですね(笑)。

Link » 高城未来研究所「Future Report」【号外】2015年 vol.1 – 夜間飛行


Related Post » 高城未来研究所「Future Report」特別号 高城剛超ロングインタビュー・B面

April 20, 2015 | Categories » Entertainment, Life, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , | No Response »


 

愛用ハイテク家電

iRobot Roomba 871

所有している写真や音楽、映像はもちろん、書籍もデザイン関連や写真集などを除いて全てデジタル化してあり、自宅にはベッドや洗濯乾燥機などの快適に生活するために最低限必要な家具と家電しか置いていません。服やガジェットも選りすぐった必要最低限のモノだけを持つようにしています。もちろん新しいモノも買っていますが、代わりに古くなったモノを手放して持ち物が増えないようにして、コンパクトで身軽な生活を心がけています。当たり前ですがモノが無ければ収納スペースは必要無いし、掃除や管理するのも簡単なので時間もお金もかかりません。さらに様々なハイテク家電やサービスを使うことで、家事に浪費される時間と労力をそぎ落としています。自分にとって重要でないことに時間と労力をかけることほど無駄なことはありませんからね。ということで今回は、ボクの毎日の生活に欠かせないハイテク家電を紹介します。

Read More »


Related Post » ロボット掃除機『iRobot Roomba 871』

March 23, 2015 | Categories » Column, Entertainment, Life, Technology | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

バンで生活するミニマリストなメジャーリーガー『Daniel Norris』

メジャーリーグ球団ブルージェイズに所属する21歳のピッチャー『Daniel Norris(ダニエル・ノリス)』。彼は家を持たずにソーラーパネルとベッドを設置したフォルクスワーゲンのバンで暮らし、通常のトレーニング以外に趣味であるサーフィンやロッククライミングで身体を鍛えているそうです。サーフィンを楽しむためにビーチで寝泊まりをしていたら警官に注意されたため、現在は24時間営業のウォルマートの駐車場に拠点を移して暮らしているそうです。こんなライフスタイルを送るミニマリストなメジャーリーガーがいるなんて本当に驚きですね。たくさんのモノを持つことや経済的な豊かさと、人生を楽しむことは別なんだと改めて気づかされます。

Link » Top Blue Jays prospect Daniel Norris lives by his own code


Related Post » サーフィンを楽しみながらバンで暮らして「Van Life」と「The Burning House」を運営する『Foster Huntington』のライフスタイル

March 17, 2015 | Categories » Life, Travel | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2015

My EDC 2015

会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらです。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなりますからね。一昨年昨年にボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介しましたが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにしていくことはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2016

March 16, 2015 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

2人のミニマリストによるTEDスピーチ『少ないもので豊かに生活する』

The Minimalists - A Rich Life With Less Stuff - Tedx Whitefish

以前に紹介したクーリエ・ジャポンでも記事になっていましたが、ウェブサイト「The Minimalists」を運営する2人のミニマリスト、ジョシュア・フィールズ・ミルブラム氏とライアン・ニコデマス氏によるTEDスピーチが紹介されています。過剰にモノを所有した反動でミニマリストになったというのは、ボク自身がそうだったのでスゴくよくわかります。今の時代はモノよりも経験、量よりも質、外見よりも内面といったように、もっと本質的な部分が重要になってきているんだと思いますね。ちなみに以前にボクも一度持ち物を全て段ボールに詰め込み、使うモノだけをその都度取り出していく実験をしたことがありますが、本当に必要なモノだけを見極めることができるのでオススメです。

20代で年収1,000万円を越え、高級車を乗り回し、ブランド品を収集し続けたライアン・ニコデマス氏。幸せになれると信じての消費行動でしたが、次第にそれは間違いだったと悟り始めます。そんななか親友のジョシュア・フィールズ・ミルブラム氏から教わったのが「ミニマリズム(最小限主義)」という考え方。彼らが見つけたシンプルな生き方とは?

Link » 人生に疲れた1000万円プレイヤーがたどりついた「ミニマリズム」(最小限主義)という価値 | ログミー[o_O]


Related Post » グラハム・ヒル氏が語る『少ないモノで生活するということ』

March 2, 2015 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 9 Next »

 
Instrumental™ Things 不老超寿 – 高城剛 LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略 DJI Spark

Instrumental™ Things

不老超寿 – 高城剛

LIFE SHIFT
– 100年時代の人生戦略

DJI Spark