iPhoneユーザーが手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』を快適に使う方法

iPhoneユーザーが手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』を快適に使う方法

連休中は手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』を毎日持ち歩いて過ごしていました。本当に超軽量コンパクトで質感もなかなか良い感じなんですが、今まで使っていたiPhone XS Maxと比べてとにかく画面が小さいので、ちょっとしたことにしか使わなくなってスマートフォンを使う時間が激減しました(笑)。

さらに『Palm Phone』には画面がオフの時に電話やメッセージ、アプリ通知などを個別に非表示設定できる「ライフモード」という機能が搭載されています。プッシュ通知をオフにするだけで画面の向こう側で起きていることよりも、もっと今目の前に起きていることに集中し、人とのリアルなコミュニケーションを大切にすることができます。『Palm Phone』を使うことでそもそも最新のデジタルガジェットは本当に生活を豊かにしているのか、今一度考えてみるきっかけになると思いますね。

とは言え『Palm Phone』はワイヤレス充電機能やテザリング機能は搭載されていないし、Suicaや電子決済も利用できません。今はAndroidもアプリを使えばMacやiOSデバイスとシームレスに連携できるようになってきましたが、やっぱりiPhoneを使い慣れていると不便なところはいくつかあります。

ということで今回は、長年のiPhoneユーザーであるボクが『Palm Phone』を快適に使うために愛用しているアプリを紹介したいと思います。

Read More »


Related Post » 手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』

May 8, 2019 | Categories » Column, Recommend, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

時間を生み出す方法

時間を生み出す方法

1日はどんな人にも平等に24時間で、いくらお金を持っていても時間を買うことはできません。日々の仕事や家事でやることが山ほどあって、趣味や運動、将来に向けた学習など、自分がやりたいことになかなか手がつけられないというのは、現代社会を生きる多くの人たちにとっての悩みだと思います。たくさんのやるべきことの中から本当に重要なことを見極めて、それだけに時間とエネルギーを注ぐことも大事ですが、まずはやらないことを明確にして徹底的に無駄な時間を捨てていくことの方がはるかに大事です。

前回はボクが時間を生み出すために情報摂取を制限する「情報ダイエット」を紹介しましたが、今回は日々の生活の中で実践していることや心がけていることを紹介したいと思います。

Read More »


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ 2014 – 朝型ライフスタイル篇

January 28, 2019 | Categories » Column, Life, Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

情報ダイエット

情報ダイエット

ボクは何年も前から『情報ダイエット』を実践していて、新聞は読まないし、テレビも見ないし、インターネットを使った情報収集も今では1日20分以下だし、FaceBookもやっていません。さらに旅先や自然の中に身を置いている時は、日々摂取している情報をシャットアウトしています。

そうやってどんどん『情報ダイエット』をしていくと、世の中がいかに自分にとって関係の無いムダな情報で溢れかえっているのかを実感できます。今の情報過多時代はどんなに効率的なツールを使ったところで、身の回りに溢れる膨大な情報を全て摂取して生活していたら、時間がいくらあっても足りません。メディアからの不必要な情報を捨てれば、たくさんの自由な時間が生まれるので、趣味や運動、読書や物事についてじっくり考えたり、会社の仕事以外の個人的な活動だったり、人とのリアルなコミュニケーションのために使うことができます。

さらに人は摂取する情報量が増えれば増えるほど関心を消費してしまい、思考しなくなってしまうそうです。だからボクらは意識的に入ってくる情報量を制限し、常に自分の頭を使って考えなければなりません。テレビやネットのどうでもいいジャンクコンテンツばっかり摂取して、メディアで見たり、人から聞いただけの情報を手に入れただけで、実際に体験したこともないのにわかった気になって満足するような「情報デブ」にならないためにも『情報ダイエット』は欠かせません。

ということで今回は、ボクが日々実践している『情報ダイエット』についてまとめました。

Read More »


Related Post » 情報ダイエット – ソーシャルメディアを制限する

January 7, 2019 | Categories » Column, Life, Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』の2018年版をアップデートしました

Instrumental™ Things 2018 Edition

ボクの所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』の2018年版をアップデートしました。11月にリリースした後に購入した最新ガジェットなどを反映した内容になっています。すでに購入されている方は再度ダウンロードをお願いします。まだ購入されていない方も、これを機に是非読んでみてください。


Link » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』の2018年版を作りました|Masaya™|note


Related Post » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』をアップデートしました

December 31, 2018 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』の2018年版を作りました

Instrumental™ Things 2018 Edition

昨年ボクの所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』をリリースし、多くの方々に読んでいただけて本当にうれしく思います。そして約1年が経ち、自分の所有するモノが日々少しづつアップデートされていく中で、情報化社会の今の時代は電子書籍もOSやアプリケーションのようにアップデートされるべきではないかと考え、今一度自分の所有物リストを更新することにしました。

ここに掲載しているモノは、スーツケース2個分の所有物で生活しながら、東京で働くいちクリエイターのリアルな生活必需品であり、選りすぐりの愛用品一覧です。まだ購入されていない方も、これを機に是非読んでみてください。


Link » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』の2018年版を作りました|Masaya™|note


Related Post » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を作りました

November 5, 2018 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

稼いだ金は寄付するミニマリストな寺田倉庫社長『中野善壽』

Yoshikazu Nakano

トランクルームに預けた荷物をネット上で管理できるサービス『minikura(ミニクラ)』でお馴染みの『寺田倉庫』ですが、社長の中野善壽氏が筋金入りミニマリストで本当に驚きです。ボクもこんな風に何にも縛られずに身軽に生きれるようになりたいですね。

モノを持たないことがカッコいいとは思いませんが、必要以上にモノを所有したり執着することはやはり20世紀的価値観だと思いますね。

「中野さんは、『ミニマリスト』として有名なんですよ」と語るのは、ある寺田倉庫の関係者だ。
「社長に就任してまず手を付けたのは、大規模なリストラでした。メイン事業のほとんどから撤退し、700億円あった売上高を100億円まで激減させた。
1000人いた社員を、100人に削減。中野さんの就任当時にいた社員は、いま10名も残っていないのです」(中略)

「売り上げは100億円くらいがちょうどいい。これ以上、大きい会社なら、面白いことなんてできないぞ」
中野氏は就任直後、社員たちにこう話したという。その後、法人相手だったビジネスを、富裕層、そして一般消費者にも広げていった。(中略)

中野氏は、私生活でもミニマリズムを通している。家も車も腕時計も持たない。ワインを手がけるのに、酒も飲まない。もちろんタバコも吸わない。
蓄財にも興味がなく、稼いだカネは必要最低限を残して、ほとんどを寄付してしまうというのだ。(中略)

中野氏は、寺田倉庫の社長になってからも週末は台湾に戻る生活だ。寝泊まりするのは自宅ではなく、主に台北のホテル「グランドハイアット」だ。「仕事に専念するため、ハウスクリーニングは任せたいから」だという。



Link » 稼いだカネは全部寄付、家も車も持たない…寺田倉庫社長の変な人生(週刊現代) | マネー現代 | 講談社(1/3)


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ

October 10, 2018 | Categories » Life | Tags » , , | No Response »


 

Thermos 真空断熱フードコンテナー

Thermos 真空断熱フードコンテナー 0.5L ブラック

これまで自宅で玄米を食べる時は、数時間水に浸けてから炊飯器「Tiger tacook」で炊いていましたが、最近はサーモスの『真空断熱フードコンテナー』を使って発芽させてから炊いています。

やり方はとても簡単で、フードコンテナーに洗米した玄米を入れ、40度位のお湯を注いでフタをして一晩浸けておけば、朝起きた頃にはバッチリ発芽玄米になっています。発芽玄米は完全食と呼ばれるほど非常に栄養価が高く、発芽によってやわらかくなり美味しくなるのでオススメです。

現在食事は基本的に毎日朝は玄米と味噌汁、昼は玄米とちょっとした惣菜、夜はその日の予定次第で特に決めないという玄米生活を送っています。毎日玄米ばかりで飽きないのかと思われそうですが全く飽きません。それどころかむしろ体調は良いし、料理の手間も時間もかからず必要なモノも少なくて済むなどメリットしかありませんね。

「あなたは、あなたの食べたものでできている」ということわざがありますが、人生を豊かに楽しく生きるために、健康的な食生活を送りたいですね。


Link » Thermos 真空断熱フードコンテナー 0.5L ブラック


Related Post » 久司道夫のわかめふりかけ

August 8, 2018 | Categories » Life, Recommend, Thing | Tags » , , , , | No Response »


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

My EDC 2018

ボクは日常的に手ぶらで生活していて、会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらです。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。会社から帰る時にも周りにバレずにフラッと帰ることができるし、思いつくままに街をブラブラすることもできます。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2017

July 2, 2018 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

TwitterとSquareの創業者ジャック・ドーシーは仕事を携帯電話だけで済ませる

Jack Dorsey

「実は、ノートPCは持っていないんだ」(中略)
「何でも携帯電話で済ませているんだ」「通知をすべてオフにすれば、その時々でアプリケーション1つに集中できる。これは私にとって大切なことだ。ノートPCを使うといろいろな仕事が私のところに降ってくるが、私は(携帯電話で)アプリを1つだけ立ち上げて目の前のことに集中するようにしている」と続けた。

ちなみに、文字を入力するときは指でなく、音声入力を使うことが多いそうだ。

シンプルな哲学を持つジャック・ドーシーらしい仕事術ですね。とは言え携帯電話だけで仕事ができるなんてマネージメントする立場の人や、人が作ったものを確認して判断する立場の人だけだと思いますね。


Link » 「何でも携帯電話で」–Twitter CEOが垣間見せた仕事術 – CNET Japan


Related Post » Google、モジュール式スマートフォン『Ara』を年内発売

May 28, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

ホテルの空室に住める賃貸サービス『Anyplace』

Anyplace

ホテルの空室に住める賃貸サービス『Anyplace』。通常の3分の1の宿泊料金で1ヵ月単位で契約でき、生活に必要な家具、アメニティー、ルームクリーニング、インターネットなど、設備一式が揃っているのはもちろん、ホテルによっては朝食まで付いています。

ホテル暮らしは一般人にとってはコストが割高で現実的ではありませんでしたが、これならリーズナブルなので、ボクのように所有物がスーツケースに収まる人には理想的なんじゃないでしょうか。残念ながら現在はサンフランシスコとロサンゼルスでのみ展開していますが、東京の都心でもこういうサービスが始まってくれたらすぐにでも引越したいですね。


Link » Anyplace: Live in a Hotel
(via 日本経済新聞


Related Post » 生活に必要な設備一式が揃ったアパートメント『WeLive』

May 25, 2018 | Categories » Life | Tags » , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 11 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air