Leica、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトカメラの新型『Leica Q2』を発表

Leica Q2

ライカが、35mmフルサイズセンサーを搭載したコンパクトカメラの新型『Leica Q2』を発表。

有効画素数4,730万画素のCMOSセンサーに、単焦点レンズ「ズミルックス F1.7/28mm ASPH.」を搭載したレンズ一体型カメラで、外観や単焦点レンズは前モデルを継承しつつ、新たに防塵防滴性能を備え、4K動画撮影やBluetooth常時接続に対応。また、電子ビューファインダーは有機ELになり、クロップにより望遠効果を得る機能では、従来の35mmと50mm相当に加えて75mmの画角が選べるようになりました。

価格は65万円と少し高くなってますが、センサーが大幅に高画素化されたことや、防塵防滴仕様になったことなどを考えれば納得ですかね。


Link » ライカQ2 // ライカQ // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトカメラ『Leica Q』を発表

March 8, 2019 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Pen 2019年3月1日号 – ライカで撮る理由。

Pen 2019年3月1日号 - ライカで撮る理由。

雑誌『Pen』最新号の特集は『ライカで撮る理由。』ということで、様々なフォトグラファーやクリエイターが、ライカで自ら撮影した写真と愛機を手にした理由を紹介しています。どれも魅力的な写真とエピソードで、読んでいるとスゴく写真を撮りたくなってウズウズしてきますね。

ボクはカメラ好きだった父親の影響で子どもの頃から写真を撮ることが好きで、ライカのレンジファインダーカメラで使うようになって本格的に写真にハマりました。それ以来色々なカメラやレンズを使ってきましたが、近年は熟練した職人たちによって手作りされたライカレンズと、ソニーの最先端デジタルボディという組み合わせが気に入っています。

ライカレンズの魅力は、堅牢な金属製ボディによる工業製品としての素晴らしさや、ミリ当たりの解像力といった性能だけで語れない独特の描写力など様々な理由があると思いますが、ボクはもう単純に好きなだけとしか言えませんね。これからもライカレンズでグッとくる瞬間やゴキゲンな日常を切り取っていきたいと思います。


Link » Pen 2019年3月1日号 – ライカで撮る理由。

Link » Pen 2019年3月1日号 – ライカで撮る理由。(Kindle版)


Related Post » 最もコンパクトなライカMレンズ『Elmarit-M F2.8/28mm ASPH.』が新しくなった

February 15, 2019 | Categories » Entertainment | Tags » , , , | No Response »


 

Leica、液晶ディスプレイ非搭載のM型カメラの新モデル『Leica M10-D』を発表

Leica M10-D

ライカが、ボディ背面に液晶ディスプレイを搭載しないM型カメラの新モデル『Leica M10-D』を発表。基本仕様は「M10」を継承していますが、背面には電源とISO感度の設定ダイヤルがあるだけで、さらにフィルム巻き上げレバーのような収納式サムレストを搭載していて、まるでフィルムカメラのような外観になっています。

Wi-Fi内蔵でスマートフォンアプリを使った各種設定、撮影画像の確認や画像転送が可能です。また、別売のGPS内蔵外付けEVFをホットシューに装着することで、ライブビュー撮影や撮影画像の確認が可能になります。

ライカには最先端デジタルボディを期待していないので、こういうフィルムカメラのシンプルさとデジタルカメラの便利さが上手く融合したカメラはおもしろいですね。


Link » Leica M10 // Leica M-System // Photography – Leica Camera AG


Related Post » Leica、アルミユニボディのAPS-Cセンサー搭載レンズ交換式カメラの新型『Leica TL』を発表

October 24, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Leica、プロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表

Leica M10-P

ライカがM型カメラ「M10」のプロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表。デザインや基本性能は前モデルから変わっていませんが、フロントの赤いライカロゴが無くなり、新たに静音シャッターとタッチパネルディスプレイを搭載。

ボディカラーはブラッククロームとシルバークロームの2色で、発売日や価格などは現時点では不明。シンプルに写真撮影を楽しみたい人にはいいかもしれませんね。


Link » Leica M10-P // ライカMシステム // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、M型カメラの新モデル『M10』を発表

August 22, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

高城剛氏によるカメラレンタルサービス『NEXTRAVELER FILMS』がスタート

NEXTRAVELER FILMS

高城剛氏によるカメラレンタルサービス『NEXTRAVELER FILMS』がスタート。「RED」の業務用デジタルビデオカメラや、ライカのヴィンテージレンズがレンタルできるそうです。これはおもしろいですね。是非利用してみたいです。

「NEXTRAVELER FILMS」では、多くの方々からご要望いただきました、
貴重な「ヴィンテージレンズ」と「8K」まで収録可能な世界最高峰デジタルカメラ
「RED」シリーズのレンタルをはじめます。

第一弾は、一眼レフに装着可能なヴィンテージレンズの最高峰
「ライカ Rレンズ プライムコレクション(デッドストック)」です。

シャープで味があるライカ Rレンズのなかでも、極めて光学性能が高いプライムレンズを揃えました。キャノンの一眼レフカメラ、ソニーやパナソニックなどのミラーレスにも装着可能なアダプターを用意し、動画にも静止画にも、また、マルチカメラ撮影にも対応できるセットです。



Link » NEXTRAVELER FILMS


Related Post » NEXTRAVELER Sri Lanka – 高城剛

July 20, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Leica、腕時計『L1』『L2』を発表

Leica L1 / L2

ライカが初の高級腕時計『L1』と『L2』を発表して腕時計市場に参入しました。『L1』はデイト表示、『L2』 はGMT機能を搭載し、両モデルとも41mmのステンレススチールケースで手巻きムーブメントを採用。50m防水に対応し、パワーリザーブは約60時間。価格は未定で、2018年秋発売予定。

ミニマルかつスタイリッシュな外観で、針や文字盤などの随所にライカを感じさせるデザインになっていますね。ライカは以前に「Valbray」とコラボした生誕100周年記念モデルを限定販売しましたが、今回のモデルは継続して販売していくようです。


Link » ライカの時計「ライカ ウォッチ」”カメラ”を想起させるドーム型ガラス&スケルトン裏蓋 – ファッションプレス


Related Post » Leica、モノクロ専用Mシリーズの限定モデル『Leica M Monochrom Stealth Edition』を発売

June 27, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Leica、モノクロ専用Mシリーズの限定モデル『Leica M Monochrom Stealth Edition』を発売

Leica M Monochrom Stealth Edition

ライカが、35mmフルサイズセンサーを搭載したモノクロ専用デジタルカメラ『Leica M Monochrom』の限定モデル『Stealth Edition』を発売。『Leica M Monochrom』をベースに、外観デザインをファッションブランド「rag & bone」の創設者兼オーナーである「Marcus Wainwright(マーカス・ウェインライト)」氏が手がけた特別モデルで、ボディとレンズはフルブラックで仕上げられていて、一部の刻印部分が蓄光塗料によって暗所で発光します。

税込価格200万円で、世界限定125セット。ミリタリー色の強いステルスなデザインがカッコいいですね。


Link » Stealth // ライカMシステム 特別限定モデル // ライカMシステム // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、モノクロ専用Mシリーズ『Leica M Monochrom』を発売

March 14, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプターの廉価版『SHOTEN LM-SE M(L)』

SHOTEN LM-SE M(L)

『焦点工房』から、ソニーのEマウントカメラにライカMレンズを装着可能にし、ヘリコイド操作によってレンズの最短焦点距離を大幅に縮めることができるマウントアダプターの廉価版『SHOTEN LM-SE M(L)』が登場。これまでのライカMレンズではありえなかった「寄り」での撮影が可能になるアダプターで、既存モデル「LM-SE M」の繰り出し量の6mmを5mmに短縮して軽量化しています。

現在カメラは「Sony α7 II」に、ライカMレンズでオートフォーカスを可能にするマウントアダプター「Techart LM-EA7」を装着して愛用していますが、このアダプターは軽量コンパクトで価格もリーズナブルなのがいいですね。


Link » SHOTEN LM-SE M(L)


Related Post » ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプター『SHOTEN L.M. – S.E. MACRO』

January 26, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Leica、EVF内蔵のAPS-Cセンサー搭載レンズ交換式カメラ『Leica CL』を発表

Leica CL

ライカが、EVF内蔵のレンズ交換式カメラ『Leica CL』を発表。有効約2,424万画素APS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、4K/30fpsの動画撮影が可能。ライカTLシステムを採用し、電子ビューファインダー、タッチパネル式モニター、カメラ上面には操作に応じて撮影モード、絞り、シャッター速度、ISO感度などを表示するモノクロ液晶パネルも搭載。さらに顔認識AFや、タッチパネル式モニターによるタッチAFも利用可能と、非常にハイスペックなコンパクトカメラに仕上がっています。

アナログ版の「Leica CL」は、昔フィルムカメラに凝っていた時に愛用していましたが、同じ名前にするならライカMレンズが使えるコンパクトなライカというコンセプトも継承して欲しかったですね。


Link » ライカCL // Leica APS-C System // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、アルミユニボディのAPS-Cセンサー搭載レンズ交換式カメラの新型『Leica TL2』を発表

November 22, 2017 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Leica Thambar M F2.2/90mm

Leica Thambar M F2.2/90mm

ライカが、1935年に製造された伝説的ソフトフォーカスレンズの復刻版『Thambar M F2.2/90mm』を発表。レンズ前面に付属のセンタースポットフィルターを装着することで、独特のソフトフォーカス効果とボケ味を得られる設計のレンズで、光学設計をそのままに現代的なデザインにアップデートしています。公式サイトにいくつか作例が公開されていますが、絵画のような幻想的な描写がユニークで奥深いですね。税込価格84万2,400円で、11月発売予定。


Link » Leica Thambar M F2.2/90mm


Related Post » Leica、アルミユニボディのAPS-Cセンサー搭載レンズ交換式カメラの新型『Leica TL』を発表

October 20, 2017 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 8 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air