スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』からアナモルフィックレンズが新登場

Moment Anamorphic Lens

レンズ設計のプロによるスマートフォン用高性能コンバージョンレンズでお馴染み『Moment』から、スマートフォンを映画制作用カメラのようにするアナモルフィックレンズが登場。

アナモルフィックレンズとは、縦長で撮影して編集時や再生時に伸長させることで、映画で使われる横長のシネマスコープ映像が撮れる特殊なレンズです。その他に、レンズをマウントするためのスマートフォン用ケース、iPhone X用バッテリー内蔵フォトケース、ジンバル用のカウンターウェイト、フィルターマウントも用意されています。

現在「Kickstarter」で資金を調達中で、6月出荷予定。スマートフォンでの撮影がさらに楽しくなりますね。


Link » The Future of Mobile Filmmaking: Anamorphic, Battery, Gimbal by Moment — Kickstarter


Related Post » スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone 6用ケース

April 12, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

重さわずか80gの小型ドローン『Ryze Tech Tello』を飛ばしてみた

Ryze Tech Tello

『Ryze Technology』がDJIと共同開発した重さわずか80gの小型ドローン『Tello』がようやく届いたので、早速週末の休みに飛ばして遊んできました。

500万画素の静止画撮影と720pの動画撮影が可能で、スマートフォンからWi-Fiで接続して操作することができます。手のひらへの着陸が可能で、ワンタッチフライト機能「EZ Shot」を搭載し、360度撮影や、被写体を捉えたまま後方に上昇しながら撮影したり、被写体を中心に旋回しながらの撮影などが簡単にできます。飛行時間は13分で、操作可能距離は100mですが、重量が200g未満で改正航空法による規制の対象外になるため、どこでもちょっとした空撮や記念撮影を楽しむことができます。

iPhoneだけで簡単に操作ができるので、本当に気軽に飛ばせるのは素晴らしいです。プロペラを取り外せばアウターなどのポケットにも余裕で収まるので、手ぶらで身軽に持ち運ぶことができます。ただ、やはりカメラの画質はおもちゃレベルで、静止画はスマートフォンの画面で楽しむならギリギリ許容範囲。動画は遅延とノイズが多くてかなりクオリティが低いので、撮影機能はあくまでオマケ程度に考えた方がいいと思います。

とは言えどこでも飛ばせるというのはやはり魅力なので、法規制がある地域でも飛ばせる小型機として「DJI Mavic Air」と使い分けたいと思います。


Link » Ryze Tech Tello


Related Post » 重さわずか80gの小型ドローン『Ryze Tech Tello』が発売

April 9, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

重さわずか80gの小型ドローン『Ryze Tech Tello』が発売

Ryze Tech Tello

『Ryze Technology』がDJIと共同開発した重さわずか80gの小型ドローン『Tello』が発売。500万画素の静止画撮影と720pの動画撮影が可能で、スマートフォンからWi-Fiで接続して操作することができます。

手のひらへの着陸が可能で、ワンタッチフライト機能「EZ Shot」を搭載し、360度撮影や、被写体を捉えたまま後方に上昇しながら撮影したり、被写体を中心に旋回しながらの撮影などが簡単にできます。飛行時間は13分で、操作可能距離は100mですが、重量が200g未満で改正航空法による規制の対象外になるため、これならどこでもちょっとした空撮や記念撮影を楽しむことができますね。価格は12,800円。

現在「DJI Mavic Air」を愛用していますが、法規制がある地域でも飛ばせる小型機と使い分けたいので、早速購入しました。


Link » Ryze Tech Tello


Related Post » Ryze Technology、DJIと共同開発した重さわずか80gの小型ドローン『Tello』を発表

March 26, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

スキーとスノーボードのアクティビティをトラッキングできるiPhoneアプリ『Slopes』

Slopes

最近使い始めた、スキーとスノーボードのアクティビティをトラッキングできるiPhoneアプリ『Slopes』。滑走本数、最高速度と平均速度、水平距離と総標高差、ルート、運動時間、燃焼カロリー、心拍数の記録が可能で、リフト乗車時とスキー滑走時を自動的に検出するので、毎回一時停止、再開する必要がありません。

ヘルスケアアプリとの連携や、Apple Watch単体での動作も可能。また、アプリ内課金で詳細な衛星地図や立体地図などをアドオンすることもできます。様々なログが残って楽しいのでしばらく使ってみようと思います。


Link » Slopes — An iPhone app for skiers and snowboarders


Related Post » Apple、『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』を発表

March 19, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

ハイレゾ音源に対応したクリップタイプのBluetoothヘッドホンアンプ『Radsone EarStudio』

Radsone EarStudio

ハイレゾ音源に対応したクリップタイプのBluetoothヘッドホンアンプ『Radsone EarStudio』が登場。「aptX HD」コーデックをサポートし、最大48kHz/24bitのハイレゾリューションに対応し「AAC」「aptX」などの音源もアップコンバートして楽しめます。

クリップを使って服などに取り付けることができ、通話の応答や音楽操作などが可能なマイクとボタンを搭載。連続再生時間は最大約14時間で、マイクロUSBで充電可能。また、専用アプリを使うことでイコライザーやエフェクトをかけることもできます。さらに2.5mmバランス接続にも対応し、MacとPCへUSB接続することでDAコンバーターとしても使用できます。

現在クラウドファンディングサービス‎にて13,980円で先行販売中で、5月発送予定。これはかなり気になりますね。


Link » あなたのイヤホンが究極のハイレゾ音質に! 24bit デュアルDAC搭載 aptX HD対応 フルバランスワイヤレスアンプ「EarStudio」 | GREEN FUNDING by T-SITE


Related Post » 超コンパクトなUSB搭載ラップトップ用電源アダプタ『FINsix Dart』が日本でも発売

March 9, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

Apple Watchで睡眠をトラッキングできるアラームアプリ『Pillow』

Pillow

最近使い始めた、Apple Watchで睡眠をトラッキングできるアラームアプリ『Pillow』。iPhoneのマイクとモーションセンサーで体の動きを検出して睡眠分析できるんですが、Apple Watchと組み合わせることで心拍数をもとにより高度な睡眠分析が可能です。

睡眠時間や睡眠パターンなど様々なログが残って楽しいんですが、歩数や心拍数などのヘルスケアデータを読み込んで、運動と睡眠の質の関係を見れるのもおもしろいです。もともと寝付きはめちゃくちゃ良いんですが、就寝時に眠りにつきやすいようアンビエントサウンドを流せるので、ホワイトノイズを試していますが10分以内で眠りについているようです。

当然寝てる間にApple Watchの充電はできませんが、夜帰宅してから就寝までの間や、朝起きてから身支度の間に充電できれば十分なので問題ありませんね。今年は睡眠力をアップさせたいと思っているので、しばらく続けてみたいと思います。


Link » Pillow: Sleep tracking for Apple Watch, iPhone and iPad


Related Post » パーティションにもなるトラベルピロー『EZ Sleep Travel Pillow』

March 6, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Bang & Olufsen、フルワイヤレスイヤフォン『Beoplay E8』の限定カラーモデルを発売

Beoplay E8

『Bang & Olufsen』のカジュアルブランドである『B&O Play』のフルワイヤレスイヤフォン『Beoplay E8』に、限定カラーとしてオールホワイトとオールブラックが発売。

通話の応答や音楽操作などが可能なマイクとタッチセンサーを搭載。バッテリー駆動時間は連続再生で4時間、充電ケースを併用することで12時間連続再生可能。また、専用アプリを使うことでサウンドプロファイルの調整や、周囲の音を聞きとりやすく設定ができます。スタイリッシュで高級感のあるデザインはさすがですね。

価格は30,463円で、Bang & Olufsen直営店舗の他、ESTNATION銀座店とZOZOTOWNでも販売中。


Link » Beoplay E8 – premium wireless earbuds with up to 4 hours battery from B&O PLAY


Related Post » Bang & Olufsen、フルワイヤレスイヤフォン『Beoplay E8』を発売

February 27, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

タイムコードレコードとカートリッジを使わずターンテーブルでDJプレイができるワイヤレスシステム『Phase』

タイムコードレコードとカートリッジを使わずに、ターンテーブルでDJプレイができるワイヤレスシステム『Phase』が登場。これまでSeratoやTraktorなどのDVSは、カートリッジでタイムコードレコードの信号を読み取ってアプリケーションをコントロールする必要がありましたが、『Phase』はそれらを使用せずに、レコードの上に小さなリモコンを設置するだけで、ワイヤレスでレコードの回転情報を読み取ることが可能です。

リモコンが読み取った信号はドックで受信して、オーディオインターフェースやミキサーにライン出力することができます。リモコンのバッテリー駆動時間は約10時間で、ドックに収納することで同時に充電が可能。これならカートリッジを使用しないので針先を交換する必要も無いし、信号の読み取りエラーも無くなりますね。

Serato、Traktor、RekordboxなどのDVSで使用できるようで、動画を見る限りスクラッチの遅延もほとんど感じられません。価格や発売時期はまだ未定ですが、これは是非体験してみたいですね。


Link » Phase: the new era of turntablism | MWM


Related Post » Traktor DJ Cable

February 14, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

スリムな耐衝撃ケース『Catalyst Impact Protection Case』にiPhone X用が登場

Catalyst Impact Protection Case

ボクはいわゆる「裸族」なので、iPhoneはずっとケースを装着せずに使っていますが、アウトドアやスノーボードをする時には万が一のためにケースを装着しています。現在愛用しているのは『Catalyst』のスリムな耐衝撃ケース。3mの耐衝撃性能を備えていて、ラバーバンパーで滑りにくく、ストラップホールも空いていて使いやすいですね。


Link » Catalyst Impact Protection Case


Related Post » スリムな防水、防塵、耐衝撃ケース『Catalyst Waterproof Case』にiPhone X用が登場

February 13, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , | No Response »


 

小型折りたたみ式空撮ドローン『DJI Mavic Air』を飛ばしてみた

DJI Mavic Air

先週ようやくDJIの小型折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic Air』が届いたので、早速週末の休みに飛ばして遊んできました。これまで使っていた「Mavic Pro」の完成度は素晴らしかったですが、『Mavic Air』は小型化されただけでなく、全ての面においてさらにブラッシュアップされていますね。

折りたためる機体はさらに小型軽量になり、コントローラーもスティックが着脱式になってさらにコンパクトに持ち運べるようになりました。ここまでコンパクトになると普段使っているバッグにも余裕で収まるので、持っていくかいちいち迷うことが無くなります。ジンバルプロテクターの固定方式も改善されていて、機体を収納できるキャリングケースが付属しているもいいですね。

カメラの画質も申し分無く、スマートフォンだけを使っての操作も安定していました。新たに搭載された手のジェスチャーでコントロールできる機能や、あまり構図を考えなくてもタップするだけで自動でセルフィー動画が撮影できる様々なクイックショット機能も楽しいです。

新型「Mavic Pro 2」が近々発表されるというウワサもありますが、『Mavic Air』の性能とサイズのバランスは素晴らしく、今ドローンを買うなら間違いなくこれだと思います。早く旅先に持ち出して空撮を楽しみたいですね。


Link » DJI Mavic Air


Related Post » 小型折りたたみ式空撮ドローン『DJI Mavic Pro』を飛ばしてみた

February 5, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 81 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air