次期iPhoneのモックアップ写真がリーク

次期iPhoneのモックアップ写真がリーク

今年9月頃に発売されると言われている次期iPhoneですが、「BGR」がリークしたモックアップの写真を公開しています。これまでのウワサ通りホームボタンが無くなりデュアルカメラは縦に配置されていますね。どうやら前面のほとんどがディスプレイになるため、「Touch ID」はディスプレイ埋込み型か背面パネルに搭載されるそうです。

Link » Exclusive: The world’s first look at Apple’s final iPhone 8 design in real life – BGR


Related Post » 家や街中の隙間でテトリス『Real Life Tetris』

May 19, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

スマートフォンと連動するミニマルデザインのコーヒースケール「Acaia Pearl」のエスプレッソマシン用『Lunar』

Acaia Lunar

スマートフォンやタブレットと連動することができるミニマルデザインのコーヒースケール「Acaia Pearl」の、エスプレッソマシン用に特化したモデル『Lunar』。ボディは熱に強い金属製で、サイズは105mm四方、高さ15mmとエスプレッソマシンで使えるよう非常にコンパクトになっています。専用アプリやエスプレッソ用のオートモードが追加されているようですが、ハンドドリップにも問題無く使用できるようです。それにしても日本での販売価格が高過ぎますね。

Link » Acaia Lunar


Related Post » スマートフォンと連動するミニマルデザインのコーヒースケール『Acaia Pearl』にブラックモデルが登場

May 17, 2017 | Categories » Life, Technology | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

自撮りドローン『Hover Camera Passport』が日本で発売

Hover Camera Passport

自撮りドローン『Hover Camera Passport』が日本のアップルストアで発売開始。4K動画と1,300万画素の静止画撮影が可能で、電源ボタンをタップして空中で手を離すとその場でホバリングを始め、ユーザーを自動的に認識して後を追いかけて撮影します。カーボンファイバー製カバーでプロペラがガードされているので安全です。iPhoneやiPadのアプリから様々な自動撮影モードを使ったり、手動でコントロールすることも可能。重さわずか242gと超軽量で、折りたたむとノートサイズになるので手軽に持ち運ぶことができます。ただ、アメリカの航空法だと重量250g未満は規制対象外になりますが、日本だと規制対象外になるのは重量200g未満なので、結局どこでも空撮を楽めるというわけにはいかないのが残念です。DJIが開発中というウワサの小型ドローン「Spark」が近々発表されそうなので、そちらに期待したいですね。

Link » Hover Camera Passportドローン


Related Post » DJIの小型ドローン『Spark』の写真がリーク

May 8, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

iPhone用のスリムな防水、防塵、耐衝撃ケース『Catalyst』

Catalyst iPhone 7 Plus

iPhone用のスリムな防水、防塵、耐衝撃ケース『Catalyst』。水深10mの防水性能と、2mの耐衝撃性能を備えていて、ケースを装着したままでタッチスクリーン操作と「Touch ID」に対応し、全てのボタンと機能が使用可能。この手のケースはアウトドア用に「LifeProof」を長年愛用していましたが、こちらも試してみようと思います。

Link » Catalyst iPhone 7

Link » Catalyst iPhone 7 Plus


Related Post » iPhone用のスリムな防水、防塵、耐衝撃ケース『LifeProof』

May 8, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

スマートフォンで本格的な映像撮影をしたいクリエーターのためのアプリ『Filmic Pro』

Filmic Pro

スマートフォンで本格的な映像撮影をしたいクリエーターのためのアプリ『Filmic Pro』。本格的な撮影を可能にするマニュアル設定や様々な機能がサポートされているんですが、中でもマニュアルフォーカスと露出を素早くマニュアル制御が可能なデュアルアークスライダと、露出オーバーとフォーカスピーキングを画面にリアルタイムにオーバーレイ表示できるのが便利。より広いダイナミックレンジで収録できるLog撮影にもアプリ内課金で対応します。さらにスマートフォン用3軸手持ちジンバル「DJI Osmo Mobile」と連携できるので、最近iPhone 7 Plusと組み合わせて使い始めましたが、最強のモバイルカメラになりますね。

Link » Filmic Pro


Related Post » DJI、スマートフォン用3軸手持ちジンバル『Osmo Mobile』を発表

May 1, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

愛用カメラグッズ 2017

Sony α7 II

昔からデジタルガジェットを選ぶ時にはコンパクトで気軽に持ち運びできることを重要視してきました。カメラもミラーレスカメラの登場により大きくてかさばる一眼レフを使うのをやめ、iPhoneのカメラの進化によってここ数年ですっかりコンデジも使わなくなりました。今ではもう毎日持ち歩くカメラはiPhoneだけになりましたが、ちょっとした遠出や旅先では写真をできるだけ高画質で残しておきたいのでカメラを必ず持って行きます。とは言えプロのフォトグラファーではありませんので、あくまでグッとくる瞬間やゴキゲンな日常を切り取りたいだけですけどね。ということで昨年からアップデートした現在愛用しているカメラグッズを紹介します。

Read More »


Related Post » 愛用カメラグッズ

April 28, 2017 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

Fitbit、心拍センサー搭載フィットネスリストバンド『Alta HR』を発売

Fitbit Alta HR

Fitbitが、心拍センサーを搭載したスリムなフィットネスリストバンド『Alta HR』を発売。前モデルの「Alta」に新たに心拍センサーを搭載したモデルで、心拍数をもとに、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠などの状態を記録することが可能。また、心拍数をリアルタイムに測定することで、適切な運動による健康状態の改善状況が確認できます。バッテリーの持続時間は5日間から7日間に伸びています。この手のウェアラブルデバイスはすっかり身に付けなくなってしまいましたが、久しぶりに使ってみたいと思います。

Link » Fitbit Alta HR


Related Post » Fitbit、心拍センサー搭載フィットネスリストバンド『Alta HR』のスペシャルエディションを発売

April 24, 2017 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , , , | No Response »


 

生鮮食品を最短4時間で配送するサービス『Amazonフレッシュ』が日本でも開始

Amazon Fresh

アマゾンがプライム会員向けに、生鮮食品を最短4時間で配送するサービス『Amazonフレッシュ』を日本でも開始。モバイルアプリとウェブサイトから注文でき、1万7000点以上の食料品のほか、日用品なども含めて合計で10万点以上の商品を購入可能。受取時間は朝8時から深夜0時まで指定可能ですが、商品の配達は手渡しのみで、不在だった場合には配達員が持ち帰りキャンセル扱いになるとのことです。現時点で対象は東京の一部エリアのみですが順次拡大する予定だそう。現在30日間無料トライアル中なので早速試してみたいと思います。

Link » Amazonフレッシュ | 今日の食卓まとめてお届け | Amazon.co.jp


Related Post » Amazon、『Amazon Drive』による容量無制限のクラウドストレージサービスを日本でも開始

April 21, 2017 | Categories » Life, Thing | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

Bose、360度全方位再生の円筒型Bluetoothスピーカー『SoundLink Revolve』を発表

Bose SoundLink Revolve & SoundLink Revolve+

Boseが、360度全方位再生の円筒型Bluetoothスピーカー『SoundLink Revolve』と『SoundLink Revolve+』を発表。円筒型の一体成型アルミ製エンクロージャーにスピーカーユニットを内蔵。バッテリー搭載で、水しぶきや雨でも気にせず使えるIPX4準拠の防滴仕様なので、自宅やアウトドアの様々なところで音楽を楽しむことができます。さらに底面には三脚穴を搭載しているので、カメラ用三脚などをスピーカースタンドとして利用可能。音楽操作はスマートフォンからはもちろんスピーカー上部のボタンからも可能で、ハンズフリー通話やSiriなどを使った音声操作にも対応。カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色。価格は『SoundLink Revolve』が25,000円、一回り大きい『SoundLink Revolve+』が35,000円で4月28日発売。普通の人にとってはもう高価で大きなオーディオシステムは必要ありませんよね。

Link » SoundLink Revolve

Link » SoundLink Revolve+


Related Post » Bose SoundLink Mini Bluetooth Spaeker

April 19, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

DJI、空撮ドローン「Phantom 4 Pro」を低価格化した新モデル『Phantom 4 Advanced』を発表

DJI Phantom 4 Advanced

DJIが空撮ドローンの新モデル『Phantom 4 Advanced』を発表。低価格化のため前モデル「Phantom 4 Pro」から後方のビジョンセンサーと赤外線センサー2つと、タップフライ機能のうち後退しながら撮影するモードを省略。カメラは「Phantom 4 Pro」と同様で、有効約2,000万画素の1型CMOSセンサーを搭載し、60fpsの4K動画撮影やジェスチャーで写真を撮影する機能に対応。ディスプレイ一体型の新型コントローラーがセットになった『Phantom 4 Advanced+』も用意されています。価格は『Phantom 4 Advanced』 が179,000円、『Phantom 4 Advanced+』 が214,000円で4月下旬に出荷予定。これと引き換えに「Phantom 4」は販売終了となるようです。これでようやく「Mavic Pro」と明確に差別化されましたね。

Link » DJI Phantom 4 Advanced


Related Post » DJI、空撮ドローンの新モデル『Phantom 3 Professional / Advanced』を発表

April 14, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 76 Next »

 
LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

LIFE PACKING 2.1
未来を生きるためのモノと知恵
– 高城剛

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark