Apple iPhone 11 Pro Max

Apple iPhone 11 Pro Max

iPhone 11 Pro Maxを使い始めて1ヶ月が経ちました。iPhoneはテキストマシンとブックリーダーとして使うことがメインなので、今回も大画面版を購入しました。iPhone XS Maxから基本的なデザインやサイズは変わっていないので、相変わらず裸のままでガシガシ使ってますけど片手で問題無く操作できています。ただ、背面のガラスがつや消しになったせいでサラサラして少し持ちづらくなりましたね。

CPUは高速化し、防水、防塵性能も向上しましたが、使っていて大きな違いは感じられません。やはり大きく進化したのはカメラの性能で、標準、望遠、超広角の3つのレンズを搭載し、暗い場所でもノイズを抑えて明るく撮影できるナイトモードにも対応しました。

新たに搭載された超広角レンズは35mm判換算で13mm相当になっていて、アクションカムのようなパースが付いた迫力のある写真を撮ることができます。一眼レフやミラーレスカメラならこの画角で撮るためには高価なレンズが必要になってしまうので、iPhoneのカメラで手軽に楽しめるのはうれしいですね。インカメラも広角になってポートレートモードにも対応したのも便利です。

ナイトモードは長時間露光ではなく、レンズの手ぶれ補正を利用して撮影した何枚かの写真を合成する機能なので超広角レンズでは使えませんが、暗い場所で写真を撮ろうとすると自動的にナイトモードに切り替わり、手持ちで明るく美しい写真が簡単に撮れるのは素晴らしいですね。ただ、ゴーストが発生しやすいのが残念ですね。

最近の各社のスマートフォンはカメラ性能を競い合っていて、4眼カメラや1億画素のセンサーを搭載したものまで登場しています。しかし画素が多いければ良い写真になるわけではありませんし、ポートレードモードやナイトモードのようにソフトウェアによって生成されたデジタル臭い画像をもはや写真と呼べるのか疑問です。もう毎日持ち歩くカメラはiPhoneで十分だと思いますが、ボクはこれからもスマートフォンでは表現できない味のある写真が撮れるライカのオールドレンズを使い、グッとくる瞬間やゴキゲンな日常を切り取っていきたいと思いますね。


Link » iPhone 11 Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』を発表

October 28, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , | No Response »


 

スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone 11 Pro用ケース

Moment iPhone Thin Photo Case

スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone 11 Pro用ケースが登場。ラバー加工されていてストラップも装着できるので、劇的に撮影しやすくなりますね。ケースを装着したままでもワイヤレス充電が可能です。薄型モデルもありますよ。


Link » Moment iPhone Photo Case

Link » Moment iPhone Thin Photo Case


Related Post » スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone X用ケースが登場

October 21, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

FeiyuTech、折りたためるスマートフォン用3軸手持ちジンバル『VLOG pocket』を発表

FeiyuTech VLOG pocket

『FeiyuTech』から、折りたたんでコンパクトに収納できるスマートフォン用3軸手持ちジンバル『VLOG pocket』が登場。

スマートフォンとはBluetoothで接続し、ハンドルに搭載されたボタンを使用してジンバルを簡単に操作でき、横向きと縦向きを切り替えることも可能です。さらに専用アプリを使ってパノラマ写真やタイムラプス、オーバーラップ撮影、ドリーズーム、顔を認識して人物を自動で追いかける機能などを使うことが可能です。

重さ272gと「DJI Osmo Mobile 3」よりも軽量コンパクトな上に、価格も11,500円と手頃でジンバルのエントリーモデルとして最適ですね。


Link » FeiyuTech VLOG pocket


Related Post » DJI、手のひらサイズの3軸手持ちジンバル搭載4Kカメラ『Osmo Pocket』を発表

September 13, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Apple、『iPhone 11 Pro』と『iPhone 11 Pro Max』を発表

Apple iPhone 11 Pro/11 Pro Max

アップルがスペシャルイベントで、iPhone XSの後継機となるハイエンドモデル『iPhone 11 Pro』と大画面版の『iPhone 11 Pro Max』、iPhone XRの後継機となるカラーバリエーションが豊富なエントリーモデル「iPhone 11」を発表しましたが、気になるのはやっぱり進化したハイエンドモデルの『11 Pro』ですね。

CPUには高速化した新しいチップ「A13 Bionic」を搭載し、防水、防塵性能も向上。そして標準、望遠、超広角の3つのレンズを搭載し、画角をスムーズに切り替えて撮影することが可能になり、暗い場所でもノイズを抑えて明るく撮影できるナイトモードに対応しました。さらにiPhoneを購入すれば、11月1日から開始されるアップルのサブスクリプション型動画配信サービス「AppleTV+」が1年間無料で利用できるとのことです。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、新たにミッドナイトグリーンというライカのサファリモデルを彷彿とさせるカラーがラインナップされたのは意外でしたね。いくら高性能になったところで使い方が大きく変わるわけでもないので全くワクワクしませんが、今回も大画面版の『11 Pro Max』を買ってみようと思います。


Link » iPhone 11 Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone XS』と『iPhone XS Max』を発表

September 11, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , | No Response »


 

DJI、折りたためるスマートフォン用3軸手持ちジンバルの新モデル『Osmo Mobile 3』を発表

DJI Osmo Mobile 3

DJIがスマートフォンでブレのない動画が撮れる3軸手持ちジンバルの新モデル『Osmo Mobile 3』を発表。性能的には前モデルから大きな変更はありませんが、重さが405gに軽量化されて、収納時にコンパクトに折りたためるようになりました。

ハンドルに集約されたボタンを使用してジンバルを簡単に操作でき、専用アプリを使ってパノラマ写真やタイムラプス、モーションラプスの撮影、動いている被写体を自動で追いかけるアクティブトラック機能などを使うことが可能です。

価格は13,500円で、グリップ式三脚やキャリーケースがセットになった『コンボ』が15,660円。折りたたみ式になって持ち運びやすくなり、価格もさらに安くなったのでジンバルのエントリーモデルとして最適ですね。


Link » DJI Osmo Mobile 3


Related Post » DJI、スマートフォン用3軸手持ちジンバル『Osmo Mobile』を発表

August 14, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2019

My EDC 2019

ボクは日常的に手ぶらで生活していて、会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらです。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。会社から帰る時にも周りにバレずにフラッと帰ることができるし、思いつくままに街をブラブラすることもできます。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。
ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

June 26, 2019 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

スマートフォンで半水面撮影が可能になるドームポート『GDome Mobile』

GDome Mobile

GoProで半水面撮影が可能になるドームポート『GDome』のスマートフォン対応モデルが「Indiegogo」に登場。

実際にユーザーが撮った写真や映像がInstagramにアップされていますが、アイデア次第でかなりおもしろい絵が撮れます。試してみるとすぐにわかるんですけど、小さなレンズのカメラで水中と水上を同時に撮るのって本当に難しいんですよね。


Link » GDOME Mobile: The Universal Smartphone Dome System | Indiegogo

Link » GDome | Industry Leading Camera Dome Port and Accessory Brand


Related Post » GoProで半水面撮影が可能になるドームポート『GDome』

June 21, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Apple、ワイヤレス充電パッド『AirPower』の発売中止を発表

Apple AirPower

アップルが2017年9月のスペシャルイベントで発表した、iPhone、Apple Watch、AirPodsを同時に充電できるワイヤレス充電パッド『AirPower』の発売中止を発表。

先日発売された新型AirPodsの外箱には『AirPower』の上に置かれているグラフィックが印刷されていたし、説明にも『AirPower』が登場していたので、やっと発売されるのかと思っていたところだったので残念です。

製品化に向けて努力を重ねてきたものの、AirPowerはわれわれが設けた高い品質基準を満たすことが困難だと結論せざるを得なかった。このため製品化はキャンセルされた。出荷を期待していた顧客の皆さんにはお詫びしたい。しかしワイヤレスはトレンドであり、Appleは今後ともワイヤレス体験の改善に向けてコミットしていく。



Link » アップルが野心的ワイヤレス充電マットAirPowerをキャンセル、品質が水準を満たせない | TechCrunch Japan


Related Post » Belkin Boost Up ワイヤレス充電パッド

April 1, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

Apple、新しいクレジットカードサービス『Apple Card』を発表

Apple Card

アップルがスペシャルイベントで発表した、iPhoneだけで即時に発行できる新しいクレジットカードサービス『Apple Card』。

年会費、支払い手数料、遅延手数料、国際決済手数料、利用限度超過などの手数料を廃止し、「Apple Pay」では2%、アップルストアでの買い物では3%の利用金額に応じたキャッシュバックが毎日受け取れます。利用金額や支払日などはiPhoneで確認することができ、「iMessage」によるサポートに対応しています。 また、リアルなチタン製カードの発行も可能で、カード上には番号もセキュリティコードも署名欄も無く、名前だけが表記されたミニマルなデザインになっています。

今夏からアメリカで利用可能になるとのことで、これは是非使ってみたいですけど、「Apple Pay」同様に日本で使えるようになるのは当分先になりそうですね。

アップルはハードウェアとソフトウェアの会社からサービスの会社になろうとしているようですが、独自の映像コンテンツ制作やクレジットカード事業へ参入したりと、まるでソニーの足跡を辿っているようですね。数年後にはアップルと言えばエンターテイメントや金融の会社という時代になっているかもしれません。


Link » Apple Card – Apple


Related Post » 様々な磁気カードを一枚にまとめられるカード型デバイス『Fuse Card』

March 27, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Apple、サブスクリプション型動画配信サービス『AppleTV+』を発表

アップルがスペシャルイベントでたくさんの新サービスを発表しましたが、その中で特に気になったのはやっぱりサブスクリプション型動画配信サービス『AppleTV+』ですね。

オプラ・ウィンフリーの番組や、スティーヴン・スピルバーグ、J・J・エイブラムス、ソフィア・コッポラなどが製作する映画などのオリジナルコンテンツを視聴することができます。そしてApple TVアプリはアップデートされ、iPhoneやMacだけでなく、他社製のスマートTVなどでも利用可能になります。

2019年秋から開始予定で、現時点で月額料金は不明ですが、世界100ヶ国以上で提供されるとのことで、日本でも視聴可能になるようです。すでにNetflix、Amazon、Huluが激しい争いを続ける中、ディズニーとワーナーに続いてアップルも参入し、いよいよ本格的な動画ストリーミング戦争が始まりそうですね。

人間の能力を劇的に増幅させる最高のツールであるMacを生み出したアップルが、いつの間にか人間の時間を浪費させるようなマス向けのプロダクトやサービスを作る会社になってしまって複雑な気分です。まずはボクらが驚くようなクリエイティブプロ向けのハイスペックなMacをしっかり作って欲しいですね。


Link » Apple TV+ – Apple(日本)


Related Post » Apple、日本のiTunes Storeで映画の提供を開始

March 27, 2019 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , , , , , , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 80 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things
2019 Edition

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air