藤原ヒロシが語る「僕とゴローズ」

Goro’s Story Of Hiroshi Fujiwara

30年以上に渡ってゴローズを愛し続けている藤原ヒロシ氏が、ゴローズの魅力を語っています。ボクもゴローズは学生の頃からずっと身に付けているので、もう身体の一部のようになっています。以前はチェーンに様々なフェザーを組み合わせたりしていましたが、今はシンプルに平打ちバングルだけを身に付けています。デジタルガジェットはすぐに買い替えますが、こういう気に入ったアナログのモノを買い替えることは滅多にありませんね。高価なアクセサリーなどには全く興味が無いので、これからもずっと大切にしていきたいと思います。

 昔も今も、ゴローズほどブレないところって、他にない。昔から作っているものは変わらないし、流行りに合わせることもしない。その時々で飛びつく人たちが変わったりするけれど、ゴローズ自身は、ずっと同じものを作り続けていて、例えば、誰か有名人がつけていたとしても、そのことを意識してなにか新しいものを作ったりはしない。ゴローズのそうしたところに、いわゆる“ファッションブランド”とは違った存在感やアイデンティを感じるのだと思う。

Link » GORO’S STORY OF HIROSHI FUJIWARA | Ring of Colour


Related Post » 藤原ヒロシによる新しいデジタルメディア『Ring of Colour』

October 9, 2017 | Categories » Thing | Tags » , | No Response »


 

Fragment Design Apple Watch用NATOストラップ

Fragment Design NATO Type Watch Strap Set

藤原ヒロシ氏率いる『Fragment Design』からApple Watch用NATOストラップが登場。ブラックとボーダータイプの2本がセットになっていて、Apple Watch本体の裏側に搭載されている心拍センサーを隠さないデザインになっています。長年愛用しているロレックスサブマリーナにNATOタイプのナイロンストラップを装着していて、ずっとApple Watchでも使いたいと思っていたので早速購入しました。

Link » Fragment Design NATO Type Watch Strap Set


Related Post » Fragment Design × Beats By Dr. Dre

September 29, 2017 | Categories » Recommend, Thing | Tags » , , , | No Response »


 

藤原ヒロシ、アップルを語る

藤原ヒロシ、アップルを語る

「アップルはもうイノベーションは巻きこせない!」 「ジョブズが亡くなり、アップルは終わってしまった…」 そんな評論記事や声高に叫ぶ人たちをネット上で数多く見かける。はたして、本当にアップルは『終わった』のか? その答えを、日本を代表する10人の賢者に訊く。第2回は、DJ、音楽家、ファッションデザイナー・藤原ヒロシ氏に「アップルの確固たる哲学」について語ってもらおう。

「アップルは本当に『終わった』のか?」をテーマにしたシリーズ記事に藤原ヒロシ氏が登場。自身のMacとの出会いからiPhoneについて、アップルの今後に期待していることなどを語っています。しかし晩年のジョブズがいたアップルがいくら神がかっていたとは言え、新製品を発表するたびに革新的な製品を期待されてちょっと気の毒ですね。

Link » 藤原ヒロシ、アップルを語る「今もし僕が社長だったら、やめちゃうかもしれない」 – DIGIMONO!(デジモノ!)


Related Post » 藤原ヒロシ流タイムマネジメント術

June 9, 2016 | Categories » Life, Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

藤原ヒロシ流タイムマネジメント術

藤原ヒロシ流タイムマネジメント術

藤原ヒロシ氏が日々の時間との付き合い方について語ったインタビューが掲載されています。自由な時間をしっかり作ることが氏のクリエイティビティに繋がっているんでしょうね。しかし氏のような人でも時間が足りないと感じているなんてちょっと意外でした。

ルーティンを過ごすよりも、イレギュラーな時間のほうが楽しめるという藤原。そのため、1週間のうち2日は、予定を入れないようにしているのだとか。

「スケジュールをなるべく集中させて、そのぶん何も予定のない日を作るようにしています。空いた時間は、急に友だちと会うこともあるし、思う存分作業に没頭することもある。僕の場合、そうやってメリハリをつけることで、時間を効率的に使えている気がします。空いている時間があれば、急にやりたい仕事が入ってきても対応できるじゃないですか」

「時間を空けるために、詰め込む」。それが藤原流のタイムマネジメント術だ。放っていても流れていく時間に、自ら働きかけることで、自分の時間を作る。そうやって時間をコントロールすることで、彼は時間から自由になっているのだ。

「それでも時間は足りないですね。もっといろんなことをやりたい。寝る時間がもったいないけど、寝ないとカラダがもちません(笑)」

Link » 1:00AM 「自分らしく過ごせる時間が始まる」 藤原ヒロシ | GQ JAPAN


Related Post » Forbes JAPAN 2015年2月号 – 日本を救う起業家ベスト10

May 24, 2016 | Categories » Life | Tags » , , | No Response »


 

藤原ヒロシによる新しいデジタルメディア『Ring of Colour』

Talking About the Future of Digital Media

先月に藤原ヒロシ氏が立ち上げた新しいデジタルメディア『Ring of Colour』。ローンチが発表されたアップルストア表参道のトークイベントが全文書き起こしで掲載されています。車や時計、アート、食など16のカテゴリーにまつわる情報をオリジナルなセンスを持つメンバーで発信するとのことです。今のところハニカムブログのような記事がカテゴライズされているくらいで、メディアとしての新しさは全く感じられませんね。今後は旅行関連や特集記事なども発信していくそうなので、引き続きチェックしたいと思います。

2015年11月18日、アップルストア表参道にて、「デジタルメディアの未来」をテーマにしたトークイベントが開催された。登壇者は、藤原ヒロシのほか、クリエイティブディレクターの梶原由景と、エディター・ライターの榎本一生。テクノロジーが進化し、SNSの普及が進むなかで、デジタルメディアはこれからどのような変化を遂げていくのか? 今後のデジタルメディアのあり方とは? 当日のディスカッションの内容を全文書き起こしでレポートする。

Link » Talking About the Future of Digital Media : 1 / RoC Staff / Ring of Colour


Related Post » 金環日食 2012

December 7, 2015 | Categories » Entertainment | Tags » , , , | No Response »


 


 
Instrumental™ Things 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

Instrumental™ Things

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark