GoProで使える防水ウェアラブルジンバル『FeiyuTech WG2X』

FeiyuTech WG2X

『FeiyuTech』から、GoProで使える防水ウェアラブルジンバルの新型『WG2X』が登場。「GoPro HERO7/6/5/4」「GoPro HERO5 Session」の他、重量130g以内のアクションカメラに対応し、ヘルメットやバイクのハンドル、三脚などに装着してブレのない動画を撮ることができます。

IP55相当の防水防塵機能を備え、新たにジンバル本体のボタンを使ってGoProを操作することができるようになり、アームの角度が斜めになったことで背面モニターが見やすくなりました。また、アプリを使ってのジンバル操作やタイムラプス撮影も可能です。

ボクも前モデルを愛用していましたが、「GoPro HERO7 Black」に買い替えたのを機に手放してしまいました。やっぱりカメラに加えてジンバルを起動しなければならないのは面倒ですからね。


Link » FeiyuTech WG2X


Related Post » GoProで使える防水ウェアラブルジンバル『FeiyuTech WG2』

December 26, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

GoPro用三脚付きミニ延長ポール『Shorty』

GoPro Shorty

最近GoPro用の三脚付きミニ延長ポール『GoPro Shorty』を使ってみてます。ポケットに収まるコンパクトサイズですが最大22.7cmまで伸ばすことができ、グリップは展開して三脚として使用可能。自撮りやグループショット、様々なアングルの撮影ができて便利です。GoProはレンズが超広角なので、これくらいの長さがあれば十分ですね。


Link » GoPro Shorty


Related Post » Patagonia Provisions Miir Shorty Pint Cup

November 28, 2018 | Categories » Thing | Tags » , , | No Response »


 

スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト『Lume Cube Air』

Lume Cube Air

スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト「Lume Cube」の小型軽量モデル『Lume Cube Air』が登場。

重さわずか57gのコンパクトなボディに最大光量1,000lmと水深10mの防水性能を備え、アプリからライトのオンオフや明るさの調整などが可能です。三脚穴に加えてマグネットを内蔵しているので、様々なアクセサリーを使うことでスマートフォンやカメラ、GoProやドローンなどと組み合わせて色々な使い方ができますね。付属の白色と暖色のディフューザーを本体に被せれば色温度を変えられるので、様々シーンでの撮影に対応します。価格は70ドル。

以前に「Life Lite」という製品名で「Kickstarter」で資金調達していた時にバックしたんですが、ようやく製品化されたようです。GoPro用の「Lume Cube」と比べてスペックは劣りますが、そこまで厳しい条件で使わないなら十分じゃないでしょうか。


Link » Lume Cube AIR – LED LIGHT


Related Post » スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト『Life Lite』

November 16, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

GoPro HERO7 Black

GoPro HERO 7 Black

GoProのアクションカメラの新モデル『HERO7 Black』が発売。

デザインはカラーがブラックになっただけで前モデルからほぼ変わっていませんが、新たにジンバルを使用した時のような安定した動画撮影ができるビデオスタビライゼーション「HyperSmooth」機能、動きながらタイムラプスビデオの撮影が可能な「TimeWarp」機能を搭載。さらに、音声起動、ライブストリーミング、縦位置での動画撮影にも対応しました。

価格は49,800円。前モデルから大幅な進化を遂げているので買い替えたいと思います。中国のコピー企業などの影響による大幅な売上減少で大変ですが、アクションカムはやはりGoProがベストだと思いますね。


Link » GoPro HERO 7 Black


Related Post » GoPro、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表

September 28, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , | No Response »


 

必携トラベルグッズ 2018

必携トラベルグッズ 2018

夏期休暇を利用してギリシャの島々に遊びに行って来ました。サントリーニ島は白い街並みと青いエーゲ海のコントラストが本当に美しく、ザキントス島の断崖絶壁に囲まれたナヴァイオビーチは海の美しさはもちろんのこと、ビーチには沈没船が打ち上がっていてインパクトがスゴかったですね。旅の様子はTwitterInstagramの方にアップしていますのでフォローはお気軽に。

今までに何度かボクが旅先に必ず持って行くトラベルグッズを紹介していますが、今回もアップデートしたモノをいくつかまとめてみました。以前にポストした毎日必ず持ち歩いているモノと合わせてチェックしてみてください。

Read More »


Related Post » 手のひらサイズに収納できるシリコン製のシュノーケル『Mares Snorkel @』

June 25, 2018 | Categories » Column, Entertainment, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

GoPro Sleeve + Lanyard

GoPro Sleeve + Lanyard

GoProを手持ちカメラ風に使えるアクセサリー『GoPro スリーブ + ランヤード』が登場。本体を保護するシリコンスリーブと長さ調整できるランヤードがセットになっているので、首から下げたり、手首に着けたりして、GoProを手持ちカメラのように使うことができます。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルーの3色。価格は2,500円で、6月22日発売。最新モデルの「HERO6」には強力な手ブレ補正機能が搭載されているので、これなら手軽に使えていいかもしれませんね。


Link » GoPro スリーブ + ランヤード


Related Post » GoPro、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表

June 5, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

首から下げて一人称視点で撮影できるビデオリグ『SELDI』

SELDI

GoProなどのアクションカメラやスマートフォンなどを取り付けて、首から下げて一人称視点で撮影できるビデオリグ『SELDI』が「Kickstarter」に登場。

首から下げる以外にも、手で持って自撮り棒やスタビライザーとして使ったり、三脚やスタンド代わりにしたり、様々なところに引っ掛けて使うこともできます。

価格は77ドルで、6月出荷予定。これなら手軽に臨場感のある映像が撮れますが、ちょっと恥ずかしいのと折りたたんでもかさばってしまうのが難点ですね。


Link » SELDI: 7-in-1 Wearable Video Rig by SELDI — Kickstarter


Related Post » 指先で操作するGoPro&スマートフォン用スタビライザー『LUUV』

April 17, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

GoPro、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表

GoPro HERO

GoProが、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表。背面タッチディスプレイと水深10mまでの防水性能を備え、1440p/60fpsでの動画撮影と、1,000万画素の静止画撮影が可能。音声コントロールに対応し、Wi-FiとBluetoothを搭載しているので、スマートフォンなどのアプリと連携することができます。

外観は「HERO6」や「HERO5」と変わりませんが、GPSや露出コントロール、Protuneモードなどは搭載されていないようです。必要十分な性能を備えていながら、価格は26,000円とリーズナブルなのがうれしいですね。


Link » GoPro HERO


Related Post » GoPro HERO+ LCD

March 30, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

GoPro、360度カメラ『Fusion』を日本でも発売

GoPro Fusion

GoProが、本体の前面と背面にレンズを搭載した360度カメラ『Fusion』を日本でも発売。18メガピクセルの静止画と5.2K/30fpsの360度動画が撮影でき、VR動画用の撮影も可能。音声コントロールに対応し、防水ハウジング無しの本体だけで水深5mまでの防水性能や耐久性を実現。さらにジンバル並みのブレのない動画を撮ることができる強力な手ブレ補正機能を搭載。

そして注目は、撮影した360度動画から歪みのないフルHD動画を切り出す「OverCapture」機能。紹介動画を見るのがわかりやすいんですが、アプリを使って全体の俯瞰や被写体のアップ、カメラアングルなどを切り替えて自由に切り出せます。これならアングルを気にせず楽しめるし、より臨場感のあるおもしろい映像が撮れますが、レビュー動画を見ていると画質とフレームレートがアクションカムとして使うにはちょっと厳しいですね。次期モデルに期待したいと思います。


Link » GoPro Fusion


Related Post » GoPro、360度カメラ『Fusion』を発表

January 10, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

GoPro、ドローン事業から撤退

GoPro Karma

GoProが2017年第4四半期決算を発表し、その中でドローン『Karma』の在庫を販売した後に、ドローン事業から撤退すると説明しています。

『Karma』 は2016年9月に発表後、すぐにDJIからよりコンパクトで高性能な「Mavic Pro」が発表され、完膚無きまで叩きのめされました。さらに発売からわずか16日後にバッテリーの不具合によるリコールまで発表され、翌年2月にようやく販売が再開された時にはもう誰が買うんだよ状態になってしまった気がします。

ドローン戦争ではDJIに破れてしまいましたが、今でもアクションカムはやはりGoProがベストだと思うので、もう少しがんばって欲しいところです。


Link » GoPro Announces Preliminary Fourth Quarter 2017 Results | GoPro Inc.


Related Post » GoPro、開発中のドローン『Karma』で撮影した4K映像を公開

January 10, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 8 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air