愛用オーディオビジュアル機器

My Audio Visual Equipment 2017

かつては数千枚ものアナログレコードとDVDなどに自宅を占有されてましたが、近年は写真や音楽、映像や書籍も全てデジタル化してあります。ビジュアル機器やオーディオ機器にも色々と試行錯誤してそれなりにお金をかけてきたと自負していますが、現在はプロジェクターやアンプも手放し、MacBookとiOSデバイスを中心にしたコンパクトでポータブルなシステムへと再構築しました。所有する全ての音楽や映像はもちろん、本格的なリスニングやDJができる高性能なオーディオシステムが、バッグで一つで持ち運べるなんて本当に良い時代になりました。

ということでそんなボクが現在愛用しているオーディオビジュアル機器を紹介します。

Read More »


Related Post » スマートフォンでも使える超コンパクトなUSBメモリ型ヘッドホンアンプ『AudioQuest DragonFly Black』

November 3, 2017 | Categories » Column, Recommend, Technology, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

Amazon、4KとHDRに対応した映像ストリーミングデバイスの新型『Fire TV』を発売

Amazon Fire TV

アマゾンが、4KとHDR動画に対応した映像ストリーミングデバイスの新型『Fire TV』を発売。テレビのHDMI端子に差し込むだけで、Amazonビデオ、Hulu、Netflix、YouTube、Abema TV、DAZN、dTVなど、豊富な映像コンテンツを楽しめます。前モデルから小型化して「Google Chromecast」のようなテレビにぶら下げるデザインになり、4K/60fpsとHDR動画、音声フォーマット「Dolby Atmos」に対応。価格は8,980円。

先日Apple TVもアップデートされて4KとHDR動画に対応しましたが、性能や体験に10,000円以上の価格差があるとは思えないので、もうコンテンツ消費デバイスはこれで十分なんじゃないでしょうか。


Link » Amazon Fire TV


Related Post » Amazon、TVセットトップボックス『Fire TV』を発表

October 25, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , , , | No Response »


 

Oculus、スタンドアロン型VRヘッドセット『Oculus Go』を発表

Oculus Go

Facebookの傘下となった『Oculus』が、スタンドアロン型VRヘッドセット『Oculus Go』を発表。解像度2560×1440ピクセルの高速書き換えディスプレイを採用し、PCやスマートフォンを使わずに「Rift」とほぼ同じ広視野角のVRが体験できます。内蔵スピーカーによりヘッドホンの装着する手間がなく、他の人とも体験を共有できる。3.5mmステレオミニジャックも備えているので、一人で楽しむことも可能。また、コンテンツはサムスンの「Gear VR」と互換性があり、「Gear VR」のものに似た小型コントローラーが付属します。発売は2018年初頭で、価格は199ドル。これは価格を含めてかなりの破壊力を持っていますね。


Link » Introducing Oculus Go | Oculus


Related Post » VRヘッドセット『Oculus Rift』製品版

October 13, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Apple Watch用ワイヤレス磁気充電式モバイルバッテリー

Tunewear Tunemax for Apple Watch

Apple Watch用のコンパクトなワイヤレス磁気充電式モバイルバッテリー。Apple Watchより一回り大きい位のコンパクトサイズですが、バッテリー容量は900mAhとApple Watchを2回充電できます。本体の充電はマイクロUSBで行い、バッテリーレベルは4段階のLEDインジケーターで確認できて便利。キーホルダーも備えて持ち運びに便利ですが、充電器としても使えるので普段使いにも最適です。


Link » Tunewear Tunemax for Apple Watch


Related Post » Apple、『Apple Watch』を4月24日から発売開始

October 2, 2017 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , | No Response »


 

360度カメラで使える手持ちジンバル『FeiyuTech G360』

FeiyuTech G360

360度カメラで使える手持ちジンバル『FeiyuTech G360』。手ブレや振動を抑えるだけでなく、ハンドルに搭載されたボタンを使ってジンバルの操作が可能です。360度カメラ以外にも、GoProやソニーのアクションカム、コンパクトカメラやスマートフォンなど、300g以内のカメラならこれ1台で対応できるのが素晴らしいですね。先日ソニーが発表した超小型カメラ「RX0」と組み合わせて使ってみたいです。


Link » FeiyuTech G360


Related Post » GoPro用防水3軸手持ちジンバル『FeiyuTech G5』

September 6, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

極小USB電源アダプター 2ポート

Lumen LSC-2.4A2P-B

近年愛用している、持ち運びに便利な極小USB電源アダプター。最大2.4Aの出力で高速充電可能なUSBポートを2つ搭載しながらも、重さわずか35gでサイズはプラグを収納した状態で幅36mm、高さ53mm、奥行き20mmと超コンパクト。電源タップに挿しても隣のコンセントを邪魔することがありません。もちろんマルチボルテージに対応しているので海外でも使用可能です。


Link » Lumen LSC-2.4A2P-B ブラック

Link » Lumen LSC-2.4A2P ホワイト


Related Post » 極小USB電源アダプター

August 21, 2017 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , | No Response »


 

完全独立型ポータブルオートスキャナー『Avision ScanQ』

Avision ScanQ

スキャナーに用紙を挿入するだけでSDカードに保存できる、完全独立型ポータブルオートスキャナー『Avision ScanQ』。最大A4サイズまで対応し、スキャンデータはJPEGとPDFで保存可能。また、SDカードリーダーを使用しなくても、MacやPCにUSB接続すれば保存したスキャンデータにアクセスできます。機能的には必要最低限ですが、バッテリー駆動可能なポータブルスキャナーが1万円以下というリーズナブルな価格が最大の魅力ですね。

近年はKindle化されてない書籍を自分でデジタル化せずに、Amazonなどのオンラインストアから直接自炊業者に送ってアウトソーシングしているのでこれで十分です。


Link » Avision ScanQ


Related Post » 『ScanSnap iX500』がMacやPCからのワイヤレススキャンに対応

August 21, 2017 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , | No Response »


 

モバイルバッテリー搭載USB電源アダプタ『Anker PowerCore Fusion 5000』にホワイトモデル

Anker PowerCore Fusion 5000

モバイルバッテリーを搭載したUSB電源アダプタ『Anker PowerCore Fusion 5000』にホワイトモデルが登場。2つのUSBポートから高速充電が可能な電源アダプタに、容量5000mAhのモバイルバッテリーを搭載。コンパクトなサイズで折りたたみ式プラグなので持ち運びにも便利。相変わらず価格も手頃でコスパ高いです。iPhone 7 Plusを使うようになって日常的にモバイルバッテリーを持ち歩くことは無くなりましたが、旅先ではかなり重宝しそうですね。


Link » Anker PowerCore Fusion 5000


Related Post » モバイルバッテリー搭載USB電源アダプタ『Anker PowerCore Fusion 5000』

August 14, 2017 | Categories » Technology, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

撮影用小型防水LEDライト『Lume Cube』の光を調整できるキット『Light-House』

Lume Cube Light-House

スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト『Lume Cube』の光を調整できるキット『Light-House』が登場。色温度を変換できる暖色系フィルターと、光量を調整できるディフューザーが各3枚付属し、アルミハウジングにマグネットで簡単に装着可能。多少大きくなってしまいますが、ナチュラルな光にできるのはいいですね。


Link » Lume Cube Light-House


Related Post » スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト『Lume Cube』が日本でも発売

July 19, 2017 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

GoProで使える防水ウェアラブルジンバル『FeiyuTech WG2』

FeiyuTech WG2

GoProで使える防水ウェアラブルジンバル『FeiyuTech WG2』が登場。「GoPro HERO5」「GoPro HERO5 Session」「GoPro HERO4」の他、重量130g以内のアクションカメラに対応し、ヘルメットやバイクのハンドル、三脚などに装着してブレのない動画を撮ることができます。IP67相当の防水防塵機能を備え、水深0.5mまでなら5分程度の水中撮影が可能。さらに本体のボタンを使ってジンバルを操作することができ、ジンバルをゆっくりと自動回転させてタイムラプス撮影をする機能も搭載。また、アプリを使ってジンバルを操作することも可能です。ハンドグリップが無いことでかなり使用用途が広がりますね。


Link » FeiyuTech WG2


Related Post » GoPro、キューブ型の最小最軽量の新モデル『HERO4 Session』を発表

July 14, 2017 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 33 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air