「AirPods」を3.5mmイヤホンジャックで使えるようにする『Twelve South AirFly Pro』

Twelve South AirFly Pro

『Twelve South』から「AirPods」などのBluetoothワイヤレスイヤフォンを、3.5mmイヤホンジャックを搭載したデバイスで使えるようにする『AirFly』に上位モデルとなる『Pro』が登場。

Bluetoothワイヤレスイヤフォンとペアリングした『AirFly Pro』を3.5mmイヤホンジャックに接続するだけで、Bluetooth接続に対応していないテレビや機内のエンターテイメントシステムなどの音声を、最大2台のBluetoothワイヤレスイヤフォンで楽しむことが可能になります。本体の充電はUSB-Cで行い、バッテリー駆動時間は16時間と十分。さらにスイッチを切り替えることで、自動車などのAUX入力にスマートフォンなどからオーディオを送信することもできます。

フルワイヤレスイヤフォンの快適さに慣れてしまうと有線タイプに戻れなくなるので、これは便利ですね。旅先の機内やレンタカーはもちろん、普段のカーシェアリングを利用する場合にも重宝しそうです。


Link » Twelve South AirFly Pro


Related Post » 「AirPods」を3.5mmイヤホンジャックで使えるようにする『Twelve South AirFly』

November 15, 2019 | Categories » Recommend, Technology, Travel | Tags » , , , , | No Response »


 

Microsoft、折りたたみ式デュアルディスプレイ搭載スマートフォン『Surface Duo』とタブレット『Surface Neo』を発表

マイクロソフトが、折りたたみ式デュアルディスプレイ搭載スマートフォン『Surface Duo』とタブレット『Surface Neo』を発表。

『Duo』は2つの5.6インチディスプレイを搭載したAndroid スマートフォンで、『Neo』は2つの 9インチディスプレイを備え、折りたたみデバイス向けの新型OS「Windows 10X」を搭載。2つのディスプレイには画面ごとに個別のアプリを表示させたり、2画面を1つの画面として表示させることが可能です。さらにキーボードを装着することでノートPCのように使うこともできます。

革新性はありませんが、なかなかおもしろそうなデバイスだと思います。発売は2020年のホリデーシーズンとまだ先なので、アマゾンこそがこんなKindleを発売するべきだと思いますね。


Link » New Surface Duo – Coming Holiday 2020 – Microsoft Surface

Link » New Surface Neo – Coming Holiday 2020 – Microsoft Surface


Related Post » Microsoft、タブレットにもなるWindows 10ノートブック『Surface Book』を発表

October 11, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

カールコード型マイクロUSBケーブル

Micro USB Curl Cord Type

近年ガジェットを充電するためのUSBケーブルは全てマイクロUSBに統一して、LightningとUSB-C変換アダプタを組み合わせて使っています。カールコードタイプなら想像以上にコンパクトに収まりますよ。というかさっさとUSB-Cに統一して欲しいですね。


Link » カールコード型マイクロUSBケーブル

Link » Lightning to Micro USB 変換アダプター

Link » USB Type C to Micro USB 変換アダプター


Related Post » USB Type C to Micro USB 変換アダプター

September 25, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , | No Response »


 

FeiyuTech、折りたためるスマートフォン用3軸手持ちジンバル『VLOG pocket』を発表

FeiyuTech VLOG pocket

『FeiyuTech』から、折りたたんでコンパクトに収納できるスマートフォン用3軸手持ちジンバル『VLOG pocket』が登場。

スマートフォンとはBluetoothで接続し、ハンドルに搭載されたボタンを使用してジンバルを簡単に操作でき、横向きと縦向きを切り替えることも可能です。さらに専用アプリを使ってパノラマ写真やタイムラプス、オーバーラップ撮影、ドリーズーム、顔を認識して人物を自動で追いかける機能などを使うことが可能です。

重さ272gと「DJI Osmo Mobile 3」よりも軽量コンパクトな上に、価格も11,500円と手頃でジンバルのエントリーモデルとして最適ですね。


Link » FeiyuTech VLOG pocket


Related Post » DJI、手のひらサイズの3軸手持ちジンバル搭載4Kカメラ『Osmo Pocket』を発表

September 13, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

DJI、折りたためるスマートフォン用3軸手持ちジンバルの新モデル『Osmo Mobile 3』を発表

DJI Osmo Mobile 3

DJIがスマートフォンでブレのない動画が撮れる3軸手持ちジンバルの新モデル『Osmo Mobile 3』を発表。性能的には前モデルから大きな変更はありませんが、重さが405gに軽量化されて、収納時にコンパクトに折りたためるようになりました。

ハンドルに集約されたボタンを使用してジンバルを簡単に操作でき、専用アプリを使ってパノラマ写真やタイムラプス、モーションラプスの撮影、動いている被写体を自動で追いかけるアクティブトラック機能などを使うことが可能です。

価格は13,500円で、グリップ式三脚やキャリーケースがセットになった『コンボ』が15,660円。折りたたみ式になって持ち運びやすくなり、価格もさらに安くなったのでジンバルのエントリーモデルとして最適ですね。


Link » DJI Osmo Mobile 3


Related Post » DJI、スマートフォン用3軸手持ちジンバル『Osmo Mobile』を発表

August 14, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

RAVPower、窒化ガリウムを採用した超コンパクトなUSB-C急速充電器『RP-PC112』を発売

RAVPower RP-PC112

『RAVPower』から、窒化ガリウムを採用した超コンパクトなUSB急速充電器『RP-PC112』が登場。

サイズは幅49mm、奥行き32nn、高さ49mmで、重さわずか103gと超小型軽量ながら、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなど、様々なUSB-C対応機器へ最大61Wで高速充電することができます。61Wのアップル純正電源アダプタと比較して大きさと重さが約半分なので持ち運びしやすいですね。


Link » RAVPower RP-PC112


Related Post » 窒化ガリウムを採用した超コンパクトなUSB-C急速充電器『RAVPower RP-PC104』

August 2, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

窒化ガリウムを採用した超コンパクトなUSB-C急速充電器『RAVPower RP-PC104』

RAVPower RP-PC104

最近13インチのMacBook Proのモバイル用電源アダプタを「Anker PowerPort Speed 1 PD30」から『RAVPower RP-PC104』へ買い替えました。

「Anker」と同じく窒化ガリウムを採用した超コンパクトなUSB-C急速充電器で、サイズは幅80mm、奥行き56mm、高さ16mmで、重さわずか82gと超小型軽量ながら、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなど、様々なUSB-C対応機器へ最大45Wで高速充電することができます。サイズは少し大きくなりましたがこちらの方が高出力だし、プラグが収納できる薄型の形状なので持ち運びしやすいですね。


Link » RAVPower RP-PC104


Related Post » Anker、窒化ガリウムを採用した超コンパクトなUSB-C急速充電器『PowerPort Atom PD 1』を発売

July 31, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

DJI、ミラーレスカメラ用片手持ち3軸ジンバル『Ronin-SC』を発表

DJI Ronin-SC

DJIが、ミラーレスカメラ用片手持ち3軸ジンバル『Ronin-SC』を発売。一眼レフカメラ用「Ronin-S」から41%軽量化された小型軽量モデルで、重さ1.1kgと41%も軽量化されて片手で扱いやすくなりました。

バッテリー駆動時間は最大11時間で、ジョイスティックやトリガーボタンを使ってジンバル動作を制御したり、様々なモードの切り替えや設定の変更が可能。他にも同社のドローンやOsmoシリーズでお馴染みのパノラマやタイムラプス、モーションラプスの撮影、モーションコントロールや動いている被写体を自動で追いかけるアクティブトラック機能などを使うことも可能。さらに新機能である「Force Mobile」は、接続したスマートフォンの動作をジンバルと同期させ、カメラワークとジンバル操作を分担して手軽に没入感のある撮影ができます。

価格は51,300円で、周辺機器などが付属する「Proコンボ」が62,100円。現在愛用している「Sony α7 III」と組み合わせて使ってみたいですね。


Link » DJI Ronin-SC


Related Post » DJI、スマートフォン用3軸手持ちジンバル『Osmo Mobile』を発表

July 22, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Neuralink、脳から直接コンピューターをコントロールできる埋め込み型デバイスを発表

Neuralink N1

イーロン・マスクが設立した、人間の脳にAIを接続する技術を開発するスタートアップ『Neuralink』が、耳の後ろにセンサーを埋め込むことで脳から直接コンピューターをコントロールできるようになるデバイスを発表。

脳からの信号を読み取って増幅することが可能で、データの送信は現時点でUSB接続で行いますが、最終的にはワイヤレス接続できるようになって、スマートフォンのアプリから制御可能になるとのことです。

プロトタイプではすでに猿の脳から制御可能になっていて、2020年末には臨床試験が始まるそうです。これで「攻殻機動隊」で描かれているような未来にまた一歩近づきましたね。


Link » Neuralink


Related Post » イーロン・マスク、脳とコンピューターの接続を目指す会社『Neuralink』を設立

July 19, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2019

My EDC 2019

ボクは日常的に手ぶらで生活していて、会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらです。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。会社から帰る時にも周りにバレずにフラッと帰ることができるし、思いつくままに街をブラブラすることもできます。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。
ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

June 26, 2019 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 37 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air