Amazon、最新の配送センターの映像を公開

アマゾンが最新の配送センターの様子を映像で公開。ロボットが巨大な倉庫の中を走り回って商品が詰め込まれたケースを運び、巨大なロボットアームが大量の商品を持ち上げています。こうして今まで人間が行っていた労働はどんどんロボットに置き換えられていくんでしょうね。近い将来この流れの中にドローンで商品を届けるサービス「Amazon Prime Air」が組み込まれたところを見てみたいです。

Link » Amazon Unveils its Eighth Generation Fulfillment Center | Business Wire


Related Post » Amazon、商品をドローンで30分以内に届ける『Prime Air』を公開

December 3, 2014 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Amazon KDPアワード 2014 高城剛トークセッション

アマゾンのKDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)で今年最も活躍した著者を表彰するKDPアワードが創設され、その第1回受賞者「Author Of The Year 2014」として選ばれた高城剛氏によるトークセッションの模様がYouTubeにアップされていました。「Life Packing」にも掲載されているいつもの半ズボンスーツ姿ですね(笑)。氏の言うアップロード力を持つとダウンロード力もつくので本の読み方も変わってくるというのは同感です。情報収集や新しいことを学ぶのもそうですが、アウトプットすればするほどより多くインプットできるようになりますからね。


Related Post » 『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛』Kindle版が発売

December 2, 2014 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

ジェフ・マクフェトリッジによるパタゴニアのトレーサブル・ダウンを伝えるアニメーション『What the Pluck?』

2014年秋より、パタゴニアのダウン製品にはトレーサブル(追跡可能な)・ダウンを100%使用します。これはパタゴニアのダウン製品に使われるすべてのダウンは、強制給餌もライブ・プラッキングもなされていない鳥に起因することが追跡可能となります。トレーサブル・ダウン基準はアパレル業界に最高レベルの動物福祉をもたらします。パタゴニアは2007年から取り組み、それを達成した唯一のブランドです。

ジェフ・マクフェトリッジによるパタゴニアのトレーサブル・ダウンを伝えるアニメーション『What the Pluck?』。素晴らしい取り組みですね。ダウン製品に関わらず、自分たちが普段何気なく消費している様々なモノが、どのようにして生産されているのかを理解するべきだと思います。

Link » パタゴニア:トレーサブル・ダウン – パタゴニアのダウンのサプライチェーンの解説


Related Post » 未来を創る天才起業家イーロン・マスク

November 11, 2014 | Categories » Entertainment, Thing | Tags » , , , , , , | No Response »


 

Apple CEO ティム・クック、ゲイであることをカミングアウト

Apple CEO Tim Cook

アップルのCEOであり、世界で最も影響力のあるゲイとしても知られるティム・クックが、Businessweekに寄稿した記事の中で自身がゲイであることをカミングアウトしたそうです。とても勇気ある行動だと思いますが、ジョブズがいた頃のアップルからどんどん変わっていきますね。

私は自分が活動家だとは思わないが、他の人の犠牲から自分がどれほど助けられてきたかに気付いた。そのため、もしアップルのCEOがゲイだという話を聞くことによって、自分自身を受け入れることに苦労している人が助けられ、孤独を感じている人が慰められるなら、私のプライバシーを犠牲にする価値があると考えた。

Link » 「ゲイであることを誇りに思う」-アップルのクックCEO – Bloomberg

Link » Tim Cook: ‘I’m Proud to Be Gay’ – Businessweek


Related Post » Businessweek、Apple CEO ティム・クックへのロングインタビューを掲載

October 31, 2014 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

2035年の世界 – 高城剛

2035年の世界 - 高城剛

とてつもない変化は、世界のどこかでもう始まっている。
今から20年後の「2035年」……、それは思ったほど遠くない未来である。
本書は、クリエイター、あるいはDJとして、移動しながら世界で仕事をしている著者が、各国で最先端の研究機関、研究者、学者、技術者らと出会い、導き出した未来を描いた一冊。
「死なない人間」「デザインされる子ども」「人工合成技術」「オミックス医療」「資本主義3.0」「空飛ぶ自動車」「未来の音楽」「ペタバイト」「リキッド化」「自分検索」……。
一見、絵空事にも思えるキーワードの数々。
しかし、それらは既に世界のいたるところで現実化、実用化に向けて動き始めている。
著者は、貧富の差という二極化だけでなく、「生死」に関しても二極化される可能性を示唆している。
では、私たちは20年後に向けて、今、何をすべきか。
そのヒントは本書に収録した「100のキーワード」の中にある。

高城センセが過去5年に渡り、世界の様々な研究施設やプロジェクトを廻りながら考え、今から20年後の未来予想を「100のキーワード」として選んでまとめた一冊『2035年の世界』。これはかなりおもしろそうですね。かなりドキッとするようなキーワードも並んでいますが、2014年の現在だって20年前の過去から見てみれば驚くような未来ですからね。早速ポチりました。

Link » 2035年の世界 – 高城剛

Link » 2035年の世界 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 – 高城剛

October 23, 2014 | Categories » Entertainment, Life, Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

世界はすでに破綻しているのか? – 高城剛

世界はすでに破綻しているのか? - 高城剛

国家が財政破綻すると、そこに住む人はどうなるのか?
高城剛がリアルに見た、財政が破綻した国や都市のリアルな現実。
危機的な状況をサバイバルした人々に共通する条件は何かを解き明かすルポ。

高城センセが世界中を飛び回り、破綻、もしくは破綻に直面している国家や地域に直接出向き、実際に自らの目で確かめたリアルな現実をまとめた一冊。日本の社会システムや資本主義社会の問題点を理解して改めて考えるいいきっかけになりそうですね。早速ポチりました。

Link » 世界はすでに破綻しているのか? – 高城剛


Related Post » 2035年の世界 – 高城剛

September 29, 2014 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , | No Response »


 

Amazon、モバイル決済サービス『Amazon Local Register』を発表

Amazon Local Register

アマゾンが、スマートフォンやタブレットをクレジットカード決済端末にするモバイル決済サービス『Amazon Local Register』を発表。スマートフォンやタブレットのイヤホンジャックに小さなカードリーダーを挿入してアプリをダウンロードするだけで、クレジットカードやデビットカードによる決済を処理することが可能になります。オンラインストアで実証済みの安全なインフラに加えて、決済手数料が競合である「Square」や「PayPal Here」よりも低く設定されているようで、大きな脅威となるのは間違いありませんね。

Link » Amazon Local Register – Accept credit and debit cards on your Fire, iPhone, iPad, or Android device.


Related Post » ソフトバンクとPayPalが合弁会社を設立、モバイル決済サービス「PayPal Here」を国内展開

August 14, 2014 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

グレーな本 – 高城剛

グレーな本 – 高城剛

高城剛メールマガジン『高城未来研究所「Future Report」』の人気コンテンツである、読者とのQ&Aコーナーを加筆して再編集したKindle本「白本」と「黒本」の合本『グレーな本』が発売。当初「黒本」は大手出版社から「このままでは出せない」と言われて電子書籍を自費出版したそうですが、それが電子書籍ランキングでベストセラーになるのを見た別の大手出版社から「紙で出版したい」と言われ、白黒二冊を合わせたグレーな書籍版が今回発売されることになったそうです。さらにそれがKindle版でも発売されるというかなり不思議な状態になってますね(笑)。また『グレーな本』では内容が一部削除されているそうなので、Kindle本が読めるなら普通に以前発売されたオリジナル版を買うのがいいと思います。様々なジャンルの知識がリミックスされた高城センセの怪しい感じが色濃く出ていてオススメです。

Link » グレーな本 – 高城剛

Link » グレーな本 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 高城剛、『高城未来研究所「Future Report」新春特別号』で堀江貴文と津田大介と対談

August 7, 2014 | Categories » Entertainment, Life, Technology, Travel | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

ヒップな生活革命

ヒップな生活革命

ニューヨーク在住の著者が、今アメリカで広がっているライフスタイルの変化の波を紹介した『ヒップな生活革命』を読んでみました。9.11やサブプライム金融危機をきっかけに、サードウェーブ系カフェ、地元生産を貫くブランド、「買うな」とうたう企業広告など、これまでの価値観とは異なるインディペンデントな生き方を目指す人々が新たな流れを生み出しつつあります。

著者が「ヒップスター」と呼ぶこのような人々は、大手チェーン店や量販店ではなく地元の個人経営の店を好み、健康志向で添加物や保存料が入った食品を嫌う。主な移動手段は自転車で、大量生産された商品やラグジュアリーブランドではなく、古着や個人経営のブランドの商品を選ぶ。iPhoneやMacを使って最新のテクノロジーは享受しながらも、アウトドアやガーデニングが好きで、週末は郊外のセカンドハウスやキャンプに出かける。家にはターンテーブルがある確率が高く、ハリウッド映画よりインディーズ映画を好む。職業的には、デザイナーやスタイリスト、アーティストなど、クリエイティブ系の仕事をしている場合が多く、自己表現の一環として音楽やアートをたしなんでいるといった特徴があるそうで、まるで自分のことを言われているかのようで少し複雑でしたね(笑)。

全体的にすごく共感できる内容で、これまでにも様々な本や雑誌などでこういうライフスタイルは紹介されていましたが、表面的ではなく生まれた背景までしっかりと解説されていて楽しめました。自分自身の生活や価値観を改めて考えるきっかけにもなると思います。アメリカの行き過ぎた資本主義とグローバリゼーションの反動で生まれたうねりは、大量消費や都市化が行き過ぎた日本でも、3.11以降さらに大きくなってきていると感じます。ボクも21世紀の新しいシンプルライフをさらに探求していきたいですね。

Link » ヒップな生活革命


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ 2015

July 28, 2014 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , , , | No Response »


 

AppleとIBMが企業向けモバイル分野で全面提携

Apple and IBM Forge Global Partnership to Transform Enterprise Mobility

本日アップルとIBMが、企業向けモバイル分野で全面提携したことを発表しました。これはグーグルとマイクロソフトのモバイル戦略にとって大打撃でしょうね。しかしかつてIBMをビッグブラザーと呼んで批判していたジョブズはこれをどう思うんでしょうか。時代は変わっていくとは言えやはり複雑な気分ですね。ちなみにこのティム・クックの合成写真の元になった、ジョブズがIBMに中指を立ててる写真はこちら

Link » 速報:AppleとIBMがハード、ソフトで全面提携―エンタープライズ分野に激震 – TechCrunch


Related Post » Adobe、モバイルブラウザ用Flashの開発を終了

July 16, 2014 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 12 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air