必携トラベルグッズ 2018

必携トラベルグッズ 2018

夏期休暇を利用してギリシャの島々に遊びに行って来ました。サントリーニ島は白い街並みと青いエーゲ海のコントラストが本当に美しく、ザキントス島の断崖絶壁に囲まれたナヴァイオビーチは海の美しさはもちろんのこと、ビーチには沈没船が打ち上がっていてインパクトがスゴかったですね。旅の様子はTwitterInstagramの方にアップしていますのでフォローはお気軽に。

今までに何度かボクが旅先に必ず持って行くトラベルグッズを紹介していますが、今回もアップデートしたモノをいくつかまとめてみました。以前にポストした毎日必ず持ち歩いているモノと合わせてチェックしてみてください。

Read More »


Related Post » 手のひらサイズに収納できるシリコン製のシュノーケル『Mares Snorkel @』

June 25, 2018 | Categories » Column, Entertainment, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

iOS用高性能カメラアプリ『Camera+ 2』

Camera+ 2

人気のiOS用高性能カメラアプリ『Camera+』が大幅にアップデートされました。

シャッタースピード、露出、ISO感度、ホワイトバランスを調整できるのはもちろん、デュアルレンズの切り替え、深度のコントロール、RAW撮影、被写体の笑顔を検知し自動で撮影するスマイルモード、端末が安定したときだけ撮影するスタビライザーモードなどが使用可能。

最近iPhone Xで使い始めましたが、これでさらに最強のモバイルカメラになりますね。


Link » Camera+ 2


Related Post » iPhone用高性能カメラアプリ『Pro Camera 8』

June 8, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Parrot、小型折りたたみ式空撮ドローン『Anafi』を発表

Parrot Anafi

『Parrot』が、小型折りたたみ式空撮ドローン『Anafi』を発表。重量は320gで、アームを折りたたむことでコンパクトに持ち運ぶことができます。

カメラには180°回転ジンバルを搭載し、2,100万画素の静止画撮影と4K/HDRの動画撮影、最大2.8倍のロスレスズームが可能。最大フライト時間は約25分、操作可能距離は最大4kmでHDビデオストリーミングが可能です。

操作はゲームパッドのようなコントローラーにアプリをインストールしたスマートフォンを取り付けて行い、搭載された人工知能によって様々な自動飛行モードを利用した撮影が楽しめます。

価格は700ユーロで、7月2日から販売開始。てっきりドローン事業から撤退したと思っていたので、最先端の機能を備えて再び帰ってくるとは驚きましたね。


Link » ANAFI | Parrot Store Official


Related Post » Parrot Bebop 2 Power

June 7, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Sony、1型センサー搭載コンパクトカメラの新モデル『RX100 VI』を発表

Sony RX100 VI

ソニーが、ハイエンドコンパクトデジタルカメラの新モデル『RX100 VI』を発表。新たに35mm判換算で24-200mm相当F2.8-4.5の沈胴式ズームレンズを搭載し、チルト式背面モニターにはタッチパネルが採用され、タッチシャッターとタッチフォーカスが可能になりました。

スマートフォンのカメラの進化によってすっかりコンデジを使わなくなりましたが、高性能な小型ボディに広角24mmから望遠200mmまでをカバーする高倍率ズームレンズを搭載しているのは魅力的ですね。ただ、レンズが大分暗くなってしまったのは残念です。


Link » DSC-RX100M6 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー


Related Post » Sony、1型センサー搭載コンパクトカメラの新モデル『RX100 V』を発売

June 6, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

GoPro Sleeve + Lanyard

GoPro Sleeve + Lanyard

GoProを手持ちカメラ風に使えるアクセサリー『GoPro スリーブ + ランヤード』が登場。本体を保護するシリコンスリーブと長さ調整できるランヤードがセットになっているので、首から下げたり、手首に着けたりして、GoProを手持ちカメラのように使うことができます。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルーの3色。価格は2,500円で、6月22日発売。最新モデルの「HERO6」には強力な手ブレ補正機能が搭載されているので、これなら手軽に使えていいかもしれませんね。


Link » GoPro スリーブ + ランヤード


Related Post » GoPro、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表

June 5, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

スクエアフォーマットフィルム対応インスタントカメラ『instax SQUARE SQ6』

instax SQUARE SQ6

富士フイルムが、スクエアフォーマットフィルムに対応したインスタントカメラ『instax SQUARE SQ6』を発表。

前モデルの「SQ10」同様に、撮影した写真を本体に装填したスクエアフォーマットフィルムにプリントできますが、デジタルカメラである「SQ10」と違って『SQ6』はアナログカメラなので、液晶モニターや内蔵メモリーは搭載しておらず、撮影した写真の編集と加工もできません。

その分価格は17,150円と安価なので、シンプルにスクエアフォーマットフィルムにプリントしたい人にはいいかもしれませんね。


Link » instax SQUARE SQ6


Related Post » 富士フイルム、チェキプリンター内蔵デジカメ『instax SQUARE SQ10』を発表

May 16, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

首から下げて一人称視点で撮影できるビデオリグ『SELDI』

SELDI

GoProなどのアクションカメラやスマートフォンなどを取り付けて、首から下げて一人称視点で撮影できるビデオリグ『SELDI』が「Kickstarter」に登場。

首から下げる以外にも、手で持って自撮り棒やスタビライザーとして使ったり、三脚やスタンド代わりにしたり、様々なところに引っ掛けて使うこともできます。

価格は77ドルで、6月出荷予定。これなら手軽に臨場感のある映像が撮れますが、ちょっと恥ずかしいのと折りたたんでもかさばってしまうのが難点ですね。


Link » SELDI: 7-in-1 Wearable Video Rig by SELDI — Kickstarter


Related Post » 指先で操作するGoPro&スマートフォン用スタビライザー『LUUV』

April 17, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』からアナモルフィックレンズが新登場

Moment Anamorphic Lens

レンズ設計のプロによるスマートフォン用高性能コンバージョンレンズでお馴染み『Moment』から、スマートフォンを映画制作用カメラのようにするアナモルフィックレンズが登場。

アナモルフィックレンズとは、縦長で撮影して編集時や再生時に伸長させることで、映画で使われる横長のシネマスコープ映像が撮れる特殊なレンズです。その他に、レンズをマウントするためのスマートフォン用ケース、iPhone X用バッテリー内蔵フォトケース、ジンバル用のカウンターウェイト、フィルターマウントも用意されています。

現在「Kickstarter」で資金を調達中で、6月出荷予定。スマートフォンでの撮影がさらに楽しくなりますね。


Link » The Future of Mobile Filmmaking: Anamorphic, Battery, Gimbal by Moment — Kickstarter


Related Post » スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone 6用ケース

April 12, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

GoPro、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表

GoPro HERO

GoProが、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表。背面タッチディスプレイと水深10mまでの防水性能を備え、1440p/60fpsでの動画撮影と、1,000万画素の静止画撮影が可能。音声コントロールに対応し、Wi-FiとBluetoothを搭載しているので、スマートフォンなどのアプリと連携することができます。

外観は「HERO6」や「HERO5」と変わりませんが、GPSや露出コントロール、Protuneモードなどは搭載されていないようです。必要十分な性能を備えていながら、価格は26,000円とリーズナブルなのがうれしいですね。


Link » GoPro HERO


Related Post » GoPro HERO+ LCD

March 30, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Leica、モノクロ専用Mシリーズの限定モデル『Leica M Monochrom Stealth Edition』を発売

Leica M Monochrom Stealth Edition

ライカが、35mmフルサイズセンサーを搭載したモノクロ専用デジタルカメラ『Leica M Monochrom』の限定モデル『Stealth Edition』を発売。『Leica M Monochrom』をベースに、外観デザインをファッションブランド「rag & bone」の創設者兼オーナーである「Marcus Wainwright(マーカス・ウェインライト)」氏が手がけた特別モデルで、ボディとレンズはフルブラックで仕上げられていて、一部の刻印部分が蓄光塗料によって暗所で発光します。

税込価格200万円で、世界限定125セット。ミリタリー色の強いステルスなデザインがカッコいいですね。


Link » Stealth // ライカMシステム 特別限定モデル // ライカMシステム // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、モノクロ専用Mシリーズ『Leica M Monochrom』を発売

March 14, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 46 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air