スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト『Lume Cube Air』

Lume Cube Air

スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト「Lume Cube」の小型軽量モデル『Lume Cube Air』が登場。

重さわずか57gのコンパクトなボディに最大光量1,000lmと水深10mの防水性能を備え、アプリからライトのオンオフや明るさの調整などが可能です。三脚穴に加えてマグネットを内蔵しているので、様々なアクセサリーを使うことでスマートフォンやカメラ、GoProやドローンなどと組み合わせて色々な使い方ができますね。付属の白色と暖色のディフューザーを本体に被せれば色温度を変えられるので、様々シーンでの撮影に対応します。価格は70ドル。

以前に「Life Lite」という製品名で「Kickstarter」で資金調達していた時にバックしたんですが、ようやく製品化されたようです。GoPro用の「Lume Cube」と比べてスペックは劣りますが、そこまで厳しい条件で使わないなら十分じゃないでしょうか。


Link » Lume Cube AIR – LED LIGHT


Related Post » スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト『Life Lite』

November 16, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

ライカMマウント搭載レンジファインダーカメラ『Pixii』の仕様が公開

Pixii

フランスのスタートアップ発表した、ライカMマウント搭載デジタルレンジファインダーカメラ『Pixii』ですが、ウェブサイトに詳しい仕様が公開されています。

有効約1,200万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、重量は460gで、サイズは幅138mm、高さ79mm、奥行き33mmと「Leica M10」とほとんど同じ大きさです。背面に液晶ディスプレイが搭載されていないため、撮影時には光学ビューファインダーを覗き込み、撮った写真は連携したスマートフォンで確認するという仕様になっています。

価格は3,500ユーロで、まずはヨーロッパで12月14日発売開始予定。デザインやコンセプトは良かったんですが、スペックの割に高価になってしまっていて残念ですね。このサイズだったらフルサイズセンサーを搭載して欲しかったところです。


Link » Pixii – rangefinder camera


Related Post » ライカMマウント搭載デジタルレンジファインダーカメラ『Pixii』

November 14, 2018 | Categories » Technology | Tags » | No Response »


 

Leica、液晶ディスプレイ非搭載のM型カメラの新モデル『Leica M10-D』を発表

Leica M10-D

ライカが、ボディ背面に液晶ディスプレイを搭載しないM型カメラの新モデル『Leica M10-D』を発表。基本仕様は「M10」を継承していますが、背面には電源とISO感度の設定ダイヤルがあるだけで、さらにフィルム巻き上げレバーのような収納式サムレストを搭載していて、まるでフィルムカメラのような外観になっています。

Wi-Fi内蔵でスマートフォンアプリを使った各種設定、撮影画像の確認や画像転送が可能です。また、別売のGPS内蔵外付けEVFをホットシューに装着することで、ライブビュー撮影や撮影画像の確認が可能になります。

ライカには最先端デジタルボディを期待していないので、こういうフィルムカメラのシンプルさとデジタルカメラの便利さが上手く融合したカメラはおもしろいですね。


Link » Leica M10 // Leica M-System // Photography – Leica Camera AG


Related Post » Leica、アルミユニボディのAPS-Cセンサー搭載レンズ交換式カメラの新型『Leica TL』を発表

October 24, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

ライカMマウント搭載デジタルレンジファインダーカメラ『Pixii』

Pixii

フランスのスタートアップが、ライカMマウント搭載デジタルレンジファインダーカメラ『Pixii』を発表。背面に液晶ディスプレイが搭載されていないため、撮影時には光学ビューファインダーを覗き込み、撮った写真は連携したスマートフォンで確認するという仕様になっています。

詳しい仕様はまだ明らかにされていませんが、フィルムカメラのシンプルさとデジタルカメラの便利さが上手く融合していておもしろいですね。


Link » PIXII


Related Post » DJI、手のひらサイズの高性能ミニドローン『Spark』を発表

October 24, 2018 | Categories » Technology | Tags » | No Response »


 

スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone X用のバッテリー内蔵ケース

Moment Battery Photo Cases - iPhone X

レンズ設計のプロによるスマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』の、iPhone X用のバッテリー内蔵ケースが新登場。

バッテリー容量は3,100mAhで、ストラップホールとシャッターボタンを搭載。iPhoneとBluetooth接続して専用アプリとセットで使うことで、半押しフォーカスと露出ロック機能が使用可能になり、iPhoneをまるで本物のデジカメのように使うことができます。さらにケースを装着したままでもワイヤレス充電が可能です。

以前にマウンティングプレートを貼り付けて愛用していましたが、粘着テープで貼り付けているので耐久性が低いし、レンズをいちいち取り外すのが面倒でした。これならレンズを取り付けたまま首から下げておけるし、バッテリー持続時間も長くなるので便利ですね。


Link » Moment Battery Photo Cases – iPhone X


Related Post » スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone 7/7 Plus用のバッテリー内蔵ケース

October 1, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Zeiss、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトデジタルカメラ『ZX1』を発表

Zeiss ZX1

ツァイスが、35mmフルサイズセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ『ZX1』を発表。有効画素数約3,740万画素の35mmフルサイズセンサーに、35mm/F2.0の大口径単焦点レンズを搭載したレンズ一体型カメラです。

4K/30fpsの動画撮影が可能で、高解像度の有機ELファインダー 、4.3型タッチパネル式液晶モニター、512GBの内蔵SSD、Wi-Fi、Bluetooth、USB-C、NFCを搭載。スマートフォンと組み合わせることで、ジオタグの付与やリモートコントロールなどが可能。さらに「Adobe Lightroom」がインストールされているので、撮った写真をそのままRAW現像することができます。

発売は2019年初頭で、現時点で価格は不明。サイズはそれなりに大きそうですが、非常にハイスペックなコンパクトカメラに仕上がっていますね。デザインもシンプルで未来感があってカッコいいです。


Link » Stay in your flow. ZEISS ZX1.


Related Post » カール・ツァイス製iPhone用広角レンズ『ExoLens with Optics by Zeiss』が日本で発売

October 1, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Lecia Sofort Black

Lecia Sofort Black

ライカのインスタントカメラ『Sofort』にブラックモデルが登場。基本機能は既存モデルと同様で、チェキフィルムに対応していて、様々な撮影モードとセルフタイマーを搭載。ボディ前面にはセルフィー用ミラーも備えています。

ブラックモデルの特徴として、ボディ周りに製品名が白文字でダイナミックにプリントされたデザインになっています。好みが分かれそうですね。


Link » ライカ ゾフォート // ライカ ゾフォート // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、チェキフィルムを使うインスタントカメラ『Sofort』を発表

September 28, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

GoPro HERO7 Black

GoPro HERO 7 Black

GoProのアクションカメラの新モデル『HERO7 Black』が発売。

デザインはカラーがブラックになっただけで前モデルからほぼ変わっていませんが、新たにジンバルを使用した時のような安定した動画撮影ができるビデオスタビライゼーション「HyperSmooth」機能、動きながらタイムラプスビデオの撮影が可能な「TimeWarp」機能を搭載。さらに、音声起動、ライブストリーミング、縦位置での動画撮影にも対応しました。

価格は49,800円。前モデルから大幅な進化を遂げているので買い替えたいと思います。中国のコピー企業などの影響による大幅な売上減少で大変ですが、アクションカムはやはりGoProがベストだと思いますね。


Link » GoPro HERO 7 Black


Related Post » GoPro、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表

September 28, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , | No Response »


 

DJI、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』『Mavic 2 Zoom』を発表

DJI Mavic 2 Pro/Zoom

DJIが、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』と『Mavic 2 Zoom』を発表。『Mavic 2』シリーズは、前モデルのデザインを継承しながら、新しいジンバルスタビライザー、ハイパーラプス、アクティブトラックなどのインテリジェント機能を搭載。

『Mavic 2 Pro』は、10-bitカラープロファイルに対応した有効約2,000万画素の1インチセンサーを採用した、ハッセルブラッドのカメラを搭載。レンズは35mm判換算28mmで、絞りはF2.8 – F11の範囲で調整可能。

『Mavic 2 Zoom』は、有効約1,200万画素の1/2.3インチセンサーを採用した、35mm判換算24-48mm相当のズームレンズを搭載。デジタルズームと合わせると最大4倍となる96mm相当の中望遠を実現。また、クイックショットに新しく追加された「ドリーズーム」を使うことで、飛行方向と逆方向にズームすることによって背景だけが近づいてくるような撮影ができます。

サイズはどちらも共通で、アームとプロペラを折りたたむと高さ84mm、幅91mm、奥行き214mmと片手で簡単に持ち運べるサイズになり、コントローラーもスティックが着脱式になってさらにコンパクトに持ち運べるようになりました。

価格は『Mavic 2 Pro』 が税込189,000円、『Mavic 2 Zoom』が税込162,000円。前モデルの完成度も高かったですが、『Mavic 2』シリーズは全ての面においてさらにブラッシュアップされていて、空飛ぶカメラとして順当な進化を遂げていますね。


Link » DJI Mavic 2 Pro

Link » DJI Mavic 2 Zoom


Related Post » 小型折りたたみ式空撮ドローン『DJI Mavic Air』を飛ばしてみた

August 24, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Leica、プロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表

Leica M10-P

ライカがM型カメラ「M10」のプロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表。デザインや基本性能は前モデルから変わっていませんが、フロントの赤いライカロゴが無くなり、新たに静音シャッターとタッチパネルディスプレイを搭載。

ボディカラーはブラッククロームとシルバークロームの2色で、発売日や価格などは現時点では不明。シンプルに写真撮影を楽しみたい人にはいいかもしれませんね。


Link » Leica M10-P // ライカMシステム // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、M型カメラの新モデル『M10』を発表

August 22, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 44 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air