GoPro HERO7 Black

GoPro HERO 7 Black

GoProのアクションカメラの新モデル『HERO7 Black』が発売。

デザインはカラーがブラックになっただけで前モデルからほぼ変わっていませんが、新たにジンバルを使用した時のような安定した動画撮影ができるビデオスタビライゼーション「HyperSmooth」機能、動きながらタイムラプスビデオの撮影が可能な「TimeWarp」機能を搭載。さらに、音声起動、ライブストリーミング、縦位置での動画撮影にも対応しました。

価格は49,800円。前モデルから大幅な進化を遂げているので買い替えたいと思います。中国のコピー企業などの影響による大幅な売上減少で大変ですが、アクションカムはやはりGoProがベストだと思いますね。


Link » GoPro HERO 7 Black


Related Post » GoPro、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表

September 28, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , | No Response »


 

DJI、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』『Mavic 2 Zoom』を発表

DJI Mavic 2 Pro/Zoom

DJIが、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』と『Mavic 2 Zoom』を発表。『Mavic 2』シリーズは、前モデルのデザインを継承しながら、新しいジンバルスタビライザー、ハイパーラプス、アクティブトラックなどのインテリジェント機能を搭載。

『Mavic 2 Pro』は、10-bitカラープロファイルに対応した有効約2,000万画素の1インチセンサーを採用した、ハッセルブラッドのカメラを搭載。レンズは35mm判換算28mmで、絞りはF2.8 – F11の範囲で調整可能。

『Mavic 2 Zoom』は、有効約1,200万画素の1/2.3インチセンサーを採用した、35mm判換算24-48mm相当のズームレンズを搭載。デジタルズームと合わせると最大4倍となる96mm相当の中望遠を実現。また、クイックショットに新しく追加された「ドリーズーム」を使うことで、飛行方向と逆方向にズームすることによって背景だけが近づいてくるような撮影ができます。

サイズはどちらも共通で、アームとプロペラを折りたたむと高さ84mm、幅91mm、奥行き214mmと片手で簡単に持ち運べるサイズになり、コントローラーもスティックが着脱式になってさらにコンパクトに持ち運べるようになりました。

価格は『Mavic 2 Pro』 が税込189,000円、『Mavic 2 Zoom』が税込162,000円。前モデルの完成度も高かったですが、『Mavic 2』シリーズは全ての面においてさらにブラッシュアップされていて、空飛ぶカメラとして順当な進化を遂げていますね。


Link » DJI Mavic 2 Pro

Link » DJI Mavic 2 Zoom


Related Post » 小型折りたたみ式空撮ドローン『DJI Mavic Air』を飛ばしてみた

August 24, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , | No Response »


 

Leica、プロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表

Leica M10-P

ライカがM型カメラ「M10」のプロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表。デザインや基本性能は前モデルから変わっていませんが、フロントの赤いライカロゴが無くなり、新たに静音シャッターとタッチパネルディスプレイを搭載。

ボディカラーはブラッククロームとシルバークロームの2色で、発売日や価格などは現時点では不明。シンプルに写真撮影を楽しみたい人にはいいかもしれませんね。


Link » Leica M10-P // ライカMシステム // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、M型カメラの新モデル『M10』を発表

August 22, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Helios 44-2 F2/58mm

Helios 44-2 F2/58mm

近年デジタルカメラの高性能化に伴って、現代のハイテクレンズには無い味のある写真が撮れるオールドレンズが人気ですが、最近はロシア製のオールドレンズ『Helios 44-2 F2/58mm』を、ソニーのミラーレス一眼カメラ「α7 III」に装着して楽しんでいます。旧東ドイツ製の銘玉「Carl Zeiss Jena Biotar F2/58mm」をコピーして作られたと言われていますね。

今までライカの広角レンズばかり使ってきたので、ポートレート撮影にピッタリな58mmという焦点距離は新鮮で、絞り開放で撮影した時の通称「ぐるぐるボケ」と呼ばれる背景のボケ味が独特で気に入っています。中古で1万円以下と安価に購入可能ですがハズレも多いので、こればっかりはアタリが出るまで何本か購入してみるしかありませんね。

「Sony α7 III」への装着には、M42マウントをライカMマウントに変換するマウントアダプターと、ソニーのEマウント機でライカMレンズの接写を可能にするマウントアダプター「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」を組み合わせています。

しばらくは長年愛用しているライカのオールドレンズ「Summilux-M F1.4/35mm」と使い分けていきたいと思います。


Link » Helios 44-2 F2/58mm


Related Post » ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプター『Voigtlander VM-E Close Focus Adapter』

July 25, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , | No Response »


 

高城剛氏によるカメラレンタルサービス『NEXTRAVELER FILMS』がスタート

NEXTRAVELER FILMS

高城剛氏によるカメラレンタルサービス『NEXTRAVELER FILMS』がスタート。「RED」の業務用デジタルビデオカメラや、ライカのヴィンテージレンズがレンタルできるそうです。これはおもしろいですね。是非利用してみたいです。

「NEXTRAVELER FILMS」では、多くの方々からご要望いただきました、
貴重な「ヴィンテージレンズ」と「8K」まで収録可能な世界最高峰デジタルカメラ
「RED」シリーズのレンタルをはじめます。

第一弾は、一眼レフに装着可能なヴィンテージレンズの最高峰
「ライカ Rレンズ プライムコレクション(デッドストック)」です。

シャープで味があるライカ Rレンズのなかでも、極めて光学性能が高いプライムレンズを揃えました。キャノンの一眼レフカメラ、ソニーやパナソニックなどのミラーレスにも装着可能なアダプターを用意し、動画にも静止画にも、また、マルチカメラ撮影にも対応できるセットです。



Link » NEXTRAVELER FILMS


Related Post » NEXTRAVELER Sri Lanka – 高城剛

July 20, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Sony RX100M5A

Sony RX100M5A

ソニーから、ハイエンドコンパクトデジタルカメラ『RX100 V』のアップデート版『RX100M5A 』が発売。最新の画像処理エンジンを搭載し、画像処理速度は約1.8倍に高速化。これに伴って様々な性能アップや機能が追加されています。

最新モデル「RX100 VI」には高倍率ズームレンズが搭載されましたが、これまでの低倍率ズームレンズを搭載したモデルも継続されるんでしょうか。


Link » Sony RX100M5A


Related Post » Sony、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトデジタルカメラ『Sony RX1R II』を日本でも発売

July 13, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

My EDC 2018

ボクは日常的に手ぶらで生活していて、会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらです。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。会社から帰る時にも周りにバレずにフラッと帰ることができるし、思いつくままに街をブラブラすることもできます。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2017

July 2, 2018 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

iOS用高性能カメラアプリ『Camera+ 2』

Camera+ 2

人気のiOS用高性能カメラアプリ『Camera+』が大幅にアップデートされました。

シャッタースピード、露出、ISO感度、ホワイトバランスを調整できるのはもちろん、デュアルレンズの切り替え、深度のコントロール、RAW撮影、被写体の笑顔を検知し自動で撮影するスマイルモード、端末が安定したときだけ撮影するスタビライザーモードなどが使用可能。

最近iPhone Xで使い始めましたが、これでさらに最強のモバイルカメラになりますね。


Link » Camera+ 2


Related Post » iPhone用高性能カメラアプリ『Pro Camera 8』

June 8, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Parrot、小型折りたたみ式空撮ドローン『Anafi』を発表

Parrot Anafi

『Parrot』が、小型折りたたみ式空撮ドローン『Anafi』を発表。重量は320gで、アームを折りたたむことでコンパクトに持ち運ぶことができます。

カメラには180°回転ジンバルを搭載し、2,100万画素の静止画撮影と4K/HDRの動画撮影、最大2.8倍のロスレスズームが可能。最大フライト時間は約25分、操作可能距離は最大4kmでHDビデオストリーミングが可能です。

操作はゲームパッドのようなコントローラーにアプリをインストールしたスマートフォンを取り付けて行い、搭載された人工知能によって様々な自動飛行モードを利用した撮影が楽しめます。

価格は700ユーロで、7月2日から販売開始。てっきりドローン事業から撤退したと思っていたので、最先端の機能を備えて再び帰ってくるとは驚きましたね。


Link » ANAFI | Parrot Store Official


Related Post » Parrot Bebop 2 Power

June 7, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Sony RX100 VI

Sony RX100 VI

ソニーが、ハイエンドコンパクトデジタルカメラの新モデル『RX100 VI』を発表。新たに35mm判換算で24-200mm相当F2.8-4.5の沈胴式ズームレンズを搭載し、チルト式背面モニターにはタッチパネルが採用され、タッチシャッターとタッチフォーカスが可能になりました。

スマートフォンのカメラの進化によってすっかりコンデジを使わなくなりましたが、高性能な小型ボディに広角24mmから望遠200mmまでをカバーする高倍率ズームレンズを搭載しているのは魅力的ですね。ただ、レンズが大分暗くなってしまったのは残念です。


Link » DSC-RX100M6 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー


Related Post » Sony、ミラーレス一眼カメラ『α6500』とハイエンドコンパクトカメラ『RX100 V』を発表

June 6, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 43 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air