The Blue Bottle Craft of Coffee – ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー

The Blue Bottle Craft of Coffee - ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー

先日三軒茶屋にもオープンしたブルーボトルコーヒーによるコーヒー本『The Blue Bottle Craft of Coffee』の日本語翻訳版が発売。コーヒー豆の栽培、焙煎、抽出方法、店で販売しているデザートのレシピが素晴らしい写真やイラストと共に解説されていて、様々な写真から店の雰囲気を楽しむことができますよ。

Link » The Blue Bottle Craft of Coffee – ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー


Related Post » The Blue Bottle Craft of Coffee

October 30, 2017 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , | No Response »


 

LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略

LIFE SHIFT - 100年時代の人生戦略

今年最初のエントリーでも紹介した、イギリスの経営学者と経済学者のコンビによる、誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くかをテーマにした『LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略』。人生が短かった時代の「教育→仕事→引退」という3ステージの画一的な生き方は時代遅れになり、これからは生涯に2つ、3つのキャリアを持つマルチステージの人生が普通になっていきます。そんな長寿化時代にどのように働き方、生き方を変えていくべきかのヒントをもらえる一冊です。

寿命が延びて引退年齢が70~80歳になり、テクノロジーの進歩によってスキルや知識が時代遅れになったりする結果、キャリアの初期に身につけた専門技能を頼りに長い人生を生き抜くのは難しくなります。マルチステージ化する長い人生を生きていくために必要なのは「変身」のためのスキルです。キャリアだけでなく、ライフスタイルや人間関係など、柔軟性を持って新しい選択肢を模索し、自らを再創造していくことが重要になってきます。会社員であっても、余暇時間を使って新しいスキルや知識を身に付けたり、趣味や好きなことで副業や複業したり、異業種とネットワークを築いてプロジェクトを始めてみたりと、「変身資産」を築くために投資を続けていくことが重要です。

世界に先駆けて超高齢化社会に突入している日本は、あらゆることがボクらの親世代の常識とは大きく変わり始めています。すでに終身雇用は当たり前ではなくなり、年金制度は崩壊し、急激な高齢化により医療費などの社会保障費は膨張して国の財政は悪化し続けています。政府の対応を期待して待っているのではなく、個人で早急に変化しなければなりません。ハイリスクな20世紀型のライフプランから脱却し、若いうちから人生をデザインして定期的にアップデートしていきましょう。

Link » LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略

Link » LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略(Kindle版)


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ 2017

October 16, 2017 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , | No Response »


 

Escape – Gray Malin

Escape - Gray Malin

夏も終わり肌寒くなってきましたが、ロサンゼルスを拠点に活躍するフォトグラファー『Gray Malin(グレイ・マリン)』による、世界の素晴らしいリゾート地を空撮した写真集が発売。アスペンの雪山やナミビアの砂漠、ボラボラ島やニューヨークなど、彼らしいカラフルでグラフィカルな写真が収録されています。Instagramも眺めているだけで癒されるので是非チェックしてみてください。

Link » Escape – Gray Malin


Related Post » Gray Malin – Beaches

October 4, 2017 | Categories » Art - Design | Tags » , , | No Response »


 

所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を作りました

Instrumental Things eBook Edition

所有物をひたすら掲載していくウェブサイト『Instrumental™ Things』を、加筆して再編集した電子書籍を作りました。東日本大震災をきっかけに本格的にモノを減らし始め、その翌年に発売された高城剛氏の著書「Life Packing」を読んで以来、いずれ自分も所有するモノをリスト化したいと考えていました。そしてウェブサイトを立ち上げて少しづつ更新を始めてから約1年が経ち、ここで一旦区切りをつけようと思って電子書籍にまとめてみました。

ボクは所有している写真や音楽、映像や書籍は全てデジタル化してあり、自宅には必要最低限のモノと、ベッドや洗濯乾燥機などの快適に生活するために最低限必要な家具と家電しか置いていません。さらに近年はあらゆるモノにおいて簡単に持ち運べて、そのまま旅先に持ち出せるモノだけを持つようになったため、所有物はサーフボードとスノーボードを収納するバッグを除けばスーツケース2個に収まります。

数年前からモノを所有することよりも、情報や知識、体験や経験などへと消費がすっかりシフトしましたが、所有するモノに限らず口に入れるモノや摂取する情報など、自分に関わる様々な無駄をそぎ落としたいと思っています。そうすることで新しい時代の感性や考え方が生まれてくるんじゃないかと感じるからです。

あらゆるモノがデジタル化に向かう現代は、所有するモノと数によってその人が見えてくる時代です。ここに掲載しているモノは、東京で働くいちクリエイターのリアルな生活必需品であり、選りすぐりの愛用品一覧です。ここ数年21世紀の新しいシンプルライフを探求していく中で、ようやく自分にとってのラグジュアリーがわかってきましたが、この所有物リストを通じてアーバニズムを再定義したいと思います。

noteから購入できますので、是非読んでみてください。

Link » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を作りました | Masaya™ | note



Related Post » 所有物をひたすら掲載していくウェブサイト『Instrumental™ Things』を作成しました

September 8, 2017 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

不老超寿 – 高城剛

不老超寿 - 高城剛

健康オタクの高城センセが世界中の医療機関と研究機関をまわり、最先端の検査を数百万円をかけて受診し、テクノロジーによる医療の最前線をまとめた一冊『不老超寿』が発売。ボク自身は毎年の健康診断結果はオールAの健康体なんですが、心身の健康は追求していきたいのでかなり楽しみですね。早速ポチりました。

1990年代以降のパソコンとインターネットの普及は、私たちの仕事の方法を抜本的に変えた。
2010年代のスマートフォンの登場と普及は、私たちの日々の行動を大きく変えた。
そしていま、テクノロジーの進化は、私たちの心身の健康、生命のあり方そのものを根本から変えようとしている。

今後10年間で、マイクロソフトやグーグルといったIT業界の巨人たちが、Aiを駆使して最先端医療の世界に急接近し、医療・健康の世界は根本的に変わることが予測される。

人類は、死ななくなるのか?
戦わずして、がんに勝つことができるのか?
ボケ老人から超人へ変身できるのか?
そして、誰もが今日を楽しく生きるために、脳内の「幸せ」を可視化し、幸福をデザインできるのか?

「不老超寿」。

アンチエイジングを越えたハイパーエイジングのはじまりです。

Link » 不老超寿 – 高城剛

Link » 不老超寿 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 – 高城剛

August 2, 2017 | Categories » Entertainment, Recommend, Technology | Tags » , , | No Response »


 

成功者たちの読書習慣

Bill Gates

ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、イーロン・マスクなど、読書を重視している世界の成功者たち8人が、どうやって生活の中に読書を取り入れているかが紹介されています。ちなみにボクはどんなに仕事が忙しくても、毎朝の通勤電車のわずかな時間はiPhoneで読書に充てています。様々な情報や知識を得られるのはもちろんですが、自分とは違う視点や価値観に出会うことで、新しい考え方やアイデアが生まれたりするので読書は欠かせませんね。

成功者たちは、読書を重視している。ある面では、成功の一因となっていると考えている。
若き日のイーロン・マスク氏は、毎日10時間、本を読んでいた。このところビル・ゲイツ氏は毎週1冊、新刊を読んでいる。
成功者たちが、どのように生活の中に読書を取り入れているのか紹介しよう。

Link » 著名な成功者8人が強調する「読書のパワー」 | BUSINESS INSIDER JAPAN


Related Post » 時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人 – Smartcuts

August 2, 2017 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , | No Response »


 

愛用キッチンツール

My Kitchen Tool 2017

ここ数年友人の影響でそれなりの料理を作れるようになりたいと思い、いくつかのキッチンツールを揃えて料理を楽しんでいましたが、今年に入ってから食生活とライフスタイルを改めて考え直して大幅にシンプルでコンパクトにしました。東京には美味しい料理が食べられるカフェやレストランがそこら中にあるため、自宅では朝食以外を自炊することは少ないし、近所の24時間営業のスーパーマーケットに行けば、食材はもちろん惣菜も買うことができます。ボクは一人暮らしなので、自宅では極力手間と時間をかけずにシンプルで健康的な料理を食べるのが目的のため、必要最低限のキッチンツールがあれば十分ですね。ということで今回は、ボクの毎日の生活に欠かせないキッチンツールを紹介します。以前にポストした現在愛用しているコーヒーアイテムと合わせてチェックしてみてください。

Read More »


Related Post » Snow Peak チタンダブルマグ 450

July 31, 2017 | Categories » Column, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

世界のシティ・ガイド CITIX60 バルセロナ

世界のシティ・ガイド CITIX60 バルセロナ

少し早めに夏期休暇を利用してこれからバルセロナに遊びに行ってきます。都市を色々と見て回って美味しい食事をするのはもちろんですが、イビサ島やフォルメンテーラ島まで足を伸ばして、キレイなビーチで読書をしたり、ドローンを飛ばして遊びたいと思っています。というわけでINSTの更新も1週間ほどお休みしますのでよろしくお願いします。旅の様子はTwitterInstagramの方で発信しますのでフォローはお気軽に。

バルセロナへ行くにあたって、今回も世界のクリエティブシーンをリードする都市のガイドブックシリーズ『CITIX60』を購入しました。現地に暮らすクリエイター60人が、「有名スポット&建築」「文化施設&アート・スペース」「マーケット&ショップ」「レストラン&カフェ」「ナイトライフ」の5章に分けて60の見どころを紹介します。クリエイター ならではの視点で選ばれた、おすすめスポットが満載。いわゆる観光地めぐりだけでは物足りない、という人にピッタリです。もちろん高城センセによる旅行ガイドブックシリーズ「NEXTRAVELER Vol.2 バルセロナ」もデジタル化してiPhoneとiPadに入れてあります。

Link » 世界のシティ・ガイド CITIX60 バルセロナ


Related Post » 世界のシティ・ガイド CITIX60 ロサンゼルス

June 23, 2017 | Categories » Entertainment, Recommend, Travel | Tags » , | No Response »


 

DJI、ドローン空撮写真集『Above The World – ドローンから見た世界』を発売

Above The World - ドローンから見た世界

DJIが、世界の絶景の数々を収録したドローンによる空撮写真集『Above The World – ドローンから見た世界』を発売。著名なプロの空撮写真家の作品やインタビューをはじめ、同社が運営する空撮写真と映像のコミュニティーサイト「SkyPixel」に投稿されたアマチュア写真家による作品も掲載。以前にDJIの設立10周年を記念した同名のドローン空撮写真集が発売されましたが、内容は異なるようです。

Link » Above The World – ドローンから見た世界


Related Post » DJI、ドローン空撮写真集『Above The World』を発表

June 21, 2017 | Categories » Art - Design, Technology | Tags » , , , | No Response »


 

多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛

多動日記(一)健康と平和 - 欧州編 - 高城剛

高城センセの新刊『多動日記(一)健康と平和 – 欧州編』が発売。初の旅行記ということですが、街の雰囲気や人々の様子などの描写は少なめで、日々旅を続ける中で考えたことが訪れた場所と日付に紐付けて語られたエッセイのような一冊です。メルマガや書籍を読んでいるボクにとっては目新しい情報はあまりなかったんですが、氏の独自の視点や発想がどのように生まれているのかが垣間見えておもしろかったです。タイトルにもなっている「多動症」の特徴について触れられているんですが、自分も完全に軽度の「多動症」なんじゃないかと少し複雑な気分になりました(汗)。メルマガの最新号で、アゴタ・クリストフの「悪童日記」の双子のように、身体を持つ自分と、脳の中のもうひとりの自分の話を書いたと言っていたので、タイトルはそれにかけているようですね。サブタイトルはトルストイの「戦争と平和」でしょうか。最後に「アジア編に続く」とあったので、今から続編が気になって仕方がありません。

それにしても日々考えたことを場所と日付に紐付けてアーカイブしておくのはおもしろいですね。これを機にボクも実践していきたいと思います。

Link » 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛』Kindle版が発売

June 5, 2017 | Categories » Entertainment, Recommend, Travel | Tags » , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 19 Next »

 
Instrumental™ Things 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

Instrumental™ Things

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark