分断した世界 逆転するグローバリズムの行方 – 高城剛

分断した世界 逆転するグローバリズムの行方 - 高城剛

高城剛氏の最新刊『分断した世界 逆転するグローバリズムの行方』を読みました。ベルリンの壁が崩壊して世界が一つになった1989年から、英国がEUを離脱して世界が30年ぶりに分断の時代を迎える2019年までを、氏が独自の視点で書いた一冊です。 ここ数年、行き過ぎた資本主義とグローバリゼーションへの反動が様々な国や地域でどんどん大きくなっていますが、実際に世界中を回って分断を肌で感じている高城センセならではの内容になっていて読み応えがありました。

興味深かったのが、これまで新しいメディアが登場して普及することによって、バブルが巻き起こり崩壊するという氏の解釈です。世界恐慌、ニクソンショック、ブラックマンデー、インターネットバブル、サブプライムと、バブルとその破綻は情報の爆発によって引き起こされるとすれば、スマートフォンと高速ワイヤレス回線によるバブル崩壊が必ず起きるという仮説は説得力がありましたね。人々は魔法の機械を入手すると、全く知らない世界の情報を簡単に手にするようになり、どうにか一儲けできないかと欲が湧いて悪巧みを考えてしまうと。歴史はまた繰り返されてしまうんでしょうか。

そして、2020年から2049年まで、30年後に世界は再び一つになるという未来予測を、氏の独自解釈で書き上げた後編が今秋発売されるそうなのでそちらも楽しみです。


Link » 分断した世界 – 高城剛

Link » 分断した世界 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 – 高城剛

May 14, 2018 | Categories » Entertainment, Recommend | Tags » , , , | No Response »


 

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

ハーバード大学を経てUCLA助教授として活動する医師の著者が、エビデンスに基づいた本当に健康になれる食事を紹介した一冊『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』。

内容をシンプルにまとめると、白米やパンなどの精製された白い炭水化物、牛肉と豚肉、フルーツジュース、バターは健康に悪いので減らして、玄米や全粒粉などの精製されていない茶色い炭水化物、魚、野菜と果物、オリーブオイル、ナッツ類を増やしましょうというもの。先週末クアラルンプールへのフライト中に読んでいたんですが、おかげで次の日のホテルの朝食はサラダとフルーツとナッツになりました(笑)。

健康オタクにとってはすでに知っている内容が多かったんですが、本書では白米と砂糖はほぼ同じで、白米を食べるのも甘いお菓子を食べるのも体にとっては似たようなものとまで書かれていてビックリしました。近年は炊飯器を自宅とモバイル用で2台使いして、基本的に毎日朝は玄米と味噌汁、昼は玄米とちょっとした惣菜、夜はその日の予定次第で特に決めないという玄米生活を送っていますが、ますます白米を食べたくなくなってしまいましたね。

「あなたは、あなたの食べたものでできている」ということわざがありますが、人生を豊かに楽しく生きるために、毎日の食生活を見直すいいきっかけになると思いますよ。


Link » 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

Link » 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事(Kindle版)


Related Post » 久司道夫のわかめふりかけ

April 24, 2018 | Categories » Entertainment, Life, Recommend | Tags » , , , , | No Response »


 

大麻ビジネス最前線 Green Rush in 21st Century – 高城剛

大麻ビジネス最前線 Green Rush in 21st Century – 高城剛

高城剛氏が2年をかけて、世界中の先端研究者やビジネスマン、愛好家から政治家、官僚まで、100人以上に聞いた話を題材に、大麻産業の最前線をまとめた一冊『大麻ビジネス最前線 Green Rush in 21st Century』が発売。すでにリアーナやスヌープ・ドッグ、女優のウーピー・ゴールドバーグなどのセレブ達が大麻ブランドを立ち上げていますが、これから巨大な産業へと発展していくんでしょうか。早速ポチりました。

「ダメ。ゼッタイ。」というキャッチコピーとともに、日本では大麻が厳しく規制されているが、世界に目を向けてみれば、実に多くの国々が大麻を「医療用大麻」として合法化・非犯罪化している。
大麻に含まれる成分が、がん、認知症、てんかんなどに効くということが、科学的なエビデンスとともに判明しつつあるのだ。
こうした事実を、常にビジネスチャンスをうかがっている投資家や事業家が見逃すはずがない。
すでにアメリカ、イギリス、カナダでは医療用大麻だけでなく、嗜好用大麻をも一大産業にしようと、急速に準備を始めている。
この動きは、現在、「グリーンラッシュ」と呼ばれている。

そして、2018年6月。
WHO(世界保健機関)が大麻に関する記述を見直すと目されている。
これを分岐点に、世界の「グリーンラッシュ」はますます世界を席巻するだろう。
かつての「ゴールドラッシュ」が世界規模で経済の流れを変え、街を作り、歴史を動かしたように。

世界の動きから取り残され、“大麻ガラパゴス”といわざるをえない日本において、どう大麻産業でビジネスの好機をつかむか。

本書はおよそ2年をかけて、世界中の先端研究者やビジネスマン、愛好家から政治家・官僚まで、100人以上にうかがった話を題材としている。
海外の学会やコンベンションに参加し、自ら先端科学の知見を蓄えてきたつもりだが、本書に興味を持った日本の出版社は皆無であり、その理由も不明なままだった。
これが、日本の現状を物語っており、また、大麻に限らず、日本に閉塞感が漂う原因のひとつだと考えざるをえない。

不透明な密室で多くの物事が決められる日本に、果たして透明化する日が来るのだろうか?
その試験紙のように、僕は日本の大麻産業の行方を見ている。



Link » 大麻ビジネス最前線 Green Rush in 21st Century – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 20世紀デザインヒストリー

April 23, 2018 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , , | No Response »


 

1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣

1440分の使い方 - 成功者たちの時間管理15の秘訣

7人の億万長者、239人の起業家、13人のオリンピック選手、29人のオールAの学生、合計288人への取材から導き出された、「1440分」という一日を生産的に過ごすための15の秘訣を紹介した一冊『1440分の使い方』。一日の中で最も生産的な時間帯である朝の過ごし方、先延ばし癖を克服する方法、メモはパソコンではなく手書きでとる、エネルギーと集中力を最大化する方法など、時間管理と生産性を向上させる成功者共通の日常習慣を、具体的なノウハウとともに解説しています。

その中でも一番印象的だったのが「ToDoリストをやめる」というもので、タスクはやる時間を決めてきちんとスケジュールに入れることで達成確率が上がるそうです。結局人はいつやるかが決まらないと先延ばしし続けるということでしょうね。さらに予定を立てるだけでも、放置している未完了タスクのストレスから解放され、認知能力が高まるとのことで、実際にタスクをそのものを終わらせる必要はないというのはさすがにビックリしました(笑)。

巻末には付録として、世界の偉人や有名人による「時間管理の名言ベスト110」が掲載されていて、この部分を読むだけでも間違いなく時間意識が高まると思いますね。時間は誰にでも平等にある最も貴重かつ最も希少な資源ということを、改めて気付かせてくれるオススメの一冊です。


Link » 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣

Link » 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣(Kindle版)


Related Post » 「幸せをお金で買う」5つの授業 – HAPPY MONEY

March 27, 2018 | Categories » Entertainment, Recommend | Tags » , , | No Response »


 

半年だけ働く。

半年だけ働く。

半年仕事をして、残りの半年は自由を謳歌する働き方を10年以上実践してきた、ITコンサルタントの著者による独立指南本『半年だけ働く。』。日本で働く一般的なサラリーマンであれば、まとまった休みが取れるのは夏期休暇と年末年始くらいですが、著者はフリーランスになって時間単価を2倍に上げることで労働時間を半分にし、残りの時間で世界中を飛び回って大好きなサッカー日本代表の観戦と観光を楽しんでいます。

本書にはフリーランスの働き方に関する具体的で実践的な内容が紹介されていて、こんなライフスタイルを目指したり、実際に独立するかどうかは別としても、参考になるところは多いと思います。もちろん誰もが本書に紹介されているような働き方を実現できるわけではないと思いますが、専門性のあるスキルを持つクリエイティブ・クラスに分類される職業の人は、著者のように働き方をドラスティックに改革して、QOLをデザインしてみるのもいいと思いますね。

そして興味深かったのが、著者はスーツケースに入らないモノは一切買わないという筋金入りミニマリストで、独立してから同じ拠点に半年以上定住したことがなく、マンスリーマンションを転々とする生活を10年以上続けているそうです。そんな著者が「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルにおいて、何をどのように捨ててきたかが一章を割いて紹介されているので、ミニマリストやシンプルライフに興味がある人にもオススメですよ。


Link » 半年だけ働く。

Link » 半年だけ働く。(Kindle版)


Related Post » NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 – 高城剛

February 19, 2018 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Travel | Tags » , , , , | No Response »


 

所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』をアップデートしました

Instrumental Things eBook Edition

所有物をひたすら掲載していくウェブサイト『Instrumental™ Things』を、加筆して再編集した電子書籍をアップデートしました。9月にリリースした後に購入した最新ガジェットなどを反映した内容になっています。すでに購入されている方は再度ダウンロードをお願いします。まだ購入されていない方も、これを機に是非読んでみてください。


Link » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』をアップデートしました |
m_s_y | note


Related Post » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を作りました

December 25, 2017 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

世界のカリスマたちのメッセージを1分で紹介する『1分間人物シリーズ』Kindle版が今なら50%オフ以上

1分間スティーブ・ジョブズ - 人生に革命を起こす77の原則

アマゾンが、サイバーマンデーセールに先駆けてKindleストアで大規模な50%オフ以上セールを開始。セール対象の中には、スティーブ・ジョブズ、ジェフ・ベゾス、ウォーレン・バフェットなどの世界のカリスマたちのメッセージを1分で紹介する『1分間人物シリーズ』のKindle版がありました。本書は1エピソードごとがコンパクトにまとめられていて、通勤中の電車やちょっとしたスキマ時間にサクッと読めるので、気になる人物の入門書としてオススメです。今なら全シリーズ400円程度で販売されているので、是非この機会にチェックしてみてください。


Link » 1分間スティーブ・ジョブズ – 人生に革命を起こす77の原則(Kindle版)

Link » 1分間人物シリーズ


Related Post » スティーブ・ジョブズ公式伝記を映画化した『スティーブ・ジョブズ』予告編

December 6, 2017 | Categories » Entertainment, Recommend | Tags » , , , , | No Response »


 

The Blue Bottle Craft of Coffee – ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー

The Blue Bottle Craft of Coffee - ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー

先日三軒茶屋にもオープンしたブルーボトルコーヒーによるコーヒー本『The Blue Bottle Craft of Coffee』の日本語翻訳版が発売。コーヒー豆の栽培、焙煎、抽出方法、店で販売しているデザートのレシピが素晴らしい写真やイラストと共に解説されていて、様々な写真から店の雰囲気を楽しむことができますよ。


Link » The Blue Bottle Craft of Coffee – ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー


Related Post » The Blue Bottle Craft of Coffee

October 30, 2017 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , | No Response »


 

LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略

LIFE SHIFT - 100年時代の人生戦略

今年最初のポストでも紹介した、イギリスの経営学者と経済学者のコンビによる、誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くかをテーマにした『LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略』。人生が短かった時代の「教育→仕事→引退」という3ステージの画一的な生き方は時代遅れになり、これからは生涯に2つ、3つのキャリアを持つマルチステージの人生が普通になっていきます。そんな長寿化時代にどのように働き方、生き方を変えていくべきかのヒントをもらえる一冊です。

寿命が延びて引退年齢が70~80歳になり、テクノロジーの進歩によってスキルや知識が時代遅れになったりする結果、キャリアの初期に身につけた専門技能を頼りに長い人生を生き抜くのは難しくなります。マルチステージ化する長い人生を生きていくために必要なのは「変身」のためのスキルです。キャリアだけでなく、ライフスタイルや人間関係など、柔軟性を持って新しい選択肢を模索し、自らを再創造していくことが重要になってきます。会社員であっても、余暇時間を使って新しいスキルや知識を身に付けたり、趣味や好きなことで副業や複業したり、異業種とネットワークを築いてプロジェクトを始めてみたりと、「変身資産」を築くために投資を続けていくことが重要です。

世界に先駆けて超高齢化社会に突入している日本は、あらゆることがボクらの親世代の常識とは大きく変わり始めています。すでに終身雇用は当たり前ではなくなり、年金制度は崩壊し、急激な高齢化により医療費などの社会保障費は膨張して国の財政は悪化し続けています。政府の対応を期待して待っているのではなく、個人で早急に変化しなければなりません。ハイリスクな20世紀型のライフプランから脱却し、若いうちから人生をデザインして定期的にアップデートしていきましょう。


Link » LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略

Link » LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略(Kindle版)


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ 2017

October 16, 2017 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , | No Response »


 

Escape – Gray Malin

Escape - Gray Malin

夏も終わり肌寒くなってきましたが、ロサンゼルスを拠点に活躍するフォトグラファー『Gray Malin(グレイ・マリン)』による、世界の素晴らしいリゾート地を空撮した写真集が発売。アスペンの雪山やナミビアの砂漠、ボラボラ島やニューヨークなど、彼らしいカラフルでグラフィカルな写真が収録されています。Instagramも眺めているだけで癒されるので是非チェックしてみてください。


Link » Escape – Gray Malin


Related Post » Gray Malin – Beaches

October 4, 2017 | Categories » Art - Design | Tags » , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 20 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air