透明スピーカー『Transparent Speaker』

People People Transparent Speaker

ワイアードの最新号で紹介されていた、透明なパワードスピーカー『Transparent Speaker』。前面パネルにはボリューム、低音、高音を調整するノブ、AUX入力を搭載。背面には電源ケーブル、電力出力用のUSBコネクタ、AUX入力、「Apple AirPort Express」を内蔵させるためのスロットを搭載。これならどんな空間にも溶け込みそうですね。価格は700ユーロ。日本にも配送してくれるようです。

Link » People People Transparent Speaker


Related Post » AirPlay

February 15, 2016 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Mac用高音質ミュージックプレーヤー『Audirvana Plus』

Audirvana Plus 2

以前に紹介したMac用高音質ミュージックプレーヤー『Audirvana Plus』ですが、現在はバージョンアップされて直接ライブラリを管理できるようになり、iOS用リモートアプリも用意されてより使いやすく進化しました。ボクはMacBook Proで音楽を聴く場合、今までどおりiTunesと連携させてアンプ風インターフェースで再生し、「Apogee Duet」にジェネレックのパワードスピーカー「6010A」を繋いで楽しんでいます。AACやMP3といった圧縮音源でも、iTunesで再生するよりも明らかにクリアで臨場感豊かなサウンドに変化しますよ。こうしたシステムで音楽を聴いていると、もはやプリアンプは完全にアプリ化されたと感じますね。15日間まで試用することができるので是非試してみてください。

Link » Audirvana Plus | The Sound of your Dreams

Link » A+ Remote


Related Post » オープンソースのMac用高音質ミュージックプレーヤー『Audirvana』

February 10, 2016 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Belden PS1850 電源タップ

Belden PS1850

以前に愛用オーディオシステムでも紹介した、ベルデンのロングセラー電源タップ『PS1850』。アース付きの3Pコネクターを5口、端部にはアースを外部にとるための端子が付属。剛性とシールド製に優れたメタルケースを採用していて、飾りの無いデザインにハンマートーン塗装の仕上げが無骨でカッコいい。今まで色々な電源タップやオーディオケーブルを試してきましたが、現在はクセのない音質のベルデン製で揃えています。リーズナブルなのもうれしいですね。電源ケーブルが直出しになっているモデルもありますよ。

Link » Belden PS1850

Link » Belden PS1650 MK2


Related Post » 愛用オーディオシステム 2013 – リスニング篇

February 10, 2016 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , | No Response »


 

AudioQuest Carbon USBケーブル

AudioQuest Carbon USB

今までに何度か紹介している、高音質なUSBケーブル『AudioQuest Carbon』。近年MacBookと「Apogee Duet for iPad & Mac」の接続などに愛用しています。USBケーブルによるオーディオデータのデジタル伝送でも、ジッターによる音のブレで音質は変わります。

Link » AudioQuest Carbon USBケーブル 0.75m タイプA to B

Link » AudioQuest Carbon USBケーブル 0.75m タイプA to MiniB


Related Post » Apogee Duet for iPad & Mac

February 9, 2016 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

RME Babyface Pro

RME Babyface Pro

高城センセが先日のメルマガで紹介していた、192kHzに対応したUSBバスパワー駆動が可能なオーディオインターフェイス『RME Babyface Pro』。前モデル同様に中心に大きなエンコーダーを配置し、全ての機能に素早く直感的にアクセスが可能なレイアウトになっています。メイン入出力にモノラル2系統のXLRバランス入出力、ライン入力、MIDI入出力、オプティカル入出力、ヘッドフォン出力には標準プラグとミニジャックの2系統を搭載。さらに電源アダプターを接続すれば、パソコンを使わずにスタンドアローンのAD/DAコンバーターとしても使用可能なので、様々な機器を接続して音楽を楽しむことができます。専用ハードケースが付属するのもうれしい。現在ボクは「Apogee Duet」を愛用していますが、これはかなり気になりますね。

Link » RME Babyface Pro


Related Post » Apogee Duet for iPad & Mac

February 9, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

Beats Pill+

Beats Pill+

『Beats by Dre』のBluetoothスピーカーの新モデル『Beats Pill+』が日本のアップルストアでも販売開始。スピーカーフォンを内蔵しているのでスマートフォンの通話にも使うことができ、給電機能でiPhoneなどのデバイスの充電が可能です。さらに一般的なマイクロUSBコネクタではなくLightningコネクタで充電できるようになっていたりと、アップルに買収された影響が現れているようですね。

Link » Beats Pill+


Related Post » 『Beats by Dr. Dre』からカプセル薬型Bluetooth スピーカー『Beats Pill』

January 19, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Parrot Zik 3

Parrot Zik 3

『Parrot』から、『Philippe Starck(フィリップ・スタルク)』がデザインしたBluetoothヘッドフォンの新モデル『Zik 3』が登場。前モデルからのハウジングの表面のタッチセンサーを使ってのコントロールや、ノイズキャンセリング機能などを継承しつつ、新たにPCやMacとのUSB接続でのデジタル再生、ワイヤレス充電、Apple WatchとAndroid Wearに対応。もちろんBluetooth接続に対応していない機器も3.5mmステレオミニプラグを使って接続することができます。価格は46,800円で、2016年1月27日発売予定。デザインがスタイリッシュ過ぎて好みじゃありませんが、順当な進化を遂げていますね。

Link » Parrot Zik 3, Wireless everything


Related Post » Parrot Zik Design by Starck

January 18, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

ワイヤレスインイヤーヘッドフォン型フィットネストラッカー『Misfit Specter』

Misfit Specter

ワイヤレスインイヤーヘッドフォン型フィットネストラッカー『Misfit Specter』が登場。消費カロリー、移動距離、歩数、睡眠時間や品質をトラッキングすることが可能で、さらにアプリと連携することで様々なボタンの機能を設定できます。詳細はまだ明らかにされていませんが、2016年内に発売予定とのことです。

Link » Misfit Specter | Wireless In-Ear Headphones


Related Post » コイン大の完全防水フィットネストラッカーにエントリーモデル『Misfit Flash』

January 18, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , , | No Response »


 

ポータブルUSBターンテーブル『ION AUDIO Mobile LP』

ION Audio Mobile LP

内蔵スピーカーを搭載したバッテリー駆動のポータブルUSBターンテーブル『ION Audio Mobile LP』。12インチレコードジャケットサイズで手軽に持ち運ぶことができ、場所を選ばずどこでもアナログレコードを聴くことができます。±10%のピッチ調整機能、ヘッドフォン端子、RCAアナログ出力端子を搭載。さらにUSBケーブルでMacやPC、iOSデバイスと接続して簡単に音楽をデジタル化することも可能。今はもう大げさなオーディオシステムなんて時代遅れだし、アナログレコードを手軽に楽しむならこれで十分ですね。

Link » ION Audio Mobile LP


Related Post » Incase Audio

January 7, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

アナログターンテーブル『Technics SL-1200』シリーズ復活

Technics SL-1200GAE

パナソニックがラスベガスで開催中の「CES 2016」で、アナログターンテーブル『Technics SL-1200GAE/1200G』を発表。50周年記念の上位モデル『SL-1200GAE』は1,200台限定で2016年夏に発売。冬には通常モデル『SL-1200G』を発売予定。価格はどちらも4,000ドルほどだそう。同シリーズは数年前に生産終了してしまっていたので、これはうれしいニュースですね。ボクは学生の頃に買った2台の「Technics SL-1200MK3」を今だに所有していますが、全くのノーメンテにも関わらず、壊れるどころか調子が悪くなったことすらありません。どうにかできないかと思っているんですけど、思い入れがあるのでなかなか難しいですね。

Link » Technics Redefines the Direct-Drive Turntable with the Launch of… – Panasonic UK News


Related Post » アナログターンテーブル『Technics SL-1200』シリーズ生産完了

January 7, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 23 Next »

 
Instrumental™ Things 不老超寿 – 高城剛 LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略 DJI Spark

Instrumental™ Things

不老超寿 – 高城剛

LIFE SHIFT
– 100年時代の人生戦略

DJI Spark