「AirPods」を3.5mmイヤホンジャックで使えるようにする『Twelve South AirFly Pro』

Twelve South AirFly Pro

『Twelve South』から「AirPods」などのBluetoothワイヤレスイヤフォンを、3.5mmイヤホンジャックを搭載したデバイスで使えるようにする『AirFly』に上位モデルとなる『Pro』が登場。

Bluetoothワイヤレスイヤフォンとペアリングした『AirFly Pro』を3.5mmイヤホンジャックに接続するだけで、Bluetooth接続に対応していないテレビや機内のエンターテイメントシステムなどの音声を、最大2台のBluetoothワイヤレスイヤフォンで楽しむことが可能になります。本体の充電はUSB-Cで行い、バッテリー駆動時間は16時間と十分。さらにスイッチを切り替えることで、自動車などのAUX入力にスマートフォンなどからオーディオを送信することもできます。

フルワイヤレスイヤフォンの快適さに慣れてしまうと有線タイプに戻れなくなるので、これは便利ですね。旅先の機内やレンタカーはもちろん、普段のカーシェアリングを利用する場合にも重宝しそうです。


Link » Twelve South AirFly Pro


Related Post » 「AirPods」を3.5mmイヤホンジャックで使えるようにする『Twelve South AirFly』

November 15, 2019 | Categories » Recommend, Technology, Travel | Tags » , , , , | No Response »


 

ガジェットのカスタムペイント『ColorWare』がアップル製ワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』に対応

Colorware Custom Apple AirPods Pro

ガジェットのカスタムペイントでお馴染みの『ColorWare』が、アップル製ワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』のカスタムペイントをスタート。

選べる色のバリエーションは全64色で、光沢仕上げとマット仕上げを選ぶことが可能。本体込みの価格は389ドルからで、充電ケースも塗装すると439ドル。どうせならシリコンイヤーチップのカラーバリエーションも用意して欲しかったですね。


Link » Apple AirPods Pro | Custom | Colorware


Related Post » ガジェットのカスタムペイント『ColorWare』がアップル製ワイヤレスイヤフォン『AirPods』に対応

November 15, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Apple、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表

Apple AirPods Pro

Appleがアクティブノイズキャンセリングを搭載したフルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表。シリコンイヤーチップを採用したインイヤータイプになって遮音性とフィット感が高まり、IPX4等級の防水機能を備えたので汗や雨も気にせずに使えるようになりました。

また、周囲の音を聞きとりやすくする外部音取り込みモードを搭載し、iPhoneからコンントロールするかイヤフォンの底を指先でつまむことで、アクティブノイズキャンセリングと切り替えることができます。バッテリー駆動時間は連続再生で4.5時間、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は5時間で、充電ケースを併用することで24時間連続再生が可能。充電ケースはワイヤレス充電の規格「Qi」と、Lightningコネクタを使った充電に対応しています。

価格は27,800円と通常モデルより高くなりましたが、あらゆる面で大幅に進化したことを考えれば納得ですかね。初代を購入した人はバッテリーがヘタってきていると思うので、アップデートには良いタイミングだと思います。早速ポチりました。


Link » AirPods Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、左右独立ワイヤレスBluetoothイヤフォン『AirPods』を発表

October 30, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , | No Response »


 

Bose、超小型スピーカー内蔵サングラス『Frames Alto』を発売

Bose Frames Alto

Boseが、超小型スピーカーを内蔵したサングラス『Frames Alto』日本でも発売。通話が可能なマイクとコントロールボタンを搭載し、スマートフォンとBluetooth接続して音楽再生などの操作や通話応答、SiriやGoogleアシスタントの操作が可能。

肝心の音質はもちろん、音漏れや周囲の騒音が気になるところですが、バッテリー駆動時間は連続再生で3.5時間、スタンバイ状態で12時間と十分な性能なので、ヘッドセットとしてや気軽に音楽を楽しむには便利かもしれませんね。


Link » Bose Frames Alto


Related Post » Bose Companion 20

October 16, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

『Devialet』のコンパクトなワイヤレススピーカー『Phantom Reactor』にマットブラックモデルが登場

Devialet Phantom Reactor Matte Black

フランスのオーディオメーカー『Devialet(デヴィアレ)』のコンパクトなワイヤレススピーカー『Phantom Reactor』にマットブラックモデルが登場。直径20センチほどの曲線的な美しいデザインは変わらずですが、マットブラックになるだけで一気に業務用スピーカーのような無骨な雰囲気になりますね。

昨年末からオリジナルのホワイトモデルを自宅のメインスピーカーとして愛用していますが、コンパクトで美しいデザインに驚くほどのハイスペックが詰め込まれていて本当に素晴らしいですね。こんな超高音質なスピーカーがバッグで一つで持ち運べるなんて本当に良い時代になりました。


Link » Devialet Phantom Reactor 600 Matte Black

Link » Devialet Phantom Reactor 900 Matte Black


Related Post » 『Devialet』のワイヤレススピーカーにコンパクトモデル『Phantom Reactor』が登場

October 11, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , | No Response »


 

Amazon、音声アシスタント「Alexa」搭載完全ワイヤレスイヤホン『Echo Buds』を発表

Amazon Echo Buds

アマゾンが、音声アシスタント「Alexa」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン『Echo Buds』を発表。Boseのアクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、タッチ操作でノイズキャンセリング機能をオンオフしたり、長押しすることで接続しているスマートフォンに搭載されている音声アシスタントを使うこともできます。

バッテリー駆動時間は連続再生で5時間、充電ケースを併用することで20時間連続再生が可能。さらにIPX4等級の防水性を備えているので様々なスポーツやトレーニングに最適です。

価格は129ドルで、現時点で日本での発売は未定。これは競合と比較して価格を含めてかなりの破壊力を持っていますね。


Link » Amazon Echo Buds


Related Post » Amazon、音声アシスタント「Alexa」搭載車載用デバイス『Echo Auto』を発表

September 30, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Sony、スタジオモニターヘッドフォンの銘機「MDR-CD900ST」の後継機『MDR-M1ST』を発売

Sony MDR-M1ST

ソニーから30年の時を経て、スタジオモニターヘッドフォンの銘機「MDR-CD900ST」の後継機『MDR-M1ST』が発売。ヘッドバンドやイヤーパッドのクッションが分厚くなり、新たにハイレゾ音源にも対応したスペックになり、ました。肝心の音質もウェブにアップされているレビューを見る限り、しっかりプロ向けに仕上がってるようですね。

価格は31,500円。ボクは長年「MDR-CD900ST」のカナルタイプである「MDR-EX800ST」を愛用していますが、これは是非試してみたいですね。


Link » Sony MDR-M1ST


Related Post » Sony、スタジオモニターヘッドフォンの銘機「MDR-CD900ST」のカナルタイプ『MDR-EX800ST』を発売

September 2, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2019

My EDC 2019

ボクは日常的に手ぶらで生活していて、会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらです。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。会社から帰る時にも周りにバレずにフラッと帰ることができるし、思いつくままに街をブラブラすることもできます。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。
ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

June 26, 2019 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

『Bang & Olufsen』のワイヤレス充電に対応したフルワイヤレスイヤフォン『Beoplay E8 2.0』

Bang & Olufsen Beoplay E8 2.0

最近『Bang & Olufsen』のフルワイヤレスイヤフォン『Beoplay E8 2.0』を使い始めました。スタイリッシュで高級感のあるデザインや基本性能は前モデルから変わっていませんが、新たにIP54防塵防滴性能を備え、充電ケースがワイヤレス充電の規格「Qi」とUSB-Cでの充電に対応しました。

イヤフォン本体に搭載したタッチセンサーで通話の応答や音楽操作などが簡単にでき、肝心の音質もワイヤレスイヤフォンとは思えないクリアーで解像感の高い上質なサウンドで本当に素晴らしいですね。インイヤータイプで遮音性が高く、付属するコンプライのポリウレタン製イヤホンチップを装着すると、音楽を再生すればほとんど周囲の音は聞こえなくなるので、集中したい時にも重宝します。

専用アプリを使えばサウンドプロファイルの調整はもちろん、周囲の音を聞きとりやすくする設定が可能です。ワンタッチで切替できるのでオフィスなどで使う場合に便利ですね。装着した際のフィット感もバッチリで、汗や水に強いので様々なスポーツやトレーニングにも最適です。

これまで愛用していた「Erato Apollo 7s」もパワフルなサウンドで素晴らしかったですが、全てにおいて利便性が向上していて調子が良いのでしばらく使ってみようと思います。


Link » Bang & Olufsen Beoplay E8 2.0


Related Post » Rimowa × Bang & Olufsen Beoplay H9i

June 10, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , | No Response »


 

AirPods用レザーケース『Nomad AirPods Rugged Case』

Nomad AirPods Rugged Case

AirPodsの充電ケースを保護するレザーケース『Nomad AirPods Rugged Case』。アメリカの老舗革会社『Horween Leather』製のレザーとポリカーボネートの2ピース構造で、AirPodsを傷や汚れから守ります。

カラーバリエーションはブラックとブラウンの2色。レザーなら経年変化も味として楽しめていいですね。


Link » Nomad AirPods Rugged Case


Related Post » Apple、ワイヤレス充電に対応した新型『AirPods』を発表

June 7, 2019 | Categories » Thing | Tags » , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 26 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air