ポケットサイズで重さわずか199gの折りたたみ式ドローン『Zerotech Dobby』が日本で発売

Zerotech Dobby

ポケットサイズで重さわずか199gの折りたたみ式ドローン『Zerotech Dobby』が日本でも発売。3軸デジタルジンバルを内蔵したカメラを搭載し、1,300万画素の静止画と4K動画撮影が可能で、スマートフォンのアプリを使って簡単に操作することができます。操作可能距離はわずか100mでバッテリーの持続時間は約9分と短いですが、何より日本の航空法の規制対象外となる200g未満という重量が最大の魅力ですね。一昔前はMacとPCの2台を使い分ける必要があったように、今はドローンも「DJI Phantom」や「Parrot Bebop」のような中型機と、法規制がある地域でも飛ばせる小型機の2機を使い分ける必要があるんでしょうね。

Link » Zerotech Dobby


Related Post » ポケットサイズで重さわずか199gの折りたたみ式ドローン『Zerotech Dobby』

September 29, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

DJI、小型折りたたみ式空撮ドローン『Mavic Pro』を発表

DJI Mavic Pro

DJIが小型折りたたみ式ドローン『Mavic Pro』を発表。重量は743gで、アームとプロペラを折りたたむと高さ83mm、幅83mm、奥行き198mmとウォーターボトルほどのサイズになり、ゲームパッドのようなコントローラーとセットで非常にコンパクトに収納することができます。カメラには3軸ジンバルを搭載し、1,200万画素の静止画撮影と4K/30fpsでの動画撮影、フルHDは96fpsでの撮影が可能。最大フライト時間は約28分、操作可能距離は最大4kmでフルHDのビデオストリーミングが可能。また、搭載されたセンサーによって障害物を回避する機能や、動く被写体を認識して自動追尾する機能、ジェスチャーで写真を撮影する機能を搭載。さらにコントローラーを使わずにスマートフォンのアプリだけで操作することも可能。価格は119,800円で、現在オフィシャルストアで予約販売中。

このサイズ感なら普段使っているバッグにも余裕で収まるので、持っていくかいちいち迷うことも無くなりますね。プロ用機材のような無骨なデザインも好みです。「DJI史上最もコンパクトな最先端のフライングカメラ」だそうですが、空飛ぶカメラとして順当な進化を遂げていますね。先日GoProから発表された折りたたみ式ドローン「Karma」とどちらにするか悩ましいところですが、よりコンパクトで持ち運びに便利なこちらを手に入れて使ってみたいと思います。

Link » DJI Mavic Pro


Related Post » 小型折りたたみ式空撮ドローン『DJI Mavic Pro』を使ってみた

September 28, 2016 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

留守電をテキスト化して確認できる『スマート留守電』

スマート留守電

最近使い始めた、留守番電話のメッセージを自動でテキスト化して確認できるサービス『スマート留守電』。留守番電話サービスに電話をかけなくても、アプリを使って簡単にメッセージの内容を音声とテキストで確認することができて便利。また、メッセージはアプリだけではなくメールで確認することも可能。肝心の音声認識の精度は、完璧には程遠いですが内容は理解できるレベルといったところですね。料金はiOS版が月額360円で、Android版が月額290円。スマートフォンの普及によってすっかり電話を使う機会は減りましたが、まだまだ電話番号が必要な場面はありますからね。しばらく使ってみようと思います。

Link » 読める、聞ける、新しい留守番電話サービス「スマート留守電(スマ留守)」|ソースネクスト


Related Post » 都市生活者のためのバックパック『Aer Fit Pack』

September 23, 2016 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , | No Response »


 

手のひらサイズの最小スマートフォン『Posh Micro X S240』

Posh Micro X S240

iPhone 7 Plusがしばらく届きそうにないのでちょっと遊んでみようと、手のひらサイズの最小Androidスマートフォン『Posh Micro X S240』を、iPad mini 4とセットで使い始めました。このサイズ感はおもしろいんですが、当然カメラはおもちゃレベルだし、とにかく文字入力がしづらいため、早くも通話とメールやテキストメッセージなどの確認用になっています(笑)。iPhoneでできることはiPad miniでもできますが、パンツのポケットには入らないので手で持ち運ぶ必要があります。これが毎日となると、会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらなボクにとっては思っていた以上に面倒ですね。ポケットに入れて持ち運べるiPhoneの使い勝手の良さを再認識しました。

Link » Posh Micro X S240


Related Post » ベストガジェット 2012

September 21, 2016 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

DJI、スマートフォン用3軸手持ちジンバル『Osmo Mobile』を発表

DJI Osmo Mobile

DJIが、スマートフォンでブレのない動画が撮れる3軸手持ちジンバル『Osmo Mobile』を発表。手ブレや振動を抑えるだけでなく、ハンドルに搭載されたトリガーやジョイスティックを使ってカメラの操作が可能です。また、アプリを使ってパノラマ写真やタイムラプス動画の撮影、動いている被写体を自動で追いかけるアクティブトラック機能などを使うことが可能。すでに公式オンラインストアにて34,992円で発売開始されています。これはかなり気になりますね。

Link » DJI Osmo Mobile


Related Post » スマートフォン用3軸手持ちジンバル『DJI Osmo Mobile』にシルバーモデルが登場

September 2, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

ポケットサイズで重さわずか199gの折りたたみ式ドローン『Zerotech Dobby』

Zerotech Dobby

ポケットサイズで重さわずか199gの折りたたみ式ドローン『Zerotech Dobby』が登場。3軸デジタルジンバルを内蔵したカメラを搭載し、1,300万画素の静止画と4K動画撮影が可能で、スマートフォンのアプリを使って簡単に操作することができます。操作可能距離はわずか100mでバッテリーの持続時間は約9分と短いですが、何より日本の航空法の規制対象外となる200g未満という重量が最大の魅力ですね。秋には日本でも販売を予定しているようなので非常に楽しみです。

Link » Zerotech Dobby


Related Post » ポケットサイズで重さわずか199gの折りたたみ式ドローン『Zerotech Dobby』が日本で発売

August 9, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Amazon、『Amazon Drive』による容量無制限のクラウドストレージサービスを日本でも開始

Amazon Drive

アマゾンが、『Amazon Drive』による容量無制限のクラウドストレージサービス『Unlimitedストレージ』を日本でも開始。パソコンやスマートフォン用アプリ、またはWebブラウザから写真、ビデオ、音楽、ドキュメントなどのデータを圧縮せずにオリジナルのまま保存して、いつでもどこからでもアクセスできます。料金は年間13,800円で、3ヶ月間は無料で利用可能。これは素晴らしいですね。長年試行錯誤していた写真や映像、書籍などのバックアップがようやく解決できそうです。

Link » Amazon Drive: クラウドストレージ – オンラインバックアップ


Related Post » Amazon、容量無制限のフォトストレージ『プライム・フォト』を日本でも開始

July 21, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , , | No Response »


 

必携トラベルグッズ 2016 – 南の島篇

DJI Phantom 3 Advanced

少し早めに夏期休暇を利用して沖縄の久米島に遊びに行ってきました。キレイなビーチで読書やシュノーケリングをしたり、ドローンを飛ばして遊んだりと、南の島での生活を満喫することができました。ずっと晴天続きで、東洋一美しいと言われる360度海に囲まれた真っ白な砂浜のハテの浜も最高でした。旅の様子はTwitterInstagramの方で発信していますのでフォローはお気軽に。

今までに何度かボクが旅先に必ず持って行くトラベルグッズを紹介していますが、今回はアップデートしたモノに加えて、南の島では欠かせないモノなどをいくつかまとめてみました。以前にポストした毎日必ず持ち歩いているモノと合わせてチェックしてみてください。

Read More »


Related Post » 必携トラベルグッズ 2015 – 南の島篇

July 19, 2016 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

音楽を聴きながら周囲の音を調整できる耳栓型完全ワイヤレスイヤフォン『Here One』

Here One

スマートフォンとBluetooth接続して周囲で聞こえる音をリアルタイムで調整できる耳栓型デバイス『Here』に、音楽再生と通話応答が可能になった新モデルが登場。音楽を聴きながら地下鉄や飛行機の騒音を消すなどノイズキャンセル機能はもちろん、周囲の音を自由にイコライジングすることが可能。収納ケースがバッテリー内蔵の充電器になっているようですが、バッテリー駆動時間の表記が無いのが気になるところです。価格は299ドルで、カラーはホワイトとブラックの2色。現在完全ワイヤレスイヤフォン「Earin」を愛用していますが、これはメチャクチャ気になりますね。

Link » Here One | Wireless Smart Earbuds and a Connected App


Related Post » 耳栓サイズの左右独立ワイヤレスBluetoothイヤフォン『Earin』

July 5, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

ライカ製デュアルレンズを搭載したAndroidスマートフォン『Huawei P9』が日本で発売

Huawei P9

2つのライカ製レンズと2つのカメラセンサーを搭載したAndroidスマートフォン『Huawei P9』が日本でも発売。1,200万画素のデュアルカメラを使ってより高画質に撮影することができ、フォーカスやボケをソフトウェア的にコントロールすることが可能。スマートフォンの小さなレンズにライカブランドが冠されるなんて、時代は変わっていくとは言えやはり複雑な気分です。次期iPhoneもデュアルレンズカメラになるというウワサですが、一体どういう機能が搭載されるのか非常に気になりますね。

Link » Huawei P9


Related Post » ライカ製デュアルレンズを搭載したAndroidスマートフォン『Huawei P9』

June 16, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 24 Next »

 
LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

LIFE PACKING 2.1
未来を生きるためのモノと知恵
– 高城剛

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark