毎日持ち歩くEDCアイテム 2019

My EDC 2019

ボクは日常的に手ぶらで生活していて、会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらです。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。会社から帰る時にも周りにバレずにフラッと帰ることができるし、思いつくままに街をブラブラすることもできます。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。
ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

June 26, 2019 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

LCDとE-Inkのデュアルディスプレイ搭載Androidタブレット『Janus』

Janus

LCDディスプレイとE-Inkディスプレイを両面に搭載したAndroidタブレット『Janus』が登場。画面サイズは9.7インチで、表面のメインとなるLCDディスプレイは解像度2048×1536ピクセル、裏面のE-Inkディスプレイは解像度1200×825ピクセルと、iPadとKindleを組み合わせたようなタブレットになっています。

800万画素のカメラとマイクロSDカードスロットを備え、LTE通信機能とGPSを搭載。充電はUSB-Cで行い、HDMIによる映像出力が可能。さらにE-Inkディスプレイは手書き入力が可能で、付属のスタイラスペンはワコムのデジタイザに対応していて精度も高いようです。

これまでにも「YotaPhone」など同様のスマートフォンはありましたが、『Janus』はタブレットならではのおもしろい使い方ができそうですね。


Link » Janus | World’s First Dual Screen E-ink/LCD Tablet


Related Post » Amazon、容量無制限のクラウドストレージ『Amazon Cloud Drive』を発表

May 24, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Palm Phone用ワイヤレス充電対応バッテリー内蔵耐衝撃ケース『Mophie Juice Pack for Palm』

Mophie Juice Pack for Palm

『Mophie』から、手のひらサイズのAndroid スマートフォン「Palm Phone」用のワイヤレス充電の規格「Qi」に対応したバッテリー内蔵耐衝撃ケースが登場。

頑丈なポリカーボネート製で本体をしっかりと保護し、900mAhの内蔵バッテリーによって「Palm Phone」の使用時間を13時間に延ばすことができます。USB-Cポートを搭載しているのでケーブルを使って充電することも可能です。「Palm Phone」のバッテリー容量の少なさを補うだけでなく、ワイヤレス充電機能まで追加できるのはいいですね。


Link » Mophie Juice Pack for Palm


Related Post » iPhone 4 & 4S用バッテリー内蔵型、防水、防塵、耐衝撃ケース『Mophie Juice Pack Pro』

May 8, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』をiPhoneユーザーが快適に使う方法

Palm Phone

連休中は手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』を毎日持ち歩いて過ごしていました。本当に超軽量コンパクトで質感もなかなか良い感じなんですが、今まで使っていたiPhone XS Maxと比べてとにかく画面が小さいので、ちょっとしたことにしか使わなくなってスマートフォンを使う時間が激減しました(笑)。

さらに『Palm Phone』には画面がオフの時に電話やメッセージ、アプリ通知などを個別に非表示設定できる「ライフモード」という機能が搭載されています。プッシュ通知をオフにするだけで画面の向こう側で起きていることよりも、もっと今目の前に起きていることに集中し、人とのリアルなコミュニケーションを大切にすることができます。『Palm Phone』を使うことでそもそも最新のデジタルガジェットは本当に生活を豊かにしているのか、今一度考えてみるきっかけになると思いますね。

防水、防塵性能を備えているものの、ワイヤレス充電機能やテザリング機能は搭載されていないし、Suicaや電子決済も利用できません。今はAndroidもアプリを使えばMacやiOSデバイスとシームレスに連携できるようになってきましたが、やっぱりiPhoneを使い慣れていると不便なところはいくつかあります。

ということで今回は、長年のiPhoneユーザーであるボクが『Palm Phone』を快適に使うために愛用しているアプリを紹介したいと思います。

Read More »


Related Post » 手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』

May 8, 2019 | Categories » Column, Recommend, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』が日本でも発売

Palm Phone

手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』が日本でも発売。アメリカでは「Verizon」の独占販売で、さらに同社の番号共有サービスで利用するため、あくまでサブ機という位置付けでしたが、日本ではSIMフリーモデルとして販売されるようです。

本体には3.3インチの液晶ディスプレイを搭載し、重さわずか62.5gで、サイズは幅50.6mm、 高さ96.6mm、厚さ7.4mmと超コンパクト。1,200万画素のメインカメラと、800万画素のインカメラを搭載し、バッテリー容量は800mAhで1日中使用可能。さらにIP68の防水、防塵性能を備えています。

顔認証によるセキュリティロックに対応し、利用したいアプリの頭文字を書くことで、ロック画面からアプリに素早くアクセスが可能な「ジェスチャーパッド」など、小さな画面でも操作しやすいようになっています。また、画面がオフの時に電話やメッセージ、アプリ通知などを個別に非表示設定できる「ライフモード」を搭載。ネットに常時接続された現代社会と距離を置いて、今目の前に起きていることに集中したい時に便利ですね。

アウトドアや旅先で過ごしている時など、わざわざ大きくてかさばるiPhone XS Maxを持ち歩きたくないと感じることがあるので、これは是非試してみたいです。


Link » Palm Phone

Link » Palm Strap Case


Related Post » 手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』

April 19, 2019 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

寝起きをするだけで睡眠を自動的に記録してくれる睡眠トラッカー『Withings Sleep』

Withings Sleep

今月から、寝起きをするだけで睡眠を自動的に記録してくれる睡眠トラッカー『Withings Sleep』を使ってみてます。以前に「Nokia」ブランドとして発売された製品ですが、「Nokia」のデジタルヘルス事業を『Withings』が買い戻したことにより、現在は『Withings』ブランドとして販売されています。

製品をマットレスの下に敷いてスマートフォンアプリからセットアップを済ませたら、いつも通りに寝起きをするだけで自動で睡眠時間と睡眠パターン、心拍数、いびきを検出して睡眠を分析してくれます。また、寝落ちしてしまった場合にも自動でトラッキングしてくれるのでラクちんです。アプリから様々なデータと睡眠スコアの確認ができ、熟睡を得るためのアドバイスもしてくれます。さらに「IFTTT」にも対応しているので、様々なスマート家電の操作や、様々なウェブサービスとの連携を自動化することができます。

睡眠スコアは以前まで使用していた「Beddit」と比べて厳しめですね。自宅では『Withings Sleep』を使い、外出先ではApple Watchで睡眠をトラッキングできるアラームアプリ「Pillow」と使い分けています。


Link » Withings Sleep


Related Post » 寝起きをするだけで睡眠を自動的に記録してくれる睡眠トラッカー『Nokia Sleep』

March 18, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

ベストガジェット 2018

Best Gadgets 2018

2018年も残り僅かになって来ました。今年もいくつかの素晴らしいガジェットとたくさんのガラクタが発表されましたが、その中から日々の生活を便利で豊かにしてくれたものをセレクトしてみました。ということで今年も恒例のINST的ベストガジェットを発表したいと思います。

Read More »


Related Post » 『Devialet』のワイヤレススピーカーにコンパクトモデル『Phantom Reactor』が登場

December 28, 2018 | Categories » Column, Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

DJI、手のひらサイズの3軸手持ちジンバル搭載4Kカメラ『Osmo Pocket』を発表

DJI Osmo Pocket

DJIが、4Kカメラと手ブレや振動を抑える3軸手持ちジンバルが一体になった「Osmo」の超コンパクトな新モデル『Osmo Pocket』を発表。

手のひらに収まるコンパクトサイズで、重量わずか116gと超軽量。カメラには3軸ジンバルを搭載し、1,200万画素の静止画撮影と4K/60fpsの動画撮影が可能。ハンドル部には1インチのタッチスクリーンとボタンを搭載。3×3 パノラマやタイムラプス、モーションラプスの撮影、動いている被写体を自動で追いかけるアクティブトラック機能などを使うことが可能です。

オプションのアクセサリーマウントを装着することで、GoProマウント経由で様々なアクセサリーを取り付けることができます。コントローラーホイールや防水ケースまで用意されていてバッチリですね。ただ、スマートフォンとの接続はコネクタ直挿しで、ワイヤレス接続するにはオプションのモジュールを装着する必要があるのがちょっと残念です。

価格は44,900円で、12月15日発売。これは完全にGoProキラーですね。そこまで厳しい条件で使わない普段使いの小型カメラならこちらの方がいいかもしれません。早速ポチりましたので、届いたら「GoPro HERO7 Black」と撮り比べてみたいと思います。


Link » DJI Osmo Pocket


Related Post » DJI、4Kカメラ搭載3軸手持ちジンバル『Osmo』を発表

November 30, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

スマートフォンと連動して脳波を測定できるヘッドバンドの新モデル『Muse 2』

Muse 2

スマートフォンとBluetooth接続して脳波を測定できるヘッドバンド『Muse』の新モデルが登場。

ヨガや瞑想中などに装着すれば、アプリを使って脳がどれくらいストレスやリラックス状態なのかを測定できるだけでなく、心拍数、呼吸、身体の動きもモニタリングし、リアルタイムにフィードバックしてくれます。瞑想をサポートするガイド付きトレーニングセッションも用意されているので、より深い瞑想に入りたい人はもちろん、初心者にもいいと思いますね。

ボクは数年前から毎朝の瞑想が習慣になっていますが、ゆっくりと深く呼吸をすることで心が落ち着き、頭の中がクリアになって集中力が高まるのを実感しています。


Link » Muse™ – Meditation Made Easy


Related Post » スマートフォンと連動して脳波を測定できるヘッドバンド『Muse』

November 21, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

折りたたみ式自撮りドローンの新型『Hover 2』

Zero Zero Robotics Hover 2

中国のスタートアップ『Zero Zero Robotics』による折りたたみ式自撮りドローンの新型『Hover 2』が「Kickstarter」に登場。重量は490gで、アームを折りたたむとノートサイズになるのでコンパクトに持ち運ぶことができます。

カメラには2軸ジンバルを搭載し、4K動画と1,200万画素の静止画撮影が可能。前モデル同様に電源を入れて空中で手を離すとその場でホバリングを始め、ユーザーを自動的に認識して後を追いかけて撮影します。スマートフォン用アプリから様々な自動撮影モードを使ったり、手動でコントロールすることも可能です。

バッテリーの駆動時間は23分で、操作可能距離は100mですが、手のひらサイズの液晶ディスプレイ付きコントローラーを使って片手で操作したり、ゲームパッドのようなコントローラーを使うことで5kmまで拡大させることが可能。

日本の航空法だと規制対象外になるのは重量200g未満なので、結局どこでも空撮を楽めるというわけにはいかないのが残念です。現在ボクは小型折りたたみ式空撮ドローン「DJI Mavic Air」を愛用していますが、性能とサイズのバランスが素晴らしく、今ドローンを買うなら間違いなくこれだと思いますね。


Link » Hover 2 – The 4K Drone that Flies Itself by Zero Zero Robotics — Kickstarter


Related Post » 折りたたみ式自撮りドローン『Hover Camera Passport』が日本で発売

November 19, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 27 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air