ドローンの飛行禁止エリアをチェックできるアプリ『ドローン飛行チェック』

ドローン飛行チェック

ドローンを日本国内で飛ばす時に、飛ばしたい場所が飛行禁止エリアかどうかを簡単にチェックできるスマートフォン用アプリが登場。国土交通省が定める人口集中地区、空港やヘリポート等、飛行の許可が必要な空域かどうかをGoogleマップ上に表示可能で、指定した場所や住所から飛ばしたい場所の空域を調べることができます。また、日没時間にも対応しているので、現在時刻が飛行可能かどうかがわかる機能も備えています。

今までわざわざDJIのウェブサイトでフライトマップを確認していたので、これは便利になりますね。早速インストールしておきました。


Link » ドローン飛行チェック(iTunes)

Link » ドローン飛行チェック(Google Play)


Related Post » LUXE City Guides App

January 31, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , | No Response »


 

iOS用デジタルステレオコンデンサーマイク「Shure MV88」で使える動画撮影アプリ『ShurePlus MOTIV Video』

ShurePlus MOTIV Video

Shureから、iOSデバイスのLightningコネクタに接続する「MOTIV」シリーズのマイクで高音質な動画収録を行なえるアプリが登場。最大4Kの動画撮影、最大16bit /48kHzの音声収録が可能。オーディオ形式はWAVとApple Lossless、AACをサポートし、MOTIVシリーズのマイク全製品と組み合わせて利用できます。

これはいいですね。これを機にiOS用デジタルステレオコンデンサーマイク「Shure MV88」とセットで使ってみたいです。


Link » ShurePlus MOTIV Video

Link » Shure MV88


Related Post » iOS用デジタルステレオコンデンサーマイク『Shure MV88』

January 30, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

21世紀の新しいシンプルライフ 2018 – サブスクリプションサービス篇

Apple iCloud Drive

所有している写真や音楽、映像や書籍は全てデジタル化してあり、自宅には必要最低限のモノと、ベッドや洗濯乾燥機などの快適に生活するために最低限必要な家具と家電しか置いていません。さらに近年はあらゆるモノにおいて簡単に持ち運べて、そのまま旅先に持ち出せるモノだけを持つようになったため、所有物はサーフボードとスノーボードを収納するバッグを除けばスーツケース2個に収まります。

当たり前ですがモノが無ければ収納スペースは必要無いし、掃除や管理するのも簡単なので時間もお金もかかりません。さらに気分も軽くなって行動力も上がるし、すぐに引っ越せるので世の中の変化や天災などのあらゆる危機にも柔軟になります。

このような生活ができるようになったのは、テクノロジーとインターネットの進化による恩恵が大きいのは間違いありません。プライベートでも仕事でも欠かせないツールから、娯楽や情報収集、日常的な買い物や掃除まで、様々なウェブサービスやクラウドサービスをフル活用しています。どんどん「所有」ではなく「アクセス」できることが価値になってきているのを実感しますね。

ということで今回は、そんな21世紀の新しいシンプルライフに欠かせないサブスクリプションサービスを紹介します。

Read More »


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ 2017 – クラウドサービス篇

January 29, 2018 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプターの廉価版『SHOTEN LM-SE M(L)』

SHOTEN LM-SE M(L)

『焦点工房』から、ソニーのEマウントカメラにライカMレンズを装着可能にし、ヘリコイド操作によってレンズの最短焦点距離を大幅に縮めることができるマウントアダプターの廉価版『SHOTEN LM-SE M(L)』が登場。これまでのライカMレンズではありえなかった「寄り」での撮影が可能になるアダプターで、既存モデル「LM-SE M」の繰り出し量の6mmを5mmに短縮して軽量化しています。

現在カメラは「Sony α7 II」に、ライカMレンズでオートフォーカスを可能にするマウントアダプター「Techart LM-EA7」を装着して愛用していますが、このアダプターは軽量コンパクトで価格もリーズナブルなのがいいですね。


Link » SHOTEN LM-SE M(L)


Related Post » ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプター『SHOTEN L.M. – S.E. MACRO』

January 26, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Integral Memory 512GB microSDXC

Integral Memory 512GB microSDXC

データの保管やデジタルカメラに欠かせないマイクロSDカードですが、『Integral Memory』からデータの高速転送に対応した大容量512GBモデルが登場。今はミラーレスカメラ、アクションカメラ、ドローンなどで4K動画撮影が当たり前になって、容量はいくらあっても足りませんからね。2月発売予定で、現時点で価格は不明。ちなみにボクは全てマイクロSDカードで揃えています。


Link » Smartphone and Tablet microSDHC/XC Class 10 UHS-I U1 | Integral Memory


Related Post » SanDisk Ultra 400GB MicroSDXC

January 25, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

DJI、小型折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic Air』を発表

DJI Mavic Air

DJIが小型折りたたみ式空撮ドローン『Mavic』シリーズの新モデル『Mavic Air』を発表。重量は430gで、アームを折りたたむと幅83mm、奥行き168mm、高さ49mmと手のひらサイズになり、コントローラーもスティックが着脱式になってさらにコンパクトに持ち運べるようになりました。

カメラには3軸ジンバルを搭載し、1,200万画素の静止画撮影と4K/30fpsの動画撮影、フルHDで120fpsのスローモーション撮影、3,200万画素のスフィアパノラマ撮影が可能。ストレージとしてマイクロSDカードスロットに加え、8GBの内部ストレージを搭載。最大フライト時間は約21分、操作可能距離は最大2kmで720pのビデオストリーミングが可能。また、搭載されたセンサーによって前方と後方にある障害物を自動で回避し、ジェスチャーでコントロールすることもできます。さらに動く被写体を認識して自動追尾するアクティブトラック機能、6種類のクイックショット機能、HDR撮影が可能。

価格は104,000円で、1月28日発送予定。「Mavic Pro」の性能そのままに小型化されていて、「Spark」の不満だったところが全て解消されたミドルレンジモデルに仕上がっていますね。早速購入しようと思います。


Link » Mavic Air:Adventure Unfolds


Related Post » DJIの小型折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic Air』の写真がリーク

January 24, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , | No Response »


 

DJIの小型折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic Air』の写真がリーク

DJI Mavic Air

DJIが、1月24日に開催する新製品発表会で発表するというウワサの小型折りたたみ式空撮ドローン『Mavic Air』の写真がリークされています。アームは折りたたみ式で、「Mavic Pro」と「Spark」を合わせたようなデザインになっていますね。「Spark」は動画性能がイマイチだったので、これはかなり楽しみになってきました。


Link » DJI’s new Mavic Air drone leaked a day before its unveiling – The Verge

Link » DJI ライブ – ADVENTURE UNFOLDS


Related Post » DJIの小型ドローン『Spark』の写真がリーク

January 23, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

ワイヤレス充電パッド搭載USB-Cハブ『HyperDrive』

HyperDrive USB-C Hub + 7.5W Qi Wireless Charger iPhone Stand

ワイヤレス充電パッドを搭載したUSB-Cハブ『HyperDrive』が「Kickstarter」に登場。本体にUSB-Cケーブルを内蔵し、USB-C、USB 3.1を3ポート、HDMI、Gigabit Ethernet、SDカードとマイクロSDカードリーダーと、必要なポートが一通り搭載されています。さらに本体上部は「Qi」対応ワイヤレス充電パッドになっていて、起こしてスタンドにすることもできます。これはいいですね。


Link » HyperDrive USB-C Hub + 7.5W Qi Wireless Charger iPhone Stand by HYPER by Sanho Corporation — Kickstarter


Related Post » 新しいMacBook ProのためのThunderbolt 3ハブ『HyperDrive』

January 22, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

4ポートUSB搭載ワイヤレス充電器『Nomad USB Hub – Wireless』

Nomad USB Hub – Wireless

4ポートUSBを搭載したワイヤレス充電器『Nomad USB Hub – Wireless』が登場。本体上部でワイヤレス充電することができ、背面にUSBポートを3つ、USB-Cポートを1つ搭載しているので、合計5台のデバイスを同時に充電可能です。また、本体上部にはLEDインジケーターを搭載し、各USBポートの充電状況を確認できて便利。普段使いはもちろん、旅先でもかなり重宝しそうですね。


Link » Nomad USB Hub – Wireless


Related Post » KERO Lightning Nomad Cable

January 19, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

3台同時充電可能なワイヤレス充電パッド『Lxory Dual Wireless Charging Pad』

Lxory Dual Wireless Charging Pad

3台同時に充電できる「Qi」対応ワイヤレス充電パッド『Lxory Dual Wireless Charging Pad』。パッド上で充電できるデバイスは2台ですが、出力用のUSBポートを搭載しているので、合計3台のデバイスを同時に充電可能です。さらにマイクロUSB、USB-C、Lightningポートを搭載し、3つのどれからでも電源に接続できて便利。価格も30ドルとリーズナブルでいいですね。


Link » Lxory Dual Wireless Charging Pad


Related Post » Bluetooth接続GPSレシーバー『Dual XGPS160 SkyPro』

January 18, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 


 1 2 3 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air