充電ドックに自動ゴミ吸引機能を搭載したロボット掃除機『iRobot Roomba i7+』

iRobot Roomba i7+

ロボット掃除機ルンバに、充電ドックに自動で本体内のゴミを吸引する機能を搭載した新型『Roomba i7+』が登場。

新しい充電ドックは、ルンバ本体の中に溜まったゴミを自動で吸引し、ドックに設置されている集塵パックに集めることが可能。集塵パックは掃除30回分の容量で、捨てるのも指先で持ち上げるだけで簡単。これならルンバを長期間放置しておけるので、ゴミを手動で捨てる手間が大幅に省けますね。

価格はゴミ吸引機能付き充電ドック付属モデルが949ドルで、通常の充電ドック付属モデルが699ドル。日本で発売されたら是非購入したいと思います。


Link » Roomba® i7+ Robot Vacuum | iRobot


Related Post » ロボット掃除機『iRobot Roomba 871』

September 7, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , ,


 

DJI、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』『Mavic 2 Zoom』を発表

DJI Mavic 2 Pro/Zoom

DJIが、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』と『Mavic 2 Zoom』を発表。『Mavic 2』シリーズは、前モデルのデザインを継承しながら、新しいジンバルスタビライザー、ハイパーラプス、アクティブトラックなどのインテリジェント機能を搭載。

『Mavic 2 Pro』は、10-bitカラープロファイルに対応した有効約2,000万画素の1インチセンサーを採用した、ハッセルブラッドのカメラを搭載。レンズは35mm判換算28mmで、絞りはF2.8 – F11の範囲で調整可能。

『Mavic 2 Zoom』は、有効約1,200万画素の1/2.3インチセンサーを採用した、35mm判換算24-48mm相当のズームレンズを搭載。デジタルズームと合わせると最大4倍となる96mm相当の中望遠を実現。また、クイックショットに新しく追加された「ドリーズーム」を使うことで、飛行方向と逆方向にズームすることによって背景だけが近づいてくるような撮影ができます。

サイズはどちらも共通で、アームとプロペラを折りたたむと高さ84mm、幅91mm、奥行き214mmと片手で簡単に持ち運べるサイズになり、コントローラーもスティックが着脱式になってさらにコンパクトに持ち運べるようになりました。

価格は『Mavic 2 Pro』 が税込189,000円、『Mavic 2 Zoom』が税込162,000円。前モデルの完成度も高かったですが、『Mavic 2』シリーズは全ての面においてさらにブラッシュアップされていて、空飛ぶカメラとして順当な進化を遂げていますね。


Link » DJI Mavic 2 Pro

Link » DJI Mavic 2 Zoom


Related Post » 小型折りたたみ式空撮ドローン『DJI Mavic Air』を飛ばしてみた

August 24, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , ,


 

Leica、プロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表

Leica M10-P

ライカがM型カメラ「M10」のプロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表。デザインや基本性能は前モデルから変わっていませんが、フロントの赤いライカロゴが無くなり、新たに静音シャッターとタッチパネルディスプレイを搭載。

ボディカラーはブラッククロームとシルバークロームの2色で、発売日や価格などは現時点では不明。シンプルに写真撮影を楽しみたい人にはいいかもしれませんね。


Link » Leica M10-P // ライカMシステム // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、M型カメラの新モデル『M10』を発表

August 22, 2018 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Logicool Powered Wireless Charging Stand

Logicool Powered Wireless Charging Stand

iPhone 8/8 PlusとiPhone Xに最適化されたワイヤレス充電スタンド『Logicool Powered Wireless Charging Stand』がアップルストアで発売開始。

アップルと共同開発されたそうで、高出力の7.5Wで高速充電が可能で、いちいちケースを外す必要もありません。さらにデバイスを置くだけで最適な充電位置になるように設計されていて、縦向きにも横向きにも対応しています。

アップルからもiPhone、Apple Watch、AirPodsを同時に充電できるワイヤレス充電パッド「AirPower」が今年発売予定ですが、iPhoneだけ充電するならこちらの方が便利でいいですね。


Link » Logicool Powered Wireless Charging Stand


Related Post » ワイヤレス充電スタンド『Nomad Wireless Stand』

August 20, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

ポータブルヘッドホンアンプ『Chord Mojo』

Chord Mojo

イギリスのオーディオメーカー『Chord Electronics』による手のひらサイズのポータブルヘッドホンアンプ『Mojo』。音質はPCM最大32bit/768kHz、DSD256のハイレゾリューションに対応し、出力端子は3.5mmミニジャック、入力端子はマイクロUSB、3.5mm同軸デジタル、オプティカルを搭載。

バッテリー駆動時間は最大8時間で、MacとPC、iOSとAndroidへの接続に加えて、様々なデジタルオーディオプレーヤーへの接続に対応していて、iOSデバイスでは「Lightning – USBカメラアダプタ」と組み合わせることで、DAコンバーターとして使うことができます。

なかなか高価ですが、性能と音質の高さを考えれば納得ですかね。


Link » Chord Mojo


Related Post » スマートフォンでも使える超コンパクトなUSBメモリ型ヘッドホンアンプ『AudioQuest DragonFly Black』

August 15, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , ,


 

ポータブル小型エスプレッソマシン『Wacaco Nanopresso』

Wacaco Nanopresso

ここ数年自分でコーヒーを淹れる時はハンドドリップばかりでしたが、最近モバイル用は小型エスプレッソマシン『Wacaco Nanopresso』を使っています。

高さ156mm、重さ336gと軽量コンパクトですが、最大圧力は18バールと小型機ながら高性能。電気を使用しないので、お湯さえあれば手軽に本格的なエスプレッソが楽しめます。これまでこの手のエスプレッソマシンは色々と試してきましたが、コンパクトで持ち運びに便利だし、何より手軽で美味しいので気に入っています。

コーヒー豆はシングルオリジンの良質な豆を、コンパクトな組立て式の手挽きコーヒーミル「ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ」を使って挽いています。


Link » Wacaco Nanopresso


Related Post » ポータブル小型エスプレッソマシン『Staresso Coffee Maker』

August 13, 2018 | Categories » Life, Recommend, Technology, Travel | Tags » , ,


 

ワイヤレス充電スタンド『Nomad Wireless Stand』

Nomad Wireless Stand

iPhone 8/8 PlusとiPhone Xに最適化されたワイヤレス充電スタンド『Nomad Wireless Stand』。高出力の7.5Wに対応したiPhone 8/8 PlusとiPhone Xを、高速充電することが可能。

スタンド本体の表面はレザー製で、スタンドを取り外して収納すれば充電パッドとして使うこともできます。高級感のあるスタイリッシュなデザインがいいですね。


Link » NOMAD® | Wireless Stand – Nomad Goods


Related Post » Logicool Powered Wireless Charging Stand

August 1, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

心拍センサーを搭載した指輪型フィットネストラッカー『Oura Ring』

Oura Ring

高城剛氏が先日のメルマガで紹介していた、心拍センサーを搭載した指輪型フィットネストラッカー『Oura Ring』の新モデル。

チタン製の小さな指輪の中にはたくさんのセンサーが搭載されていて、歩数、距離、心拍、体温、消費カロリー、睡眠時間などの計測することができます。さらに100m防水に対応し、バッテリー駆動時間は最大7日間。スマートフォンアプリと連携することで様々なデータと1日の活動スコアの確認ができます。

カラーバリエーションは、シルバー、ローズゴールド、ブラック、マットブラックの4色。価格は299ドルからで、残念ながら現時点で日本からは購入できませんが、秋からは日本への発送にも対応するそうですよ。前モデルはゴツくて身に着ける気になりませんでしたが、かなりスリムになったので是非試してみたいですね。


Link » Oura Ring | Sleep Tracker and Smart Ring with a Heart Rate Monitor


Related Post » 眠りが浅くなったら起こしてくれるスマートフォン用睡眠アプリ『Sleep Cycle』

August 1, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , ,


 

Helios 44-2 F2/58mm

Helios 44-2 F2/58mm

近年デジタルカメラの高性能化に伴って、現代のハイテクレンズには無い味のある写真が撮れるオールドレンズが人気ですが、最近はロシア製のオールドレンズ『Helios 44-2 F2/58mm』を、ソニーのミラーレス一眼カメラ「α7 III」に装着して楽しんでいます。旧東ドイツ製の銘玉「Carl Zeiss Jena Biotar F2/58mm」をコピーして作られたと言われていますね。

今までライカの広角レンズばかり使ってきたので、ポートレート撮影にピッタリな58mmという焦点距離は新鮮で、絞り開放で撮影した時の通称「ぐるぐるボケ」と呼ばれる背景のボケ味が独特で気に入っています。中古で1万円以下と安価に購入可能ですがハズレも多いので、こればっかりはアタリが出るまで何本か購入してみるしかありませんね。

「Sony α7 III」への装着には、M42マウントをライカMマウントに変換するマウントアダプターと、ソニーのEマウント機でライカMレンズの接写を可能にするマウントアダプター「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」を組み合わせています。

しばらくは長年愛用しているライカのオールドレンズ「Summilux-M F1.4/35mm」と使い分けていきたいと思います。


Link » Helios 44-2 F2/58mm


Related Post » ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプター『Voigtlander VM-E Close Focus Adapter』

July 25, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » ,


 

白本 四 – 高城剛

白本 四 - 高城剛

高城剛メールマガジン『高城未来研究所「Future Report」』の人気コンテンツである読者とのQ&Aコーナーを再編集した、新しい時代を生き抜くために必要な知恵の集大成「白本」シリーズの第四弾『白本 四』が発売。

世界の様々なニュースや政治経済、海外移住や働き方、ガジェットやテクノロジー、映像や音楽、健康関連、旅行関連など、多岐にわたる質問を独自の視点とわかりやすい言葉で回答しています。一つのテーマに沿って書かかれた著書もおもしろいんですが、やっぱりこういう様々なジャンルの知識がリミックスされた怪しい感じこそが高城センセの真骨頂だと思いますね。今回もおもしろくて一気に読んでしまいました。

今作もたったの280円ですが、「Kindle Unlimited」なら無料で読むことができちゃいますよ。


Link » 白本 四 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 白本 参 – 高城剛

July 23, 2018 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , ,


 

 « Prev 1 4 5 6 7 8 9 10 231 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air