SpaceXによる世界初の月周回旅行にスタートトゥデイ社長の前澤友作氏

#dearMoon Project

 ファッション系通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、代表取締役社長の前澤友作氏が民間人として世界で初めて月周回の宇宙旅行を体験する計画「#dearMoon」を発表した。2023年に打ち上げるSpaceXの新型ロケット「BFR」で旅立ち、月表面まで約125マイル(約201km)の地点を通過して周回し、地球へ帰還する予定。

 前澤氏は、#dearMoon計画を「創作活動のインスピレーションを得る宇宙を舞台にしたアート・プロジェクト」と位置付ける。というのも、この1週間かかる月周回旅行に最大8名の世界的アーティストを招待し、「月と丸い地球を見て受けたインスピレーションを元に作品を創作してもらう」からだ。そして、こうして生み出された作品を「人類の財産として後世に残したい」としている。

アートコレクターとして知られる前澤氏ですが、このニュースにはビックリ。ルネサンスにおけるメディチ家や、現代アートにおけるグッゲンハイムのように、この宇宙旅行が人類全体の資産へと繋がることになるかもしれませんね。


Link » 「ZOZOTOWN」の前澤友作氏、月旅行をする世界初の民間人に–SpaceXが2023年打ち上げ – CNET Japan

Link » #dearMoon


Related Post » Google、モジュール式スマートフォン『Ara』を年内発売

September 19, 2018 | Categories » Art - Design, Technology, Travel | Tags » , , ,


 

Apple、『iPhone XS』と『iPhone XS Max』を発表

Apple iPhone XS/XS Max

アップルがスペシャルイベントで、iPhone Xのアップグレードモデル『iPhone XS』と大画面版の『iPhone XS Max』、カラーバリエーションが豊富なエントリーモデル「iPhone XR」を発表しましたが、気になるのはやっぱり進化したハイエンドモデルの『iPhone XS』ですね。

デザインは前モデルから基本的に変わりませんが、新たにゴールドモデルが追加され、CPUには50%以上高速化した新しいチップ「A12 Bionic」を搭載。防水、防塵性能も改善され、カメラはHDR撮影のシャッターのタイムラグがゼロになり、ポートレートモードで写真を撮影したあとに被写界深度の調節が可能になりました。そして『XS Max』はiPhone 8 Plusとほぼ同じ大きさの本体全面に、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載。この画面サイズはかなりインパクトがありますね。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、順当な進化を遂げていますね。iPhone Xの手に収まるサイズ感は使いやすかったですけど、今回はポケットに収まるギリギリのサイズが全画面になった『XS Max』を買ってみようと思います。


Link » iPhone XS – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』を発表

September 14, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » ,


 

Bose、睡眠専用完全ワイヤレスイヤホン『Noise-Masking Sleepbuds』を日本でも発売

Bose Noise-Masking Sleepbuds

Boseが、睡眠専用の完全ワイヤレスイヤホン『Noise-Masking Sleepbuds』日本でも発売。完全ワイヤレスイヤホンと比べてコンパクトサイズで、本体に内蔵された10種類のヒーリングサウンドを再生することで騒音をノイズマスキングして入眠をサポートします。

スマートフォンとBluetoothで接続し、専用アプリから音源の選択とボリューム調整、タイマーやアラームの設定などが可能。バッテリー駆動時間は連続再生で16時間で、収納ケースに入れることで約8時間でフル充電が可能。

価格は32,400円となかなか高価ですが、心拍センサーなどを搭載していないので睡眠トラッカーとして使えないのが残念ですね。


Link » Bose Noise-Masking Sleepbuds


Related Post » Bose、睡眠専用完全ワイヤレスイヤホン『Noise-Masking Sleepbuds』を発表

September 10, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

充電ドックに自動ゴミ吸引機能を搭載したロボット掃除機『iRobot Roomba i7+』

iRobot Roomba i7+

ロボット掃除機ルンバに、充電ドックに自動で本体内のゴミを吸引する機能を搭載した新型『Roomba i7+』が登場。

新しい充電ドックは、ルンバ本体の中に溜まったゴミを自動で吸引し、ドックに設置されている集塵パックに集めることが可能。集塵パックは掃除30回分の容量で、捨てるのも指先で持ち上げるだけで簡単。これならルンバを長期間放置しておけるので、ゴミを手動で捨てる手間が大幅に省けますね。

価格はゴミ吸引機能付き充電ドック付属モデルが949ドルで、通常の充電ドック付属モデルが699ドル。日本で発売されたら是非購入したいと思います。


Link » Roomba® i7+ Robot Vacuum | iRobot


Related Post » ロボット掃除機『iRobot Roomba 871』

September 7, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , ,


 

DJI、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』『Mavic 2 Zoom』を発表

DJI Mavic 2 Pro/Zoom

DJIが、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』と『Mavic 2 Zoom』を発表。『Mavic 2』シリーズは、前モデルのデザインを継承しながら、新しいジンバルスタビライザー、ハイパーラプス、アクティブトラックなどのインテリジェント機能を搭載。

『Mavic 2 Pro』は、10-bitカラープロファイルに対応した有効約2,000万画素の1インチセンサーを採用した、ハッセルブラッドのカメラを搭載。レンズは35mm判換算28mmで、絞りはF2.8 – F11の範囲で調整可能。

『Mavic 2 Zoom』は、有効約1,200万画素の1/2.3インチセンサーを採用した、35mm判換算24-48mm相当のズームレンズを搭載。デジタルズームと合わせると最大4倍となる96mm相当の中望遠を実現。また、クイックショットに新しく追加された「ドリーズーム」を使うことで、飛行方向と逆方向にズームすることによって背景だけが近づいてくるような撮影ができます。

サイズはどちらも共通で、アームとプロペラを折りたたむと高さ84mm、幅91mm、奥行き214mmと片手で簡単に持ち運べるサイズになり、コントローラーもスティックが着脱式になってさらにコンパクトに持ち運べるようになりました。

価格は『Mavic 2 Pro』 が税込189,000円、『Mavic 2 Zoom』が税込162,000円。前モデルの完成度も高かったですが、『Mavic 2』シリーズは全ての面においてさらにブラッシュアップされていて、空飛ぶカメラとして順当な進化を遂げていますね。


Link » DJI Mavic 2 Pro

Link » DJI Mavic 2 Zoom


Related Post » 小型折りたたみ式空撮ドローン『DJI Mavic Air』を飛ばしてみた

August 24, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , ,


 

Leica、プロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表

Leica M10-P

ライカがM型カメラ「M10」のプロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表。デザインや基本性能は前モデルから変わっていませんが、フロントの赤いライカロゴが無くなり、新たに静音シャッターとタッチパネルディスプレイを搭載。

ボディカラーはブラッククロームとシルバークロームの2色で、発売日や価格などは現時点では不明。シンプルに写真撮影を楽しみたい人にはいいかもしれませんね。


Link » Leica M10-P // ライカMシステム // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、M型カメラの新モデル『M10』を発表

August 22, 2018 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Logicool Powered Wireless Charging Stand

Logicool Powered Wireless Charging Stand

iPhone 8/8 PlusとiPhone Xに最適化されたワイヤレス充電スタンド『Logicool Powered Wireless Charging Stand』がアップルストアで発売開始。

アップルと共同開発されたそうで、高出力の7.5Wで高速充電が可能で、いちいちケースを外す必要もありません。さらにデバイスを置くだけで最適な充電位置になるように設計されていて、縦向きにも横向きにも対応しています。

アップルからもiPhone、Apple Watch、AirPodsを同時に充電できるワイヤレス充電パッド「AirPower」が今年発売予定ですが、iPhoneだけ充電するならこちらの方が便利でいいですね。


Link » Logicool Powered Wireless Charging Stand


Related Post » ワイヤレス充電スタンド『Nomad Wireless Stand』

August 20, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

ポータブルヘッドホンアンプ『Chord Mojo』

Chord Mojo

イギリスのオーディオメーカー『Chord Electronics』による手のひらサイズのポータブルヘッドホンアンプ『Mojo』。音質はPCM最大32bit/768kHz、DSD256のハイレゾリューションに対応し、出力端子は3.5mmミニジャック、入力端子はマイクロUSB、3.5mm同軸デジタル、オプティカルを搭載。

バッテリー駆動時間は最大8時間で、MacとPC、iOSとAndroidへの接続に加えて、様々なデジタルオーディオプレーヤーへの接続に対応していて、iOSデバイスでは「Lightning – USBカメラアダプタ」と組み合わせることで、DAコンバーターとして使うことができます。

なかなか高価ですが、性能と音質の高さを考えれば納得ですかね。


Link » Chord Mojo


Related Post » スマートフォンでも使える超コンパクトなUSBメモリ型ヘッドホンアンプ『AudioQuest DragonFly Black』

August 15, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , ,


 

ポータブル小型エスプレッソマシン『Wacaco Nanopresso』

Wacaco Nanopresso

ここ数年自分でコーヒーを淹れる時はハンドドリップばかりでしたが、最近モバイル用は小型エスプレッソマシン『Wacaco Nanopresso』を使っています。

高さ156mm、重さ336gと軽量コンパクトですが、最大圧力は18バールと小型機ながら高性能。電気を使用しないので、お湯さえあれば手軽に本格的なエスプレッソが楽しめます。これまでこの手のエスプレッソマシンは色々と試してきましたが、コンパクトで持ち運びに便利だし、何より手軽で美味しいので気に入っています。

コーヒー豆はシングルオリジンの良質な豆を、コンパクトな組立て式の手挽きコーヒーミル「ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ」を使って挽いています。


Link » Wacaco Nanopresso


Related Post » ポータブル小型エスプレッソマシン『Staresso Coffee Maker』

August 13, 2018 | Categories » Life, Recommend, Technology, Travel | Tags » , ,


 

ワイヤレス充電スタンド『Nomad Wireless Stand』

Nomad Wireless Stand

iPhone 8/8 PlusとiPhone Xに最適化されたワイヤレス充電スタンド『Nomad Wireless Stand』。高出力の7.5Wに対応したiPhone 8/8 PlusとiPhone Xを、高速充電することが可能。

スタンド本体の表面はレザー製で、スタンドを取り外して収納すれば充電パッドとして使うこともできます。高級感のあるスタイリッシュなデザインがいいですね。


Link » NOMAD® | Wireless Stand – Nomad Goods


Related Post » Logicool Powered Wireless Charging Stand

August 1, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 228 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air