WIRED VOL.31 – New Economy

WIRED VOL.31 - New Economy

昨年末に休刊したテクノロジー雑誌『WIRED』日本版が、US版創刊25周年を記念した特大号としてデザインと判型を刷新して復刊。

今号の特集はUS版ワイアード創刊編集長「Kevin Kelly(ケヴィン・ケリー)」氏が唱えた「ニューエコノミー」を起点に、現在のプラットフォーム資本主義やデータ資本主義をどうアップデートできるのかを考える。読み応えがありそうなテーマなので楽しみですね。


Link » WIRED VOL.31 – New Economy

Link » WIRED VOL.31 – New Economy(Kindle版)


Related Post » WIRED VOL.15 – ワイアード・バイ・デザイン

November 12, 2018 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , ,


 

新しいiPad Proに必要なポートが全て揃ったUSB-Cハブ『HyperDrive for iPad Pro』

HyperDrive for iPad Pro

新しいiPad Proに必要なポートが全て揃ったUSB-Cハブ『HyperDrive for iPad Pro』が登場。iPad Proにピッタリなコンパクトな本体に、HDMI、USB-C、USB 3.1、オーディオジャック、SDカードとマイクロSDカードリーダーを搭載。

ポリカーボネート製マウンタで本体と一体化でき、アップル純正の「Smart Folio」や「Smart Keyboard Folio」を装着したまま問題無く使えるようです。カラーバリエーションはiPad Proの本体色に合わせたシルバーとスペースグレイの2色。

見た目はちょっとイケてませんけど、iPad Proをラップトップのように使いたい場合には便利かもしれませんね。


Link » HyperDrive for iPad Pro

November 7, 2018 | Categories » Technology | Tags »


 

所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』の2018年版を作りました

Instrumental™ Things 2018 Edition

昨年ボクの所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』をリリースし、多くの方々に読んでいただけて本当にうれしく思います。そして約1年が経ち、自分の所有するモノが日々少しづつアップデートされていく中で、情報化社会の今の時代は電子書籍もOSやアプリケーションのようにアップデートされるべきではないかと考え、今一度自分の所有物リストを更新することにしました。

ここに掲載しているモノは、スーツケース2個分の所有物で生活しながら、東京で働くいちクリエイターのリアルな生活必需品であり、選りすぐりの愛用品一覧です。まだ購入されていない方も、これを機に是非読んでみてください。


Link » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』の2018年版を作りました|Masaya™|note


Related Post » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を作りました

November 5, 2018 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , ,


 

MacBook Proの電源アダプタにUSBポートを追加する『HyperDrive USB-C Hub』

HyperDrive USB-C Hub for 13" MacBook Pro 61W Power Adapter

『HyperDrive』から、MacBook Proの電源アダプタにUSBポートを追加することができるアタッチメントが登場。USB 3.0ポートを2つ搭載しているので、iPhoneやiPadなどのデバイスを同時に充電したり、MacBook ProのUSBハブとしても使うことができます。これは便利ですね。


Link » HyperDrive USB-C Hub for 13″ MacBook Pro 61W Power Adapter

Link » HyperDrive USB-C Hub for 15″ MacBook Pro 87W Power Adapter


Related Post » 新しいMacBook ProのためのThunderbolt 3ハブ『HyperDrive』 が日本でも発売

November 2, 2018 | Categories » Technology | Tags »


 

Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad Pro』を発表

Apple iPad Pro

本日アップルがスペシャルイベントでたくさんの新製品を発表しましたが、その中で特に気になったのはやっぱり『iPad Pro』ですね。

ラインアップは11インチと12.9インチの2モデルで、デザインはiPhone Xシリーズ同様にホームボタンが無くなってベゼルレスになり、「Touch ID」に変わって顔認証機能の「Face ID」を搭載。CPUは50%以上高速化し、カメラの性能もさらに進化しました。

そしてLightningコネクタからUSB-Cコネクタへとアップデートされ、同コネクタからiPhoneやデジカメなどのガジェットを充電したり、最大5Kの映像出力が可能になりました。また、同時に発表された「Apple Pencil 2」は、本体側面にマグネットで固定することが可能で、自動でペアリングと充電が開始されるとのことです。

前モデルから大幅な進化を遂げているので買い替えたいと思ってますが、持ち運びのことを考えるとやっぱり11インチですかね。


Link » iPad Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、 9.7インチの小型『iPad Pro』を発表

November 1, 2018 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Apple iPhone XS Max

Apple iPhone XS Max

iPhone XS Maxを使い始めて1ヶ月が経ちました。iPhone Xからの買い替えなので一回り大きくなって持ち運びは多少不便になりましたが、ポケットに収まるギリギリのサイズに全面有機ELディスプレイを搭載しているのはかなりインパクトがありますね。

こんな大きな画面が必要なのかと良く聞かれますが、これはスマートフォンを使って何をするのかによるところだと思います。ボクは前モデルのiPhone Xを使い始めてすぐに、iPhone 7 Plusのサイズに全面ディスプレイを搭載したモデルを使いたいと思ったんですよね。おかげで閲覧性と生産性は大きくアップし、結果的にiPad Proを小脇に抱えて持ち運ぶ頻度が激減しました。

デザインは前モデルから基本的に変わりませんが、CPUは50%以上高速化し、防水、防塵性能も改善され、カメラの性能もさらに進化しました。とは言え革新性は全く無く、使い方が大きく変わるわけでもありません。ボクのようなハイテクガジェット好きならともかく、普通の人にはもうこんな高価で高性能なスマートフォンなんて必要無いんでしょうね。


Link » iPhone XS – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone XS』と『iPhone XS Max』を発表

October 29, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » ,


 

Apple、全面ディスプレイ搭載でカラーバリエーション豊富なエントリーモデル『iPhone XR』を発売

Apple iPhone XR

アップルが先月のスペシャルイベントで発表した、全面ディスプレイを搭載したカラーバリエーションが豊富なエントリーモデル『iPhone XR』が発売。

画面サイズはiPhone XSとXS Maxの中間サイズの6.1インチ全面液晶ディスプレイを搭載し、iPhone XSと同等性能のCPU、写真にボケ効果を加えることができるカメラ、防水、防塵機能、顔認証機能「Face ID」などを搭載。

液晶ディスプレイの仕様上ベゼル幅が広いのが残念ですが、iPhone XSのデザインやスペックを引き継ぎながらも価格が抑えられていて、必要十分な性能を備えたエントリーモデルに仕上がってますね。


Link » iPhone XR – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』を発表

October 26, 2018 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Leica、液晶ディスプレイ非搭載のM型カメラの新モデル『Leica M10-D』を発表

Leica M10-D

ライカが、ボディ背面に液晶ディスプレイを搭載しないM型カメラの新モデル『Leica M10-D』を発表。基本仕様は「M10」を継承していますが、背面には電源とISO感度の設定ダイヤルがあるだけで、さらにフィルム巻き上げレバーのような収納式サムレストを搭載していて、まるでフィルムカメラのような外観になっています。

Wi-Fi内蔵でスマートフォンアプリを使った各種設定、撮影画像の確認や画像転送が可能です。また、別売のGPS内蔵外付けEVFをホットシューに装着することで、ライブビュー撮影や撮影画像の確認が可能になります。

ライカには最先端デジタルボディを期待していないので、こういうフィルムカメラのシンプルさとデジタルカメラの便利さが上手く融合したカメラはおもしろいですね。


Link » Leica M10 // Leica M-System // Photography – Leica Camera AG


Related Post » Leica、アルミユニボディのAPS-Cセンサー搭載レンズ交換式カメラの新型『Leica TL』を発表

October 24, 2018 | Categories » Technology | Tags » ,


 

ライカMマウント搭載デジタルレンジファインダーカメラ『Pixii』

Pixii

フランスのスタートアップが、ライカMマウント搭載デジタルレンジファインダーカメラ『Pixii』を発表。背面に液晶ディスプレイが搭載されていないため、撮影時には光学ビューファインダーを覗き込み、撮った写真は連携したスマートフォンで確認するという仕様になっています。

詳しい仕様はまだ明らかにされていませんが、フィルムカメラのシンプルさとデジタルカメラの便利さが上手く融合していておもしろいですね。


Link » PIXII


Related Post » DJI、手のひらサイズの高性能ミニドローン『Spark』を発表

October 24, 2018 | Categories » Technology | Tags »


 

手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』

Palm Phone

『Palm』から、手のひらサイズのAndroidスマートフォン『Palm Phone』が登場。本体には3.3インチの液晶ディスプレイを搭載し、重さわずか62.5gで、サイズは幅50.6mm、 高さ96.6mm、厚さ7.4mmと超コンパクト。800万画素のメインカメラと、500万画素のインカメラを搭載し、バッテリー容量は800mAhで1日中使用可能。さらにIP68の防水、防塵性能を備えています。

おもしろいデバイスですが、残念ながらアメリカのキャリア『Verizon』の独占販売で、さらに同社の番号共有サービスで利用するため、あくまでサブ機という位置付けのようですね。

以前に手のひらサイズのAndroidスマートフォン「Posh Micro X S240」をiPad miniと組み合わせて使ってみたことがありますが、カメラはおもちゃレベルだし、とにかく文字入力がしづらかったので、結局通話とメールやテキストメッセージなどの確認用になってしまいました。小さければ良いってものでも無いんですよね。


Link » Palm Small Connected Device Only at Verizon Wireless


Related Post » 世界最小Androidスマートフォン『Jelly』

October 19, 2018 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 228 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air