Sony、「α」シリーズや「RX100」シリーズで使えるBluetoothリモコン内蔵シューティンググリップ『GP-VPT2BT』を発売

Sony GP-VPT2BT

ソニーから、ミラーレス一眼「α」シリーズやコンパクトカメラ「RX100」シリーズで使える、Bluetoothリモコン内蔵シューティンググリップ『GP-VPT2BT』が発売。

前モデルである「GP-VPT1」と比べて少し大きくなってしまったものの、カメラとの接続ケーブルが不要になって取り回しがしやすくなり、防塵防滴性能を備えました。雲台部分は左右90度ごとに回転し、自撮りから外向き撮影にボタン1つで切り替え可能で、自在なアングル調整が可能なチルト機構も備えています。また、脚を開けばテーブル三脚としても使えます。

現在愛用している同社の「RX100 VII」と組み合わせて試してみたいですね。


Link » Sony ワイヤレスリモートコマンダー機能付シューティンググリップ GP-VPT2BT


Related Post » Sony、1型センサー搭載コンパクトカメラの新モデル『RX100 V』を発売

January 17, 2020 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Insta360、ライカと共同開発した1型センサー搭載モジュール式アクションカメラ『Insta360 ONE R 1-Inch Edition』を発表

Insta360 ONE R 1-Inch Edition

360度カメラやアクションカメラを手がける『Insta360』が、ライカと共同開発した1型センサーを搭載したモジュール式アクションカメラ『Insta360 ONE R 1-Inch Edition』を発表。

1型センサーと35mm判換算14.4mm相当の広角レンズ「Leica Super-Elmar-A F3.2/14mm ASPH.」を搭載し、18メガピクセルの静止画と最大5.3K/30fpsの動画撮影、タイムラプスやタイムシフト撮影が可能。ジンバル並みのブレのない動画を撮ることができる強力な手ブレ補正機能を搭載し、カメラモジュールを「360度デュアルレンズモジュール」に交換することで、360度動画の撮影が可能になります。

価格は税込68,200円で、「360度デュアルレンズモジュール」は税込24,200円。これはかなり気になりますね。


Link » Insta360 ONE R 1-Inch Edition

Link » Insta360 ONE R用 360度レンズモジュール


Related Post » Leica、アルミユニボディのAPS-Cセンサー搭載レンズ交換式カメラの新型『Leica TL』を発表

January 13, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

スマートフォンと連動して脳波を測定できるヘッドバンドの新モデル『Muse S』

Muse S

スマートフォンとBluetooth接続して脳波を測定できるヘッドバンドの新モデル『Muse S』が登場。

新たに布製になったヘッドバンドをヨガや瞑想中などに装着すれば、アプリを使って脳がどれくらいストレスやリラックス状態なのかを測定できるだけでなく、心拍数、呼吸、身体の動きもモニタリングし、リアルタイムにフィードバックしてくれます。さらに眠りにつきやすいようにサウンドトラックを流して寝付きをサポートする機能が備わりました。ヘッドフォンは搭載していないので、ワイヤレスイヤフォンと組み合わせて使うのが良さそうですね。

ボクは数年前から毎朝の瞑想が習慣になっていますが、ゆっくりと深く呼吸をすることで心が落ち着き、頭の中がクリアになって集中力が高まるのを実感しています。


Link » Muse S: Brain Sensing Headband – Technology Enhanced Meditation


Related Post » スマートフォンと連動して脳波を測定できるヘッドバンドの新モデル『Muse 2』

January 13, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , ,


 

Sony、電気自動車のコンセプトモデル『VISION-S』を発表

Sony VISION-S

ラスベガスで開催された「CES 2020」で、ソニーが電気自動車のコンセプトモデル『VISION-S』を発表。出力200kWのモーター2つによって4輪を駆動させ、停止状態から時速100キロまで4.8秒で加速でき、最高時速は240kmに達するとのことです。

とは言ってもソニーは自動車メーカーになろうとしているわけではなく、『VISION-S』には同社が供給できる各種センサー類やインフォテインメント技術が盛り込まれていて、これからのモビリティにおける安心、安全に加えて、快適さやエンターテインメントなどを追求する取り組みを表明したコンセプトカーになっているようです。近い将来自動運転が当たり前になってくれば、これらはますます重要になってきますからね。

ソニーが電気自動車を作る時代が来るとは思ってもみませんでしたが、現在スマートフォンの大半に供給している同社のイメージセンサー事業が、映画や金融事業に比肩するほどの規模になっていることを考えれば納得ですかね。


Link » Sony Japan | VISION-S


Related Post » Sony、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトデジタルカメラ『Sony RX1R II』を日本でも発売

January 10, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

必携トラベルグッズ 2019

必携トラベルグッズ 2019

明けましておめでとうございます。2020年もINSTは情報過多時代のシンプルで豊かなライフスタイルをコンセプトに、本当に役立つモノやニュースをエディットして紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年末の休暇はオーストラリアに遊びに行ってきました。ゴールドコーストに住む妻の友人夫妻の自宅でBBQをご馳走になったり、オーストラリア最東端のバイロンベイまで足を伸ばして、周辺を色々と見て回って美味しい食事をしたり、キレイなビーチでドローンを飛ばして遊んだりと、季節感が全く無い年越しでした。旅の様子はTwitterInstagramの方にアップしていますのでフォローはお気軽に。

今までに何度かボクが旅先に必ず持って行くトラベルグッズを紹介していますが、今回もアップデートしたモノをいくつかまとめてみました。以前にポストした毎日必ず持ち歩いているモノと合わせてチェックしてみてください。

Read More »


Related Post » Arc’teryx Squamish Hoody + mont-bell Plasma 1000 Down Jacket

January 6, 2020 | Categories » Column, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


 

所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』の2019年版をアップデートしました

Instrumental™ Things (2019 Edition)

ボクの所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』の2019年版をアップデートしました。9月にリリースした後に購入した最新ガジェットなどを反映した内容になっています。すでに購入されている方は再度ダウンロードをお願いします。まだ購入されていない方も、これを機に是非読んでみてください。


Link » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を2019年版にアップデートしました|Masaya™|note


Related Post » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』の2018年版をアップデートしました

December 25, 2019 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , ,


 

ベストガジェット 2019

Best Gadgets 2019

2019年も残り僅かになって来ました。今年もいくつかの素晴らしいガジェットとたくさんのガラクタが発表されましたが、その中から日々の生活を便利で豊かにしてくれたものをセレクトしてみました。ということで今年も恒例のINST的ベストガジェットを発表したいと思います。

Read More »


Related Post » Sharp Healsio Hotcook

December 23, 2019 | Categories » Column, Life, Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , , ,


 

睡眠の質を高めるヘッドバンド『Philips SmartSleep』が日本でも発売

Philips SmartSleep

頭に装着して寝るだけで睡眠の質を高めてくれるヘッドバンド『Philips SmartSleep』が日本でも発売。

搭載したセンサーが睡眠状態をモニタリングし、深い睡眠を感知すると耳元に柔らかいオーディオトーンを流して睡眠の質を高めてくれるとのことです。さらにスマートフォンのアプリと連動して睡眠ログを取ったり、アドバイスもしてくれるそうです。

睡眠時間を伸ばさずに身体をより休めることができるなんて素晴らしいですね。ヘッドバンドというのが邪魔くさそうですが、これは是非試してみたいです。


Link » Philips SmartSleep


Related Post » 睡眠の質を高めるヘッドバンド『Philips SmartSleep』

December 16, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Apple、新型『Mac Pro』と6Kディスプレイ『Pro Display XDR』を発売

Apple Mac Pro / Pro Display XDR

アップルが「WWDC19」の基調講演で発表した、クリエイティブプロ向けの新型『Mac Pro』と6Kディスプレイ『Pro Display XDR』を遂に発売。

CPUは最大28コアの「Xeon」、GPUは「Radeon Pro Vega Ⅱ」を搭載し、6Kディスプレイを最大6台まで接続可能で、4Kストリームを最大12本、8Kストリームを最大3本同時に扱うことができます。さらにPCIe拡張スロットを8基、Thunderbolt 3を2ポート、USB-Aを2ポート、3.5mmオーディオジャックを搭載し、メモリは最大1.5TBまで搭載可能と拡張性が大幅に向上。また、移動しやすいようにオプションで本体下部にキャスターを取り付けることもできます。

『Pro Display XDR』は、解像度6,016×3,384ピクセルの32インチ6Kディスプレイで、コントラスト比は100万:1と業務用マスターモニターに近い性能を実現。また、スタンドは画面の傾きと高さを調節できるだけでなく、ディスプレイを回転してポートレートモードに切り換えることもできます。

どちらもアルミニウムから削り出した金属の塊のようなソリッドなデザインで、排熱のためのパンチング加工が機能美と力強さを感じさせますね。とんでもないスペックになっていますが、価格は『Mac Pro』が599,800円から、『Pro Display XDR』が529,800円とプロ仕様になっていますね。


Link » Mac Pro – Apple(日本)

Link » Pro Display XDR – Apple(日本)


Related Post » Apple、新型『Mac Pro』と6Kディスプレイ『Pro Display XDR』を発表

December 13, 2019 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

スリムな防水、防塵、耐衝撃ケース『Catalyst Waterproof Case』にiPhone 11/11 Pro/11 Pro Max用が登場

Catalyst Waterproof Case for iPhone 11 Pro

iPhone用のスリムな防水、防塵、耐衝撃ケース『Catalyst Waterproof Case』にiPhone 11/11 Pro/11 Pro Max用が登場。水深10mの防水性能と、2mの耐衝撃性能を備えていて、ケースを装着したままでタッチスクリーン操作に対応し、全てのボタンと機能が使用可能。iPhone 11は防水性能が向上しているとは言えやはり生活防水レベルですからね。


Link » Catalyst Waterproof Case for iPhone 11

Link » Catalyst Waterproof Case for iPhone 11 Pro

Link » Catalyst Waterproof Case for iPhone 11 Pro Max


Related Post » スリムな防水、防塵、耐衝撃ケース『Catalyst Waterproof Case』にiPhone XS/XS Max用が登場

December 9, 2019 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 236 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air