高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のMacBook専用サコッシュが発売

NEXTRAVELER TOOLS Sacoche

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のMacBook専用サコッシュが発売。肌身離さず持ち歩くiPhoneのように、MacBookを体にピタっとつけて一体化するために開発されていて、手ぶらのような気分でMacBookを持ち歩くことができます。

素材には防爆シートや防刃ベストで知られる「超高分子量ポリエチレンファイバー」を使っていて、同等サイズの製品の半分の重さで倍の強度を達成しているそうです。サイズはMacBook用と、MacBook Pro 15インチ用の2サイズ。個人的にはiPad Pro 10.5インチ用があったらもっとよかったですね。


Link » NEXTRAVELER TOOLS Sacoche for MacBook

Link » NEXTRAVELER TOOLS Sacoche for MacBook Pro


Related Post » 高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のバックパックが発売

September 17, 2018 | Categories » Recommend, Thing, Travel | Tags » ,


 

Apple、『iPhone XS』と『iPhone XS Max』を発表

Apple iPhone XS/XS Max

アップルがスペシャルイベントで、iPhone Xのアップグレードモデル『iPhone XS』と大画面版の『iPhone XS Max』、カラーバリエーションが豊富なエントリーモデル「iPhone XR」を発表しましたが、気になるのはやっぱり進化したハイエンドモデルの『iPhone XS』ですね。

デザインは前モデルから基本的に変わりませんが、新たにゴールドモデルが追加され、CPUには50%以上高速化した新しいチップ「A12 Bionic」を搭載。防水、防塵性能も改善され、水深2mまでの防水性能を備え、カメラはHDR撮影のシャッターのタイムラグがゼロになり、ポートレートモードで写真を撮影したあとに被写界深度の調節が可能になりました。そして『XS Max』はiPhone 8 Plusとほぼ同じ大きさの本体全面に、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載。この画面サイズはかなりインパクトがありますね。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、順当な進化を遂げていますね。iPhone Xの手に収まるサイズ感は使いやすかったですけど、今回はポケットに収まるギリギリのサイズが全画面になった『XS Max』を買ってみようと思います。


Link » iPhone XS – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』を発表

September 14, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » ,


 

充電ドックに自動ゴミ吸引機能を搭載したロボット掃除機『iRobot Roomba i7+』

iRobot Roomba i7+

ロボット掃除機ルンバに、充電ドックに自動で本体内のゴミを吸引する機能を搭載した新型『Roomba i7+』が登場。

新しい充電ドックは、ルンバ本体の中に溜まったゴミを自動で吸引し、ドックに設置されている集塵パックに集めることが可能。集塵パックは掃除30回分の容量で、捨てるのも指先で持ち上げるだけで簡単。これならルンバを長期間放置しておけるので、ゴミを手動で捨てる手間が大幅に省けますね。

価格はゴミ吸引機能付き充電ドック付属モデルが949ドルで、通常の充電ドック付属モデルが699ドル。日本で発売されたら是非購入したいと思います。


Link » Roomba® i7+ Robot Vacuum | iRobot


Related Post » ロボット掃除機『iRobot Roomba 871』

September 7, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , ,


 

Arc’teryx Alpha SK 32 Backpack

Arcteryx Alpha SK 32 Backpack

9月になって夏の終わりを感じる今日この頃ですが、早速少しづつですが冬支度を始めています。先日はスノーボード用にアークテリクスのバックパック『Alpha SK 32 Backpack』を購入しました。軽量で耐久性と耐候性が高く、バックカントリースキーとスノーボードに必要なツールを持ち運ぶためにデザインされています。

メインポケットには上部以外にサイドジッパーからも簡単にアクセスでき、前面のサブポケットにはツールや濡れたギアを整理して収納可能。上部の蓋のには素早くアクセスできる小物用のポケットを備え、内側にはヘルメットを装着できます。また、スキー板やスノーボードを装着するためのストラップは取り外し可能です。

ボクはウェアもボードブラックで統一しているので、ジッパーやストラップのビビッドカラーが少しうるさいかなと思ったんですが、雪山での使い勝手を考えた結果なんでしょうね。早く今シーズンのスノーボードで使ってみたいです。


Link » Arc’teryx Alpha SK 32 Backpack


Related Post » Arc’teryx Alpha SV Jacket

September 3, 2018 | Categories » Recommend, Thing | Tags » , , , ,


 

NEXTRAVELER 沖縄北部 – 高城剛

NEXTRAVELER 沖縄北部 - 高城剛

高城剛氏による旅行ガイドシリーズ『NEXTRAVELER』が、大手出版社ではなかなか出せない内容や地域を凝縮して、Kindle版限定で再始動。第1弾は沖縄本島北部だけにフォーカスしていて、氏が独断と偏見で選び、すべての撮影と取材を試みた旅行本になっていて、広告およびタイアップは一切ありません。

ありきたりの旅先は載せていないとのことでしたが、本当に知らないスポットが満載でビックリ。これを読んだらまた遊びに行きたくてウズウズしてきました。今作も「Kindle Unlimited」なら無料で読むことができちゃいますよ。

那覇が爆発している。
空港は急速に拡大工事が行われ、港に続々大型船が来航し、
那覇はもう人を受け入れるキャパシティを遥かに超えてしまっている。

そこで、那覇に到着したばかりのゲストを、高速船を使って北部まで一気に運ぶ計画が急浮上した。
その導線が確保できるまでも、専用高速バスを何台も走らせ、
北部に巨大レンタカーターミナルを作り、官民あげて北部振興を計画中。
ということは、これから数年後に、沖縄本島北部が那覇化することが予測される。

本書は、そうなる前に、誰よりも先に北部を遊び倒してしまうことだけを目的に書いた一冊だ。
だから、世にも珍しい、本邦初の(世界初の)沖縄本島北部だけの旅行ガイドブックである。
まだまだ知られていない沖縄本島北部の魅力を、いまのうちにご堪能いただけたら幸いです。



Link » NEXTRAVELER 沖縄北部 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 – 高城剛

August 27, 2018 | Categories » Entertainment, Recommend, Travel | Tags » , ,


 

DJI、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』『Mavic 2 Zoom』を発表

DJI Mavic 2 Pro/Zoom

DJIが、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』と『Mavic 2 Zoom』を発表。『Mavic 2』シリーズは、前モデルのデザインを継承しながら、新しいジンバルスタビライザー、ハイパーラプス、アクティブトラックなどのインテリジェント機能を搭載。

『Mavic 2 Pro』は、10-bitカラープロファイルに対応した有効約2,000万画素の1インチセンサーを採用した、ハッセルブラッドのカメラを搭載。レンズは35mm判換算28mmで、絞りはF2.8 – F11の範囲で調整可能。

『Mavic 2 Zoom』は、有効約1,200万画素の1/2.3インチセンサーを採用した、35mm判換算24-48mm相当のズームレンズを搭載。デジタルズームと合わせると最大4倍となる96mm相当の中望遠を実現。また、クイックショットに新しく追加された「ドリーズーム」を使うことで、飛行方向と逆方向にズームすることによって背景だけが近づいてくるような撮影ができます。

サイズはどちらも共通で、アームとプロペラを折りたたむと高さ84mm、幅91mm、奥行き214mmと片手で簡単に持ち運べるサイズになり、コントローラーもスティックが着脱式になってさらにコンパクトに持ち運べるようになりました。

価格は『Mavic 2 Pro』 が189,000円で、『Mavic 2 Zoom』が税込162,000円。前モデルの完成度も高かったですが、『Mavic 2』シリーズは全ての面においてさらにブラッシュアップされていて、空飛ぶカメラとして順当な進化を遂げていますね。


Link » DJI Mavic 2 Pro

Link » DJI Mavic 2 Zoom


Related Post » DJI、小型折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic Air』を発表

August 24, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , ,


 

ポータブル小型エスプレッソマシン『Wacaco Nanopresso』

Wacaco Nanopresso

ここ数年自分でコーヒーを淹れる時はハンドドリップばかりでしたが、最近モバイル用は小型エスプレッソマシン『Wacaco Nanopresso』を使っています。

高さ156mm、重さ336gと軽量コンパクトですが、最大圧力は18バールと小型機ながら高性能。電気を使用しないので、お湯さえあれば手軽に本格的なエスプレッソが楽しめます。これまでこの手のエスプレッソマシンは色々と試してきましたが、コンパクトで持ち運びに便利だし、何より手軽で美味しいので気に入っています。

コーヒー豆はシングルオリジンの良質な豆を、コンパクトな組立て式の手挽きコーヒーミル「ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ」を使って挽いています。


Link » Wacaco Nanopresso


Related Post » ポータブル小型エスプレッソマシン『Staresso Coffee Maker』

August 13, 2018 | Categories » Life, Recommend, Technology, Travel | Tags » , ,


 

Thermos 真空断熱フードコンテナー

Thermos 真空断熱フードコンテナー 0.5L ブラック

これまで自宅で玄米を食べる時は、数時間水に浸けてから炊飯器「Tiger tacook」で炊いていましたが、最近はサーモスの『真空断熱フードコンテナー』を使って発芽させてから炊いています。

やり方はとても簡単で、フードコンテナーに洗米した玄米を入れ、40度位のお湯を注いでフタをして一晩浸けておけば、朝起きた頃にはバッチリ発芽玄米になっています。発芽玄米は完全食と呼ばれるほど非常に栄養価が高く、発芽によってやわらかくなり美味しくなるのでオススメです。

現在食事は基本的に毎日朝は玄米と味噌汁、昼は玄米とちょっとした惣菜、夜はその日の予定次第で特に決めないという玄米生活を送っています。毎日玄米ばかりで飽きないのかと思われそうですが全く飽きません。それどころかむしろ体調は良いし、料理の手間も時間もかからず必要なモノも少なくて済むなどメリットしかありませんね。

「あなたは、あなたの食べたものでできている」ということわざがありますが、人生を豊かに楽しく生きるために、健康的な食生活を送りたいですね。


Link » Thermos 真空断熱フードコンテナー 0.5L ブラック


Related Post » 久司道夫のわかめふりかけ

August 8, 2018 | Categories » Life, Recommend, Thing | Tags » , , , ,


 

Nike Free Inneva Woven Tech SP

Nike Free Inneva Woven Tech SP

最近良く履いているナイキのスニーカー『Free Inneva Woven Tech SP』。近年同モデルのブラックを気に入って履いていましたが、気に入りすぎて春夏からはホワイトモデルも履いています。

ウーブンシリーズのフィット感と軽量さは履き心地抜群ですね。タウンユースやランニングにはもちろんのこと、小さく折りたためるので旅先に持って行くのにもかさばりませんよ。


Link » Nike Free Inneva Woven Tech SP


Related Post » Nike Free Inneva Woven

August 3, 2018 | Categories » Recommend, Thing, Travel | Tags » , , ,


 

心拍センサーを搭載した指輪型フィットネストラッカー『Oura Ring』

Oura Ring

高城剛氏が先日のメルマガで紹介していた、心拍センサーを搭載した指輪型フィットネストラッカー『Oura Ring』の新モデル。

チタン製の小さな指輪の中にはたくさんのセンサーが搭載されていて、歩数、距離、心拍、体温、消費カロリー、睡眠時間などの計測することができます。さらに100m防水に対応し、バッテリー駆動時間は最大7日間。スマートフォンアプリと連携することで様々なデータと1日の活動スコアの確認ができます。

カラーバリエーションは、シルバー、ローズゴールド、ブラック、マットブラックの4色。価格は299ドルからで、残念ながら現時点で日本からは購入できませんが、秋からは日本への発送にも対応するそうですよ。これは是非試してみたいです。


Link » Oura Ring | Sleep Tracker and Smart Ring with a Heart Rate Monitor


Related Post » 寝起きをするだけで睡眠を自動的に記録してくれる睡眠トラッカー『Nokia Sleep』

August 1, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 81 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air