スティーブ・ジョブズも好んだ『歩きミーティング』でクリエイティビティをアップ

スティーブ・ジョブズも実践する『歩きミーティング』

アップルなどの多くの企業でビジネスイノベーターとしてキャリアがある、ニロファー・マーチャント氏がTEDトークで紹介している『歩きミーティング』。スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグ、ジャック・ドーシーなどの著名人が好んでいることでも有名ですが、スタンフォード大学の研究によると、歩いている時にはクリエイティビティが平均60%もアップするそうです。仕事をしながら軽いウォーキングができるし、特に屋外の自然の中を歩くと気持ちもオープンになるので、少人数のブレインストーミングに最適とのことですよ。確かになかなか考えがまとまらない時に、フラッと外を歩くとアイデアが浮かんでくる実感がありますね。

Link » Nilofer Merchant: ニロファー・マーチャント: ミーティングは歩きながら | TED Talk | TED.com

Link » 正解は「歩く」。ジョブズの頭脳を支えたテク | cafeglobe


Related Post » スティーブ・ジョブズ公式伝記を映画化した『スティーブ・ジョブズ』予告編

November 20, 2017 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , , , | No Response »


 

スティーブ・ジョブズも実践する『毎日同じ服を着る』5つの利点

スティーブ・ジョブズも実践する『毎日同じ服を着る』5つの利点

フォーブスジャパンに、毎日同じ服を着ることで得られるメリットが紹介されています。毎日同じ服といえば、スティーブ・ジョブズがいつも黒のタートルネックにジーンズ、ニューバランスのスニーカーというファッションで有名ですが、著名人の中にも毎日同じ服を着ることで、一日の意思決定のためのエネルギーを消費しないようにしている人たちがいます。服を選ぶという重要でないことに時間と労力をかけることほど無駄なことはありません。毎年トレンドを追いかけて服を買い替える人よりも、今はもう毎日同じ服を着る人の方が強いアイデンティティを持つ時代へと変わったと感じますね。

何年か前、筆者は毎日あえて同じ服を着るという実験をしてみた。一週間にわたり、同じダークグレーのTシャツとカーキのパンツで過ごした。周囲の人たちがそれについて何を言い、自分自身がどのような考えを持つか、試してみたいと思ったのだ。

Link » 「毎日同じ服を着る」5つの利点 S・ジョブズも実践


Related Post » スティーブ・ジョブズも好んだ『歩きミーティング』でクリエイティビティをアップ

November 20, 2017 | Categories » Life, Recommend | Tags » , , , | No Response »


 

『Wonderwall』が手掛けた『KAWS』の自宅

Inside the Art-Filled Home of KAWS

アメリカのブルックリンにある『KAWS』の自宅の写真が公開されています。手掛けたのは片山正通氏が率いる『Wonderwall』。開放的な空間が村上隆氏やジョージ・コンドなどのアート作品で埋め尽くされていて、まるでギャラリーの中に住んでいるようですね。

Link » Brian Donnelly’s Art-Filled Home | Architectural Digest


Related Post » 『Wonderwall』が手掛けた『KAWS』のスタジオ

November 8, 2017 | Categories » Art - Design, Life | Tags » , , , , , | No Response »


 

オージ 水出しドリッパー

Oji WD-45

ブルーボトルコーヒーでも使われている、オージ製水出しドリッパーの家庭用コンパクトモデル。他のコーヒー器具では味わえない本格的なコールドブリューコーヒーを自宅で簡単に楽しめます。1回で450mlのコーヒーを抽出でき、抽出速度はコックを回して調節可能なので、豆の種類や好みによって濃さを調整することができます。クラシカルなデザインも雰囲気があって良いですね。

Link » オージ 水出しドリッパー WD-45


Related Post » Blue Bottle Coffee、缶コーヒー『Cold Brew』を発売

October 30, 2017 | Categories » Life, Thing | Tags » , , | No Response »


 

The Blue Bottle Craft of Coffee – ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー

The Blue Bottle Craft of Coffee - ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー

先日三軒茶屋にもオープンしたブルーボトルコーヒーによるコーヒー本『The Blue Bottle Craft of Coffee』の日本語翻訳版が発売。コーヒー豆の栽培、焙煎、抽出方法、店で販売しているデザートのレシピが素晴らしい写真やイラストと共に解説されていて、様々な写真から店の雰囲気を楽しむことができますよ。

Link » The Blue Bottle Craft of Coffee – ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー


Related Post » The Blue Bottle Craft of Coffee

October 30, 2017 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , | No Response »


 

LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略

LIFE SHIFT - 100年時代の人生戦略

今年最初のエントリーでも紹介した、イギリスの経営学者と経済学者のコンビによる、誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くかをテーマにした『LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略』。人生が短かった時代の「教育→仕事→引退」という3ステージの画一的な生き方は時代遅れになり、これからは生涯に2つ、3つのキャリアを持つマルチステージの人生が普通になっていきます。そんな長寿化時代にどのように働き方、生き方を変えていくべきかのヒントをもらえる一冊です。

寿命が延びて引退年齢が70~80歳になり、テクノロジーの進歩によってスキルや知識が時代遅れになったりする結果、キャリアの初期に身につけた専門技能を頼りに長い人生を生き抜くのは難しくなります。マルチステージ化する長い人生を生きていくために必要なのは「変身」のためのスキルです。キャリアだけでなく、ライフスタイルや人間関係など、柔軟性を持って新しい選択肢を模索し、自らを再創造していくことが重要になってきます。会社員であっても、余暇時間を使って新しいスキルや知識を身に付けたり、趣味や好きなことで副業や複業したり、異業種とネットワークを築いてプロジェクトを始めてみたりと、「変身資産」を築くために投資を続けていくことが重要です。

世界に先駆けて超高齢化社会に突入している日本は、あらゆることがボクらの親世代の常識とは大きく変わり始めています。すでに終身雇用は当たり前ではなくなり、年金制度は崩壊し、急激な高齢化により医療費などの社会保障費は膨張して国の財政は悪化し続けています。政府の対応を期待して待っているのではなく、個人で早急に変化しなければなりません。ハイリスクな20世紀型のライフプランから脱却し、若いうちから人生をデザインして定期的にアップデートしていきましょう。

Link » LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略

Link » LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略(Kindle版)


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ 2017

October 16, 2017 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , | No Response »


 

ネスレ、Blue Bottle Coffeeを買収

ネスレ、Blue Bottle Coffeeを買収

 食品世界最大手のネスレ(スイス)は14日、高級コーヒーの製造やカフェ運営を手がける米ブルーボトルコーヒーを買収したと発表した。成長鈍化に対し株主からの圧力が高まるなか、成長分野で買収攻勢をかける。(中略)

 ネスレはコーヒーの世界最大手で主力商品に「ネスカフェ」を持つ。一方、家庭でも簡単に本格的なエスプレッソを作れるカプセル式コーヒー「ネスプレッソ」で売り上げを伸ばすなど、プレミアム商品群にも力を入れている。ブルーボトルの買収で高成長が見込める高級コーヒー分野を一段と強化する意向だ。

グローバルビジネスとローカルなスモールビジネスが同居するような、新しいモデルを模索していって欲しいと思っていましたが、このまま画一化された大手コーヒーチェーンのようになってしまいそうですね。投資家から資金が集まり過ぎて事業を拡大させなければならなかったんでしょうけど残念な展開です。

Link » ネスレ、米ブルーボトル買収 成長分野で買収攻勢  :日本経済新聞


Related Post » The Blue Bottle Craft of Coffee

September 15, 2017 | Categories » Life, Thing | Tags » , , , , | No Response »


 

BALMUDAからオーブンレンジ『The Range』が登場

BALMUDA The Range

バルミューダのキッチンシリーズ第4弾となるオーブンレンジ『BALMUDA The Range』が登場。容量18Lのコンパクトなサイズで、中央にディスプレイ、モードスイッチ、キャンセルと設定ボタン、ダイヤル式のスタートボタンのみのシンプルなデザイン。機能もシンプルで、「自動あたため」「手動あたため」「飲み物」「冷凍ごはん」「解凍」「オーブン」の5モードのみ搭載し、グリル機能やスチーム機能を省いた設計となっています。シンプルなデザインでカッコいいし、ギターやドラムなどを使った操作音や調理完了時のライトもユニークですが、美味しいトーストが焼けるトースターとは違い、機能はいたって普通なのが残念です。すっかりバルミューダは高価でデザインが良いだけというイメージになってしまいましたね。

Link » 概要 | BALMUDA The Range | バルミューダ


Related Post » BALMUDAから土鍋より美味しいごはんが炊ける炊飯器『The Gohan』が登場

September 11, 2017 | Categories » Life, Technology | Tags » , , | No Response »


 

高城剛「ストリートの社会学」特別インタビュー編

高城剛『ストリートの社会学』特別インタビュー編

クーリエ・ジャポンで連載中の高城剛氏のコラム『ストリートの社会学』に、氏の最新刊「不老超寿」出版記念として『特別インタビュー編』が掲載されています。最近の活動から、超最先端医療、そしてこれからの乱世を生き抜く術まで、幅広い話題を語っています。新刊にも書かれていましたが、日本で売られているメジャーな企業のサプリは絶対買うべきじゃないと批判していたり、現在のポートランドは人口1%近い人たちがホームレスとして街に溢れているなど、衝撃的な話もいくつか出てきますよ。

Link » 人間の未来を知りたくて、内なる宇宙を旅している|高城剛「ストリートの社会学」特別インタビュー編 Vol.17-1 | クーリエ・ジャポン

Link » 最先端の遺伝子検査を自分の身体で試したら、がんが見つかった!|高城剛「ストリートの社会学」特別インタビュー編 Vol.17-2 | クーリエ・ジャポン

Link » 乱世を生き抜くのは「不老超寿」で「ハイブリッド」な個人!|高城剛「ストリートの社会学」特別インタビュー編 Vol.17-3


Related Post » 高城剛『ストリートの社会学』

September 11, 2017 | Categories » Life, Technology, Travel | Tags » , , | No Response »


 

所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を作りました

Instrumental Things eBook Edition

所有物をひたすら掲載していくウェブサイト『Instrumental™ Things』を、加筆して再編集した電子書籍を作りました。東日本大震災をきっかけに本格的にモノを減らし始め、その翌年に発売された高城剛氏の著書「Life Packing」を読んで以来、いずれ自分も所有するモノをリスト化したいと考えていました。そしてウェブサイトを立ち上げて少しづつ更新を始めてから約1年が経ち、ここで一旦区切りをつけようと思って電子書籍にまとめてみました。

ボクは所有している写真や音楽、映像や書籍は全てデジタル化してあり、自宅には必要最低限のモノと、ベッドや洗濯乾燥機などの快適に生活するために最低限必要な家具と家電しか置いていません。さらに近年はあらゆるモノにおいて簡単に持ち運べて、そのまま旅先に持ち出せるモノだけを持つようになったため、所有物はサーフボードとスノーボードを収納するバッグを除けばスーツケース2個に収まります。

数年前からモノを所有することよりも、情報や知識、体験や経験などへと消費がすっかりシフトしましたが、所有するモノに限らず口に入れるモノや摂取する情報など、自分に関わる様々な無駄をそぎ落としたいと思っています。そうすることで新しい時代の感性や考え方が生まれてくるんじゃないかと感じるからです。

あらゆるモノがデジタル化に向かう現代は、所有するモノと数によってその人が見えてくる時代です。ここに掲載しているモノは、東京で働くいちクリエイターのリアルな生活必需品であり、選りすぐりの愛用品一覧です。ここ数年21世紀の新しいシンプルライフを探求していく中で、ようやく自分にとってのラグジュアリーがわかってきましたが、この所有物リストを通じてアーバニズムを再定義したいと思います。

noteから購入できますので、是非読んでみてください。

Link » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を作りました | Masaya™ | note



Related Post » 所有物をひたすら掲載していくウェブサイト『Instrumental™ Things』を作成しました

September 8, 2017 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 51 Next »

 
Instrumental™ Things 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

Instrumental™ Things

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark