『Pokémon GO』が日本でも配信開始

Pokémon GO

現在世界中を熱狂させているスマートフォン用アプリ『Pokémon GO』がついに日本でも配信を開始。ゲームといえどリアルワールドを歩き回わる必要があるので、家にこもってゲームばかりやっているよりはよっぽど良いかもしれませんね。子どもの時に初代ポケモンをプレイして以来ですが、とりあえずダウンロードしてみようと思います。

Link » 『Pokémon GO』公式サイト


Related Post » モバイル版 Google マップ ポケモンチャレンジ

July 22, 2016 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , | No Response »


 

LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛

LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 - 高城剛

ハイパーノマドな高城剛氏が、持ち物の99%を処分して最後に残した1%の生活必需品をフルカラーで公開した一冊『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵』の続編がいよいよ8月に発売されます。メルマガのQ&Aコーナーによると前作より8割以上のモノが大幅にアップデートされいて、驚くべき軽量化&小型化に成功しているとのことです。そして新しく「二泊三日海外手ぶら」というコンテンツが追加されていて、そこにはちょっとしたパッキングのコツと秘密が書いてあるそうです。さらに「2週間から半年間、10リットルのバックパックのみ」には、驚くほど多くのモノを実際にパッキングして掲載しているそうですよ。これはかなり楽しみですね。

「アイデアは移動距離と比例する」というのは、僕の25年以上にわたる実感で、事実そうなのだと確信しています。
家の中で机に向かって何か考えるより、ブラりと駅前まで歩いて、面白いオジさんとすれ違うだけで、あたらしいキャラクターを思い浮かぶかもしれません。

その上、世間巷でよく言われる「どこでも働ける」というのは、wifiが完備したカフェやしっかりとした交通網がある小都市やリゾートではなく、インフラすらままならない場所を僕にとっては意味します。

それは、現代社会では「圏外」と呼ばれる場所なんです。身軽に「圏外」に出向いて、パッと「生活環境」を整えて、増大したアイデアをもとに仕事に私事に精を出せれば、人生は大いに豊かになるものだと、これまた実感しています。

また、家をやめたり、驚くほどに荷物を小さくしたり、信じられない速度で移動を続けるのは、ちょっとした「社会への抵抗」なのかもしれません。
音楽や文学から反骨や生き様、それに自由までがなくなってしまってからしばらく経ちますが、僕はその次としての「旅」や「あたらしい日常」に、反骨や生き様を見つけ出そうとしていると、改めて本書を書きながら感じています。
かつての「反骨としてのモノ」がギターだとしたら、いまの僕にとっての「反骨としてのモノ」は、ドローンに代表される、本書に収録した未来ディバイスの数々なのでしょう。

3年後のことなんて、わかりません。自分も社会も国家も世界もすべて。それが、未来のたったひとつの事実なんです。
だから、荷物を減らし、上手にパッキングし、あらゆるリスクに備え、心身ともに行けるところまで行って、人生を拡大しましょう!

Link » LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛


Related Post » 『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛』Kindle版が発売

July 20, 2016 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

Kanye West – Famous

カニエ・ウェストの新作『Famous』のミュージックビデオが公開。アメリカ人アーティスト「Vincent Desiderio(ヴィンセント・デジデリオ)」の作品「Sleep」からインスピレーションを受けて制作されたそうで、本人と妻であるキム・カーダシアンと一緒にテイラー・スウィフトやリアーナ、ドナルド・トランプなどのセレブ達が裸でベッドで寝ているという問題作。本人と妻であるキム・カーダシアン以外は蝋人形とのことですが、これはリアル過ぎてヤバ過ぎますね。


Related Post » Kanye West & Jay-Z – H.A.M.

July 4, 2016 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , , , | No Response »


 

POPEYE 2016年7月号 – 40年後の西海岸

POPEYE 2016年7月号 - 40年後の西海岸

『POPEYE』最新号が創刊40周年特大号ということで、なんと40年前のポパイ創刊号が付録になっています。特集は共に『カリフォルニア特集』ということで、アメリカ西海岸のファッションやカルチャーの40年の変化がわかるようになっているので比較できておもしろいですね。当時の広告ページが差し替わってしまっているのが残念ですが読み応えは十分です。

Link » POPEYE 2016年7月号 – 40年後の西海岸


Related Post » POPEYE 2014年12月号 – ポパイの遊歩大全 ’14

June 29, 2016 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , | No Response »


 

Amazon、電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』を日本でも8月開始へ

Kindle Unlimited

 アマゾンジャパンが電子書籍定額読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」を、8月にも日本で開始することが、複数出版社への取材で明らかになった。日本では電子雑誌の読み放題サービスが市場を拡大しているが、国内最大規模の電子書籍配信事業者による、書籍、雑誌、コミックスを含めたサービスの影響が注目される。

 利用者が月額980円の料金を支払うと、同サービスに参加するKindle版の電子書籍・雑誌・コミックスなどが読み放題になる。

アメリカではとっくに始まっているサービスなので今さら感がハンパないですが、一体どれだけのコンテンツを揃えることができたのかが非常に気になるところです。現在は雑誌読み放題サービス「dマガジン」を利用しているんですが、相変わらずアプリの出来がかなりクソなので、これを機にKindleアプリでまとめられるようになればうれしいですね。

Link » アマゾンジャパン、読み放題サービス8月開始へ:メディア産業の総合専門紙-文化通信


Related Post » Amazon、電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』をアメリカで開始

June 28, 2016 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

WIRED VOL.23 – Good Company いい会社

WIRED VOL.23 – Good Company いい会社

ワイアードの最新号が発売されました。今号の特集は『いい会社』ということで、世界の新興スタートアップから伝統的なるファミリー企業までを取材しています。中でも株主の利益より公益を追求することが法的に認められた企業形態「B-Corp」についての特集はおもしろかったです。自分が何かにお金を払う時に、その企業が社会や環境、社員やコミュニティに対して責任ある企業なのかを気にする消費者は、これからますます増えていくんでしょうね。世の中一体何のため、誰のためにあるのかわからない会社ばかりですが、自分の仕事やライフスタイルを改めて見直すいいきっかけになりました。

会社は株主の利益を最大化せねばならない。それは確かにそうかもしれない。
けれども、「会社は株主の利益のために存在する」と言われたら、
さすがに違和感がある。そもそも会社ってなんのためにあるんだっけ?
何かやりたいことがあって、人が集まってできたのじゃなかったっけ。
株主や「儲け」のためだけに存在してる会社なんて、おかしいじゃないか。
すべての「会社」がいま、新しい存在理由を求めはじめている。

Link » WIRED VOL.23 – Good Company いい会社

Link » WIRED VOL.23 – Good Company いい会社(Kindle版)


Related Post » WIRED VOL.10 – 未来都市2050

June 17, 2016 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , | No Response »


 

Amazon、動画販売プラットフォーム『ビデオ ダイレクト』を発表

Amazon Video Direct

アマゾンが、映像クリエイター向けの動画販売プラットフォーム『ビデオ ダイレクト』を発表。アップロードした動画は、「Amazonビデオ」で販売やレンタルをしたり、「プライム・ビデオ」でのプライム会員のストリーム時間、レンタル・購入・追加会員制サービスの月会費・アドインプレッションからのレベニューシェア、またはこれらオプションの組み合わせより、タイトルごとにロイヤリティの稼ぎ方を決められるとのことです。さらにプライム会員特典タイトルのうち上位100タイトルには100万ドルのボーナスが支払われるそうです。一般ユーザーの日常的な動画がアップされているYouTubeのようなサービスではなく、本格的な映像クリエーターを対象としたVimeoのようなサービスみたいですね。

Link » Amazonビデオ ダイレクト


Related Post » Amazon、TVセットトップボックス『Fire TV』を日本でも発売

May 13, 2016 | Categories » Entertainment | Tags » , , | No Response »


 

高城剛『ストリートの社会学』

高城剛『ストリートの社会学』

月刊誌から会員制コンテンツサービスに生まれ変わったクーリエ・ジャポンで、高城センセの新連載コラム『ストリートの社会学』がスタート。大学でこんな講義があったら受講したかったですね。

日々めまぐるしく世界中を移動しながら、ストリートから見えてくるもの。それは、より良き社会への前進の一歩か、悪辣で複雑巨大なルールの一端か。あるいは、世界を一瞬でのみ込む大混乱の予兆なのか──。
高城剛さんが、ふと訪れた旅先の路上に潜む「なにか」に心の眼を凝らし、写真撮影から原稿執筆までを自身のiPhoneだけで完結させる新連載コラム。
第1回は拡大版として、先日発表された新プロジェクト準備のため足繁く通った街の一角から──。

Link » 【初回拡大版】しがらみなき巨大移民都市・深セン|高城剛「ストリートの社会学」#1 | クーリエ・ジャポン


Related Post » COURRiER Japon 2010年7月号 – アップルが、世界を変える。

April 26, 2016 | Categories » Entertainment | Tags » , , | No Response »


 

人生を変える南の島々。日本編 – 高城剛

人生を変える南の島々。日本編 - 高城剛

現在世界中の南の島をまわっている高城センセによる南の島旅行ガイドブック『人生を変える南の島々。日本編』が発売。本書は氏が自ら仕事に私事に300回以上足を運び、全ての写真を撮り下ろし、選びに選んだ日本の26島をリストアップしています。ドローンで空撮した島全体のショットも満載です。先週から青山ブックセンターで先行発売されていたので早速購入しましたが、これを読んだらどこか旅に出たくてウズウズしてきました。日本には世界有数の美しい南の島があると改めて実感しましたね。今回もおまけとして表紙裏には本書で使用した撮影機材、帯裏には日本の南の島々を旅するのに便利な船舶時刻表が掲載されていますよ。

Link » 人生を変える南の島々。日本編 – 高城剛


Related Post » 人生を変える南の島々。アジア編 – 高城剛

April 25, 2016 | Categories » Entertainment, Recommend, Travel | Tags » , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 60 Next »

 
LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

LIFE PACKING 2.1
未来を生きるためのモノと知恵
– 高城剛

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark