白本 四 – 高城剛

白本 四 - 高城剛

高城剛メールマガジン『高城未来研究所「Future Report」』の人気コンテンツである読者とのQ&Aコーナーを再編集した、新しい時代を生き抜くために必要な知恵の集大成「白本」シリーズの第四弾『白本 四』が発売。

世界の様々なニュースや政治経済、海外移住や働き方、ガジェットやテクノロジー、映像や音楽、健康関連、旅行関連など、多岐にわたる質問を独自の視点とわかりやすい言葉で回答しています。一つのテーマに沿って書かかれた著書もおもしろいんですが、やっぱりこういう様々なジャンルの知識がリミックスされた怪しい感じこそが高城センセの真骨頂だと思いますね。今回もおもしろくて一気に読んでしまいました。

今作もたったの280円ですが、「Kindle Unlimited」なら無料で読むことができちゃいますよ。


Link » 白本 四 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 白本 参 – 高城剛

July 23, 2018 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , ,


 

エルメスによる観客参加型の展覧会『彼女と。』

Hermès Avec Elle

国立新美術館で開催中のエルメスによる観客参加型の展覧会『彼女と。』に行ってきました。

映画の撮影現場が再現された会場内では、実際に役者が演技をしていて、それを撮影している様子を見学したり、エキストラとして参加するというのは新しい体験でした。舞台裏には撮影機材と並んで衣装や小道具などが置かれているんですが、もちろん全てエルメスで揃えられていて、とてもラグジュアリーな空間に仕上げられていましたね。

本展は7月30日まで開催中で入場は無料ですが、予約制なので興味のある人は早めにチェックしてみてください。


Link » エルメスが贈るシネマ体験「彼女と。」


Related Post » 高城剛単独トークライブ『“裏”があってもいいじゃないか!』

July 20, 2018 | Categories » Art - Design, Entertainment | Tags » , ,


 

宇多田ヒカルの音楽制作環境 2018

宇多田ヒカル

7月16日に放送されたNHKの番組『プロフェッショナル 仕事の流儀 「宇多田ヒカル スペシャル」』で、宇多田ヒカルの自宅の音楽制作環境が映っているシーンがありました。メインマシンは「MacBook Pro 15”」、アプリケーションは「Logic Pro X」、オーディオインターフェイスは「RME Babyface Pro」なんですね。

シンガーソングライター・宇多田ヒカル。15歳の鮮烈なデビューから20年、その音楽制作の現場に、初めてカメラが入った。
イギリス、ロンドン。取材を始めた1月、新しいアルバム作りは佳境を迎えていた。作詞、作曲、そして編曲まで、曲作りの全てを一人で行う宇多田。自宅やスタジオでの日々は、ひたすら自分の内面の奥深くをみつめ、そこにある“感情”や“真実”という自分にしか分からないものと向き合う、途方もない作業だった。宇多田はいう。「本当のことはなんだろう、真実はなんだろう。それを探すことが、私にとって希望を持ち続けるということ」。
現場で悩み、あがきながらも、チャーミングな素顔をみせる、トップ・アーティスト宇多田ヒカルの、仕事の流儀に迫る。



Link » 宇多田ヒカル スペシャル (2018年7月16日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

Link » NHKオンデマンド | プロフェッショナル 仕事の流儀 「宇多田ヒカル スペシャル」


Related Post » 宇多田ヒカルの音楽制作環境

July 18, 2018 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , , , , , ,


 

赤本 – 高城剛

赤本 - 高城剛

高城剛メールマガジン「高城未来研究所 Future Report」の人気コンテンツである、読者とのQ&Aコーナーを加筆して再編集したKindle本「白本」「黒本」「青本」に続く、「健康」に特化した『赤本』が発売。

「健康のためなら死んでもいい!」という極度の健康マニアであり、最先端医療を取材しながら自らも実践し続けている高城センセが、あらゆる角度の健康に関する質問に答えた一冊になっています。

食事や睡眠、サプリメントやスーパーフード、医療用大麻、グルテンフリー、未病、原因不明の不調から最新のがん治療まで、多岐にわたる質問に回答していて、こうやってまとめて読んでみると高城センセの健康に関する膨大な知識には本当に驚かされますね。心身の健康を追求していきたいと思っている人にオススメです。

今作もたったの280円ですが、「Kindle Unlimited」なら無料で読むことができちゃいますよ。


Link » 赤本 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 白本 参 – 高城剛

July 17, 2018 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing | Tags » , , ,


 

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を鑑賞

先日遂に公開された映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を早速IMAXで鑑賞してきました。1977年に公開された第一作の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に繫がっていく作品で、ハン・ソロが相棒のチューバッカと共に密輸業を営む無法者だった若い頃が描かれています。

戦争の恐怖と残虐性を表現していた前作「ローグ・ワン」と違い、今作は爽快な冒険活劇になっていて最高に楽しめました。ネタバレになるので内容に触れるのは避けますが、ハン・ソロが「I know」を言い過ぎなのと、チューバッカとの出会いが衝撃的過ぎましたね(笑)。それとハン・ソロの幼馴染であるキーラの美しさに見とれて内容がいまいち入ってこなかった部分もあるので、とりあえずもう1回観に行こうと思います。


Link » ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー|映画 | スター・ウォーズ公式


Related Post » 映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の新しい予告編が公開

July 4, 2018 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , ,


 

ゴールドマン・サックス次期CEOがEDMの曲『Don’t Stop』をリリース

D-Sol

ゴールドマン・サックスの次期CEOである『David Solomon(デービッド・ソロモン)』氏が、なんとDJネーム『D-Sol』としてEDMの曲『Don’t Stop』をリリース。1977年にリリースされた「Fleetwood Mac」の人気曲のリミックスで、Spotifyではすでに42万5000人に再生されているようです。これはビックリですね(笑)。


Link » Don’t Stop by D-Sol on Spotify
(via BUSINESS INSIDER JAPAN


Related Post » 音楽ストリーミングサービス『Spotify』がついに日本でも開始

July 4, 2018 | Categories » Entertainment | Tags » ,


 

タイム誌、Intelのドローン958機の編隊飛行によるイルミネーションで表紙デザインを再現

TIME Special Report: The Drone Age

アメリカのタイム誌の最新号の表紙が、LEDで発光したIntelのドローン958機の編隊飛行によるイルミネーションで、タイム誌の表紙デザインを再現した写真になっています。これはおもしろいですね。YouTubeでメイキング映像を見ることができますよ。


Link » TIME Special Report: The Drone Age | TIME


Related Post » カーボンファイバー製紙飛行機型ドローン『Carbon Flyer』

June 4, 2018 | Categories » Art - Design, Entertainment, Technology | Tags » , , , ,


 

分断した世界 逆転するグローバリズムの行方 – 高城剛

分断した世界 逆転するグローバリズムの行方 - 高城剛

高城剛氏の最新刊『分断した世界 逆転するグローバリズムの行方』を読みました。ベルリンの壁が崩壊して世界が一つになった1989年から、英国がEUを離脱して世界が30年ぶりに分断の時代を迎える2019年までを、氏が独自の視点で書いた一冊です。 ここ数年、行き過ぎた資本主義とグローバリゼーションへの反動が様々な国や地域でどんどん大きくなっていますが、実際に世界中を回って分断を肌で感じている高城センセならではの内容になっていて読み応えがありました。

興味深かったのが、これまで新しいメディアが登場して普及することによって、バブルが巻き起こり崩壊するという氏の解釈です。世界恐慌、ニクソンショック、ブラックマンデー、インターネットバブル、サブプライムと、バブルとその破綻は情報の爆発によって引き起こされるとすれば、スマートフォンと高速ワイヤレス回線によるバブル崩壊が必ず起きるという仮説は説得力がありましたね。人々は魔法の機械を入手すると、全く知らない世界の情報を簡単に手にするようになり、どうにか一儲けできないかと欲が湧いて悪巧みを考えてしまうと。歴史はまた繰り返されてしまうんでしょうか。

そして、2020年から2049年まで、30年後に世界は再び一つになるという未来予測を、氏の独自解釈で書き上げた後編が今秋発売されるそうなのでそちらも楽しみです。


Link » 分断した世界 – 高城剛

Link » 分断した世界 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 – 高城剛

May 14, 2018 | Categories » Entertainment, Recommend | Tags » , , ,


 

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

ハーバード大学を経てUCLA助教授として活動する医師の著者が、エビデンスに基づいた本当に健康になれる食事を紹介した一冊『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』。

内容をシンプルにまとめると、白米やパンなどの精製された白い炭水化物、牛肉と豚肉、フルーツジュース、バターは健康に悪いので減らして、玄米や全粒粉などの精製されていない茶色い炭水化物、魚、野菜と果物、オリーブオイル、ナッツ類を増やしましょうというもの。先週末クアラルンプールへのフライト中に読んでいたんですが、おかげで次の日のホテルの朝食はサラダとフルーツとナッツになりました(笑)。

健康オタクにとってはすでに知っている内容が多かったんですが、本書では白米と砂糖はほぼ同じで、白米を食べるのも甘いお菓子を食べるのも体にとっては似たようなものとまで書かれていてビックリしました。近年は炊飯器を自宅とモバイル用で2台使いして、基本的に毎日朝は玄米と味噌汁、昼は玄米とちょっとした惣菜、夜はその日の予定次第で特に決めないという玄米生活を送っていますが、ますます白米を食べたくなくなってしまいましたね。

「あなたは、あなたの食べたものでできている」ということわざがありますが、人生を豊かに楽しく生きるために、毎日の食生活を見直すいいきっかけになると思いますよ。


Link » 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

Link » 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事(Kindle版)


Related Post » 久司道夫のわかめふりかけ

April 24, 2018 | Categories » Entertainment, Life, Recommend | Tags » , , , ,


 

大麻ビジネス最前線 Green Rush in 21st Century – 高城剛

大麻ビジネス最前線 Green Rush in 21st Century – 高城剛

高城剛氏が2年をかけて、世界中の先端研究者やビジネスマン、愛好家から政治家、官僚まで、100人以上に聞いた話を題材に、大麻産業の最前線をまとめた一冊『大麻ビジネス最前線 Green Rush in 21st Century』が発売。すでにリアーナやスヌープ・ドッグ、女優のウーピー・ゴールドバーグなどのセレブ達が大麻ブランドを立ち上げていますが、これから巨大な産業へと発展していくんでしょうか。早速ポチりました。

「ダメ。ゼッタイ。」というキャッチコピーとともに、日本では大麻が厳しく規制されているが、世界に目を向けてみれば、実に多くの国々が大麻を「医療用大麻」として合法化・非犯罪化している。
大麻に含まれる成分が、がん、認知症、てんかんなどに効くということが、科学的なエビデンスとともに判明しつつあるのだ。
こうした事実を、常にビジネスチャンスをうかがっている投資家や事業家が見逃すはずがない。
すでにアメリカ、イギリス、カナダでは医療用大麻だけでなく、嗜好用大麻をも一大産業にしようと、急速に準備を始めている。
この動きは、現在、「グリーンラッシュ」と呼ばれている。

そして、2018年6月。
WHO(世界保健機関)が大麻に関する記述を見直すと目されている。
これを分岐点に、世界の「グリーンラッシュ」はますます世界を席巻するだろう。
かつての「ゴールドラッシュ」が世界規模で経済の流れを変え、街を作り、歴史を動かしたように。

世界の動きから取り残され、“大麻ガラパゴス”といわざるをえない日本において、どう大麻産業でビジネスの好機をつかむか。

本書はおよそ2年をかけて、世界中の先端研究者やビジネスマン、愛好家から政治家・官僚まで、100人以上にうかがった話を題材としている。
海外の学会やコンベンションに参加し、自ら先端科学の知見を蓄えてきたつもりだが、本書に興味を持った日本の出版社は皆無であり、その理由も不明なままだった。
これが、日本の現状を物語っており、また、大麻に限らず、日本に閉塞感が漂う原因のひとつだと考えざるをえない。

不透明な密室で多くの物事が決められる日本に、果たして透明化する日が来るのだろうか?
その試験紙のように、僕は日本の大麻産業の行方を見ている。



Link » 大麻ビジネス最前線 Green Rush in 21st Century – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 20世紀デザインヒストリー

April 23, 2018 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , ,


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 65 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air