ジョナサン・アイブがAppleを退職

Jonathan Ive

米アップルで20年にわたり製品設計を手掛け、資産価値が最も高い企業への道を助けたイギリス人のサー・ジョナサン・アイヴが、自身の会社を立ち上げるため年内にアップルを離れると発表した。

アイヴ氏はiMacやiPod、iPhoneなどの設計を手掛けた。退職については、「この変化には今が自然でおだやかなタイミングだと思った」と話した。

新会社「LoveFrom」は最初の顧客としてアップルを迎えるという。

夏期休暇で日々摂取していた情報をシャットアウトしていたのでキャッチアップしているところですが、このニュースにはビックリ。さらに新会社にはマーク・ニューソンも入社するとのことで、今後の動向に注目ですね。


Link » ジョナサン・アイヴ氏がアップルを退職 iPhoneなど設計 – BBCニュース


Related Post » ジョナサン・アイブ – 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

July 10, 2019 | Categories » Art - Design, Technology | Tags » , , ,


 

アウトドアカルチャーをデザインやアートの視点から切り取った写真集『The Outsiders』の日本語版

The Outsiders - 大自然を旅して生きる

アウトドアカルチャーをデザインやアートの視点から切り取った写真集『The Outsiders』の日本語版。キャンプ、ハイキング、クライミング、サーフィン、スキー、スノーボードなど、アウトドアで様々なアクティビティを楽しむ人々はもちろん、たくさんのギアも紹介されているのでギア好きにはたまりません。

また、アウトドアシーンで活躍するクリエイターにもフォーカスしているのがおもしろいところで、アーティストであるジェフ・マクフェトリッジも登場します。彼自身もパタゴニア本社のあるヴェンチュラをホームにするサーファーでありスケーターなんですよね。写真を眺めているだけで車にボードやテントを積みこんでどこか旅に出たくてウズウズしてきます。


Link » アウトサイダーズ – 大自然を旅して生きる


Related Post » 最新のアウトドアカルチャーをデザインやアートの視点から切り取った写真集『The Outsiders』

June 19, 2019 | Categories » Art - Design, Travel | Tags » , , , , , , ,


 

Rimowa、創立120周年を記念したハードカバー本を発売

Rimowa

リモワが創立120周年を記念して、パリの出版社『Assouline(アスリーヌ)』からハードカバー本を発売。

1898年の創立から最近のシュプリームやフェンディとのコラボレーションまでの120年の歴史に加えて、ナオミ・キャンベルなどリモワを愛用する著名人たちの様々なエピソードなども紹介されているそうです。

価格は175ドル。スーツケース同様のグルーヴ加工を模したカバーデザインもカッコいいですね。


Link » Rimowa


Related Post » Rimowa、アルミニウム製iPhone XS/XS Max/XR用ケースを発売

March 13, 2019 | Categories » Art - Design | Tags » , ,


 

カール・ラガーフェルド、死去

Karl Lagerfeld

カール・ラガーフェルドが2月19日(現地時間)にパリで亡くなった。ファッション界で70年にも渡りキャリアを積み続けた、最も偉大な存在の訃報に衝撃が走った。死因などの詳細はまだ分かっていない。(中略)

今年1月にパリで開催されたシャネルの2019年春夏オートクチュールのショーでは、初めて姿を現さなかったが、スージー・メンケスによると、前日にはアトリエで仕事をしていたという。

以前に銀座のシャネルで見かけたことがありましたが、いつものアイコニックなルックスで存在感が半端じゃなかったですね。安らかなお眠りをお祈り申し上げます。


Link » 【訃報】カール・ラガーフェルドが死去。|ファッションニュース(流行・モード)|VOGUE JAPAN


Related Post » レディ・ガガのビューティ総括

February 20, 2019 | Categories » Art - Design | Tags » ,


 

Banksy – Shredding the Girl and Balloon – The Director’s half cut

先日サザビーズのオークションで1億5千万円で落札された直後、額縁に仕掛けられていたシュレッダーが起動して細かく裁断されたバンクシーの絵『Love is in the Bin(愛はごみ箱の中に)』ですが、最初からバンクシーとサザビーズがグルだったのではないかという批判を受け、以前に公開されていた映像のディレクターズカット版が登場。リハーサルでは絵が途中で止まらずに全て細断されるはずだったようですが、どうなんでしょうか。


Link » Latest Banksy Artwork ‘Love is in the Bin’ Created Live at Auction | Contemporary Art | Sotheby’s


Related Post » Banksy – Love is in the Bin

October 22, 2018 | Categories » Art - Design | Tags » , , ,


 

Banksy – Love is in the Bin

Banksy - Love is in the Bin

先日サザビーズのオークションで1億5千万円で落札された直後、額縁に仕掛けられていたシュレッダーが起動して細かく裁断されたバンクシーの代表作の一つ「少女と風船」の絵が、サザビーズのウェブサイトに『Love is in the Bin(愛はごみ箱の中に)』とタイトルを変更して掲載されています。

事前にサザビーズ側が額縁の仕掛けに気付けなかったとは思えませんでしたが、こうした対応を見るとすでに織り込み済みだったということでしょうね。


Link » Latest Banksy Artwork ‘Love is in the Bin’ Created Live at Auction | Contemporary Art | Sotheby’s


Related Post » Banksy × The Simpsons Storyboard Art

October 12, 2018 | Categories » Art - Design | Tags » , , ,


 

バンクシーの『少女と風船』、1億5千万円で落札直後にシュレッダーで裁断

バンクシーの代表作の一つ『少女と風船』の絵が、サザビーズのオークションで1億5千万円で落札された直後、額縁に仕掛けられていたシュレッダーが起動して細かく裁断されました。

オークションに否定的なバンクシー流の挑発だったと思いますが、皮肉なことに今回の騒動が注目を浴びたことで逆に価値が上がることになりそうですね。


Link » Banksy
(via CNN.co.jp


Related Post » バンクシーがシリア支援のために『少女と風船』を新たに描き直す

October 8, 2018 | Categories » Art - Design | Tags » , , , ,


 

SpaceXによる世界初の月周回旅行にスタートトゥデイ社長の前澤友作氏

#dearMoon Project

 ファッション系通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、代表取締役社長の前澤友作氏が民間人として世界で初めて月周回の宇宙旅行を体験する計画「#dearMoon」を発表した。2023年に打ち上げるSpaceXの新型ロケット「BFR」で旅立ち、月表面まで約125マイル(約201km)の地点を通過して周回し、地球へ帰還する予定。

 前澤氏は、#dearMoon計画を「創作活動のインスピレーションを得る宇宙を舞台にしたアート・プロジェクト」と位置付ける。というのも、この1週間かかる月周回旅行に最大8名の世界的アーティストを招待し、「月と丸い地球を見て受けたインスピレーションを元に作品を創作してもらう」からだ。そして、こうして生み出された作品を「人類の財産として後世に残したい」としている。

アートコレクターとして知られる前澤氏ですが、このニュースにはビックリ。ルネサンスにおけるメディチ家や、現代アートにおけるグッゲンハイムのように、この宇宙旅行が人類全体の資産へと繋がることになるかもしれませんね。


Link » 「ZOZOTOWN」の前澤友作氏、月旅行をする世界初の民間人に–SpaceXが2023年打ち上げ – CNET Japan

Link » #dearMoon


Related Post » Google、モジュール式スマートフォン『Ara』を年内発売

September 19, 2018 | Categories » Art - Design, Technology, Travel | Tags » , , ,


 

エルメスによる観客参加型の展覧会『彼女と。』

Hermès Avec Elle

国立新美術館で開催中のエルメスによる観客参加型の展覧会『彼女と。』に行ってきました。

映画の撮影現場が再現された会場内では、実際に役者が演技をしていて、それを撮影している様子を見学したり、エキストラとして参加するというのは新しい体験でした。舞台裏には撮影機材と並んで衣装や小道具などが置かれているんですが、もちろん全てエルメスで揃えられていて、とてもラグジュアリーな空間に仕上げられていましたね。

本展は7月30日まで開催中で入場は無料ですが、予約制なので興味のある人は早めにチェックしてみてください。


Link » エルメスが贈るシネマ体験「彼女と。」


Related Post » 高城剛単独トークライブ『“裏”があってもいいじゃないか!』

July 20, 2018 | Categories » Art - Design, Entertainment | Tags » , ,


 

タイム誌、Intelのドローン958機の編隊飛行によるイルミネーションで表紙デザインを再現

TIME Special Report: The Drone Age

アメリカのタイム誌の最新号の表紙が、LEDで発光したIntelのドローン958機の編隊飛行によるイルミネーションで、タイム誌の表紙デザインを再現した写真になっています。これはおもしろいですね。YouTubeでメイキング映像を見ることができますよ。


Link » TIME Special Report: The Drone Age | TIME


Related Post » カーボンファイバー製紙飛行機型ドローン『Carbon Flyer』

June 4, 2018 | Categories » Art - Design, Entertainment, Technology | Tags » , , , ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 36 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air