Sony、6,100万画素フルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α7R IV』を発表

Sony α7R IV

ソニーが、35mmフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α7R IV』を発表。

世界初の有効画素数約6,100万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載。防塵防滴性が向上し、EVFは576万ドットに高解像度化。さらにイメージセンサーを微細に動かしつつ16枚を連写合成する機能により約2億4,000万画素の高解像を得ることが可能になり、リアルタイム瞳AFが初めて動画撮影に対応しました。

9月6日発売で、価格は40万円前後になるそうです。ハイエンド機として順当な進化を遂げていますが、どんどん進化していくデジタルボディに40万円も出す気にはなれないので、さらにコンパクトなフルサイズ機の登場を待ちたいと思います。


Link » α7R IV | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー


Related Post » Sony、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトデジタルカメラ『Sony RX1R II』を日本でも発売

July 17, 2019 | Categories » Technology | Tags » ,




 
Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air