Helios 44-2 F2/58mm

Helios 44-2 F2/58mm

近年デジタルカメラの高性能化に伴って、現代のハイテクレンズには無い味のある写真が撮れるオールドレンズが人気ですが、最近はロシア製のオールドレンズ『Helios 44-2 F2/58mm』を、ソニーのミラーレス一眼カメラ「α7 III」に装着して楽しんでいます。旧東ドイツ製の銘玉「Carl Zeiss Jena Biotar F2/58mm」をコピーして作られたと言われていますね。

今までライカの広角レンズばかり使ってきたので、ポートレート撮影にピッタリな58mmという焦点距離は新鮮で、絞り開放で撮影した時の通称「ぐるぐるボケ」と呼ばれる背景のボケ味が独特で気に入っています。中古で1万円以下と安価に購入可能ですがハズレも多いので、こればっかりはアタリが出るまで何本か購入してみるしかありませんね。

「Sony α7 III」への装着には、M42マウントをライカMマウントに変換するマウントアダプターと、ソニーのEマウント機にライカMレンズを装着可能にし、ヘリコイド操作によってレンズの最短焦点距離を大幅に縮めることができるマウントアダプター「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」を組み合わせています。

しばらくは長年愛用しているライカのオールドレンズ「Summilux-M F1.4/35mm」と使い分けていきたいと思います。


Link » Helios 44-2 F2/58mm


Related Post » ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプター『Voigtlander VM-E Close Focus Adapter』

July 25, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » ,




 
Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air