21世紀の新しいシンプルライフ 2018 – サブスクリプションサービス篇

Apple iCloud Drive

所有している写真や音楽、映像や書籍は全てデジタル化してあり、自宅には必要最低限のモノと、ベッドや洗濯乾燥機などの快適に生活するために最低限必要な家具と家電しか置いていません。さらに近年はあらゆるモノにおいて簡単に持ち運べて、そのまま旅先に持ち出せるモノだけを持つようになったため、所有物はサーフボードとスノーボードを収納するバッグを除けばスーツケース2個に収まります。

当たり前ですがモノが無ければ収納スペースは必要無いし、掃除や管理するのも簡単なので時間もお金もかかりません。さらに気分も軽くなって行動力も上がるし、すぐに引っ越せるので世の中の変化や天災などのあらゆる危機にも柔軟になります。

このような生活ができるようになったのは、テクノロジーとインターネットの進化による恩恵が大きいのは間違いありません。プライベートでも仕事でも欠かせないツールから、娯楽や情報収集、日常的な買い物や掃除まで、様々なウェブサービスやクラウドサービスをフル活用しています。どんどん「所有」ではなく「アクセス」できることが価値になってきているのを実感しますね。

ということで今回は、そんな21世紀の新しいシンプルライフに欠かせないサブスクリプションサービスを紹介します。


Adobe Creative Cloud

1.Adobe Creative Cloud

プライベートでも仕事でも愛用している、クリエイティブワークに欠かせないアドビのアプリケーションを利用できるサブスクリプションサービス。料金体系は少し高価ですが、今やクリエイターにとっては支払わなくてはいけない税金のようなサービスだと思います。


Dropbox

2.Dropbox

長年愛用しているクラウドストレージサービス。主に進行中のプロジェクトのデータを入れておく作業用フォルダとしてや、書籍などのデータを保存しておくのに使っていて、会社と自宅のMacでのデータ共有や、MacとiOSデバイスでのデータ共有に欠かせません。ファイルを過去の状態に戻したり、間違えて削除してしまったファイルを復元することができて便利。


Evernote

3.Evernote

日々の思考やアイデア、メモや書類、インターネットで気になった記事などを保存しておく、脳の外部記憶装置として長年愛用しています。必要になった時に検索して見つけるようにしていて、タグ付けなどの整理作業は必要最小限にとどめて時間を無駄にしないよう心がけています。便利とは言えこういったツールに頼りすぎていると記憶力がどんどん落ちてしまうので注意したいですね。


Spotify

4.Spotify

世界最大の音楽ストリーミングサービス。約4000万曲もの膨大な音楽を聴くことができ、広告が表示される無料版の「Free」と、月額980円の定額制の「Premium」という2種類のプランが用意されています。「Free」は30日ごとに15時間のストリーミング再生が可能で、最新のトップチャートやプレイリストなどを聴いたり、『Spotify』の基本的な機能が利用可能。「Premium」は、広告非表示で音楽を高音質の320kbpsで楽しむことができ、スマートフォンやタブレットに音楽をダウンロードしてオフラインでも再生可能。

すっかりSpotifyが音楽を楽しむための生活インフラになりましたが、気に入った音源は、iTunes、Amazon、BeatportTraxsourceなどからダウンロード購入しています。


Apple iTunes Match

5.Apple iTunes Match

アップルの音楽クラウドサービス。CDから読み込んだ曲を含めたコンピューター上のミュージックライブラリ全体がiCloudに保存され、iOSデバイス、コンピューター、Apple TVを使っていつでもどこからでも音楽を楽しむことが可能になります。現在ボクのミュージックライブラリは約20,000曲ほどですが、かつてiPodのコンセプトだった、所有するミュージックライブラリをそのまま持ち出すということがようやく実現されました。


Amazon Prime

6.Amazon Prime

Amazonが提供している有料会員サービス。プライム会員は、商品をすぐに受け取れる「お急ぎ便」や受け取る時間を指定できる「お届け日時指定便」はもちろん、映像コンテンツが見放題になる「プライム・ビデオ」や、音楽が聴き放題になる「Prime Music」、写真を無制限でクラウドに保存できる「プライム・フォト」などのサービスも利用することができます。年会費は3,900円ですが月額にすればたったの325円なので、かなりおトク感のあるサービスだと思いますね。


高城未来研究所

7.高城未来研究所「Future Report」

世界中を飛び回っているクリエイター高城剛氏によるメールマガジン。氏を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職、健康関連のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員による定期レポートを読むことができます。人気コンテンツである読者とのQ&Aコーナーでは、世界の様々なニュースや政治経済、海外移住や働き方、ガジェットやテクノロジー、映像や音楽、健康関連、旅行関連、社会の裏側など、多岐にわたる質問を独自の視点とわかりやすい言葉で回答しています。


dマガジン

8.dマガジン

ドコモによる、月額432円で200誌以上の雑誌が読み放題になるスマートフォンとタブレット向けサブスクリプションサービス。アプリのUIデザインがかなりクソなんですが、肝心のコンテンツの方はWIRED、BRUTUS、Casa BRUTUS、Pen、Newsweekなど、結構充実しています。

これまで情報収集のために週に1度は書店に行き、気になった本や雑誌などをチェックしていましたが、最近はこのサービスのおかげで書店へ行く回数がめっきり減りました。おもしろい本との偶然の出会いもSNSなどで代替できてしまっていますね。


careco

9.careco

最近使い始めた、会員カードが不要でスマートフォンのアプリで利用可能なカーシェアリング。入会手続きを済ませたら、車の予約からドアロックの開錠、予約時間の変更や利用時間の延長、利用終了時の車のドアロックの施錠まで、全てをアプリだけで完結することができます。

東京の都心で暮らしていれば、公共交通機関が発達していてタクシーもいつでも捕まるので、車を所有する必要性をほとんど感じませんでしたが、ここまで手軽にカーシェアリングが利用できるともはやメリットがありませんね。今後は借りた場所以外にも返却可能な乗り捨てができるようにして欲しいです。


Housekeeping

10.家事代行サービス

日常的な家事に浪費される時間と労力は、食器洗い乾燥機、洗濯乾燥機、ロボット掃除機を使ってそぎ落としていますが、キッチン、風呂場、トイレなどの水まわりの掃除も、自分でやらずに家事代行サービスを利用してアウトソーシングしています。部屋の掃除や片付けはもちろんのこと、洗濯物までたたんでくれるのでラクちんです。今までに色々と試しましたが、東京都内であれば相場は1回5,000円程度ですね。鍵を預けて不在時に掃除してもらっています。


INSTはモノやニュースをコンパクトに紹介することを心がけていますが、時々このような長めのエントリーをコラムとして紹介しています。今までのアーカイブは、カテゴリーメニューの「Column」から表示することができますので、是非チェックしてみてください。また、ボクの所有物をまとめた電子書籍もよろしくお願いします。


Related Post » スマートフォンとタブレット向け雑誌読み放題サービス『dマガジン』がパソコンに対応

January 29, 2018 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , ,




 
Instrumental™ Things 不老超寿 – 高城剛 LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

不老超寿 – 高城剛

LIFE SHIFT
– 100年時代の人生戦略

DJI Mavic Air