愛用コーヒーアイテム 2017

iittala Teema Mug Black 300ml

ここ数年コーヒーにハマっていて、色々なカフェをまわってコーヒーを飲んだり、コーヒー豆を買ってきて自宅やオフィスで淹れるのはもちろん、旅先やアウトドアでも楽しんでいます。東京も数年前からのサードウェーブコーヒームーブメントによって美味しいコーヒーが飲めるカフェが一気に増えましたが、今はシングルオリジンの良質な豆をハンドドリップで淹れたコーヒーだけを1日2杯程度飲んでいますね。

これまでに何度かボクが愛用しているコーヒーアイテムを紹介していますが、今年に入ってからモバイル用のコーヒーアイテムを改めて選び直した結果、大幅に軽量コンパクトにすることができました。毎日の生活に欠かせないモノなので、現状に満足することなく追求した甲斐がありましたね。ということで昨年からアップデートした現在愛用しているコーヒーアイテムを紹介します。


iittala Teema Mug Black 300ml

1.iittala Teema Mug Black 300ml
最近自宅でコーヒーを飲むのに愛用しているのは、マグカップの定番であるイッタラの『Teema』です。一切の無駄が無いシンプルなデザインな上にカラーもブラックなので、マイフェイバリットコーヒードリッパー「Hario V60」とステンレス製のコーヒーフィルター「Able Kone」と組み合わせて使ってもバッチリで気に入っています。


Able Kone

2.Able Kone + Hario V60 耐熱ガラス透過ドリッパー 02
マイフェイバリットコーヒードリッパー「Hario V60」と組み合わせて使っているステンレス製のコーヒーフィルター。紙のフィルターとは違って使い捨てではなく、よりコーヒーオイルと微粉が入ってコクのある味わいが出るため、スペシャリティコーヒーには特に適しています。「Hario V60」はガラス製のものと組み合わせて使うのが、味も見た目も気に入っています。


Kalita ナイスカットミル

3.Kalita ナイスカットミル
ここ数年自宅でコーヒーを淹れる時に愛用しているカリタの電動コーヒーミル。業務用ミルをそのまま小型化したインダストリアルな雰囲気がたまりません。操作も簡単だし、速く静かに挽けて粉もほとんど飛び散らないのはナイスです。メンテナンス用ブラシステンレストレーコーヒー豆の保存用のナルゲンボトルもセットで愛用しています。

Fellow Stagg Pour Over Kettle
4.Fellow Stagg Pour Over Kettle
ミニマルなデザインのコーヒーケトル。重心が移動する「加重ハンドル」になっていて注ぎやすく、フタには温度計が搭載されていて便利。マットブラックが無骨でカッコいい。


Soehnle Digital Kitchen Scale Page Evolution Steel

5.Soehnle Page Evolution Steel
『Soehnle(ツェーンレ)』のスタイリッシュなステンレス製の極薄キッチンスケール。シンプルでフラットなデザインの本体の厚さはわずか9mmで、わずかな隙間にも収納できるので場所を取りません。表面のパネルにタッチするだけで電源が入り、操作しないと自動的に電源が切れるオートオフ機能を搭載。自宅でコーヒーを淹れる時には、無印良品のキッチンタイマーとセットで愛用しています。


Snow Peak Titanium Double Wall 220 Mug

6.Snow Peak チタンダブルマグ 220
モバイル用としてオフィスや旅先、アウトドアでコーヒーを飲むのに長年愛用しているスノーピークの軽量マグカップですが、最近よりコンパクトで軽量な容量220mlのモデルを使い始めました。コーヒー1杯分にちょうど良いコンパクトサイズで、ハンドルは収納時には折りたためてパッキングしやすく、チタン製の二重構造なので持っても熱くありません。


GSI Ultralight Java Drip

7.GSI ウルトラライトジャバドリップ
フィルターに付いた3本の足に付いたクリップで直接カップに取付けられるコーヒーフィルター。ペーパーレスでもコーヒーを淹れることができる上に、折りたたむとフラットになってコンパクトに収納できるので旅行やアウトドアに最適。味もなかなかですよ。


Porlex Ceramic Coffee Mill Mini

8.ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ
コンパクトな組立て式の手挽きコーヒーミル『ポーレックス セラミックコーヒーミル』のミニサイズ。ハンドルホルダーが付いているので、かなりコンパクトに収納することができます。また、グリップ時の滑り止めにもなっているので挽きやすいです。今はモバイル用としてオフィスや旅先、アウトドアで愛用しています。


One Drip Pote

9.One Drip Pote
最近モバイル用として使い始めた、手のひらサイズのミニマルなコーヒーポット『One Drip Pote』。フタはありませんが重さ約120gと軽量で、容量は200mlとコーヒー1杯分をドリップするのにちょうど良いコンパクトサイズ。細口タイプで注ぎやすく、内側には150ccの目盛り付きで便利。以前に旅先で購入したコイル型湯沸かし器とセットで使っていますがなかなか調子が良いですね。


Brewista Smart Scale

10.Brewista Smart Scale
最近使い始めた、コーヒーの抽出量と抽出時間の両方を同時に計測することができるコーヒースケール。ステンレス製計量板とバックライト付きのデジタル表示がクールで、エスプレッソ用とハンドドリップ用のオートモードが複数用意されていて便利。サイズもコンパクトなのでモバイル用にもバッチリ。価格もリーズナブルなのがうれしいですね。


Patagonia Black Hole Cube 2L

番外 – Patagonia Black Hole Cube 2L
モバイルコーヒーセットやカトラリーを収納するのに愛用している、パタゴニアのキューブ型バッグ。頑丈な防水性素材で持ち運びやすい大型ハンドルが付属。ジッパーで容易に開閉でき、デイジーチェーンを使ってバッグの外側に取り付け可能。改めてモノを選び直した結果、2Lサイズに収まるまでになりました。


INSTはモノやニュースをコンパクトに紹介することを心がけていますが、時々このような長めのエントリーをコラムとして紹介しています。今までのアーカイブは、カテゴリーメニューの「Column」から表示することができますので、是非チェックしてみてください。所有物をひたすら掲載していくウェブサイトもどんどんアップデートしていますのでよろしくお願いします。


Related Post » コーヒー1杯分をドリップするためのポット『One Drip Pote』

May 31, 2017 | Categories » Column, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 
LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

LIFE PACKING 2.1
未来を生きるためのモノと知恵
– 高城剛

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark