Sony、APS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『α6300』を発表

Sony α6300

ソニーがAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新モデル『α6300』を発表。有効約2,420万画素APS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、4K動画撮影が可能になりました。位相差検出とコントラスト検出の「ファストハイブリッドAF」機能が向上し、マウントアダプターを介してのAマウントレンズでも像面位相差AFに対応。さらにボディ外装にはフルマグネシウム合金を採用し、耐防塵、防滴に配慮した設計になっています。3月11日発売予定で、店頭予想価格はボディ単体が135,000円前後。前モデルの「α6000」に比べてかなり高くなっていますが、AFや動画の性能を中心に大きく進化しているようですね。

Link » 世界最速0.05秒AFを実現 世界最多425点位相差AFセンサーで一瞬の動きを高精度に捉え続ける『α6300』 | プレスリリース | ソニー


Related Post » Sony α6000

February 22, 2016 | Categories » Technology | Tags » ,

 
Instrumental™ Things 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

Instrumental™ Things

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark