21世紀の新しいシンプルライフ 2014 – 朝型ライフスタイル篇

Apple iPad mini iBooks

ボクは今でこそ朝型人間ですが、数年前までは典型的な夜型人間でした。朝型に切り替わるきっかけになったのは、仕事が忙しすぎて毎日徹夜で休みも全く取れない時期があり、仕事前に少しでも自分の時間を確保しようと早起きするようになったのが始まりです。今では毎朝家を出る3、4時間前に起きて、瞑想、ランニングやトレーニング、情報収集とINSTの更新、趣味や学習などに時間を使った後、コーヒーを淹れて朝食をとってから出社しています。

スティーブ・ジョブズは毎朝6時に起きて、子供が目を覚ますまでの時間を大切にしていたそうですが、成功者の多くは長期的な視点で物事を考え、自分にとって大事なことは日中どんな用事が入っても大丈夫なように、朝一番で終わらせることを心がけているそうですよ。とは言ってもボクの場合はただ好きなことをやっているだけなんですけどね(笑)。ということで今回は、早起きを習慣にして朝型ライフスタイルにシフトしたくなる書籍を紹介します。


早起きは「3億」の徳

1.早起きは「3億」の徳 – 哀川翔
俳優の哀川翔が、日々実践している早寝早起きについて書かれた一冊。もちろん専門家ではないので医学的な解説などはありませんが、自身の体験をもとにした早寝早起きのコツや、早起きすれば毎日がこんなに充実するということをとにかく終始熱く語っています。毎朝4時に起きて趣味に仕事に動き回り、疲れ果てて夜は早々8時に寝てしまう生活スタイルや、日の出より早く起きたら勝ちとかいい意味で完全に子供なんですが(笑)、読んでるうちにすっかり感化されて早寝早起きしたくてたまらなくなるはずです。


脳を最高に活かせる人の朝時間 - 茂木健一郎

2.脳を最高に活かせる人の朝時間 – 茂木健一郎
脳が喜ぶ朝習慣や快適な朝を迎えるための睡眠法、最新のツールを駆使した朝活まで、脳科学者の茂木先生らしく、なぜそうするのがいいかということを科学的に分かりやすく説明しています。脳のゴールデンタイムである朝目覚めてからの3時間をいかに有意義に過ごすかのヒントが満載。朝イチのフレッシュな状態の脳と誰にも邪魔されない時間は、何か新しいことを始めるのに最適です。読めばきっと毎朝目覚めるのがワクワクしてくること間違い無し。朝を制するものは人生を制します。


「朝4時起き」の超習慣術

3.「朝4時起き」の超習慣術
「朝4時起き」生活スタイルを20年実践する著者が、誰でもできる、楽しんでできる、思わずやってみたくなる「朝の使い方」を紹介したKindle本。早朝は脳がフル回転していて気持ちも前向きなので、生産性が夜と比べて何倍にもなります。仕事なら効率良く全てを前倒しで進めることができるし、将来に向けた勉強や運動もやる気を維持できます。趣味など好きなことに没頭するのにも最適です。ただ早起きするために当然夜は早く寝なければならないし、そのためには時間の使い方が重要になってくるのは言うまでもありません。1日はどんな人にも平等に24時間しかありません。自分が本当にやりたいことをするためにはどうすればいいのか。結局重要なのは時間管理と日々の習慣、そして強い意志なんだと思いますね。


Tempur Millennium Neck Pillow

番外 – Tempur ミレニアムネックピロー
凹型の立体フォルムがリラックスした寝姿勢を作り出してくれるテンピュールの『ミレニアムネックピロー』をずっと愛用しています。以前は朝起きると首が痛いことがよくあったんですが、これに替えてからは一切無くなりました。早起きするためには質の高い睡眠時間を確保することが重要です。少々値は張りますが、1日の約4分の1を占める睡眠時間。毎日健康でいられるのも快適な睡眠があってこそです。


日本でも「朝活」が定着しつつありますが、今やアメリカでは仕事の前に朝カフェで会うことがトレンドです。本来は真っ暗な夜を過剰に明るくして電力を大量浪費するのはまさに20世紀型ライフスタイルと言えます。夜は仕事をさっさと片付けてしっかりと睡眠を取り、朝日が昇ったら早々に行動する方が人間として自然だし生産性もアップします。それが健康的で創造的な21世紀型ライフスタイルなんだと思いますね。


INSTはモノやニュースをコンパクトに紹介することを心がけていますが、時々このような長めのエントリーをコラムとして紹介しています。今までのアーカイブは、カテゴリーメニューの「Column」から表示することができますので、是非チェックしてみてください。


Related Post » 「朝4時起き」の超習慣術

May 24, 2014 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Thing | Tags » , , , , , , , , ,

 
Instrumental™ Things 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

Instrumental™ Things

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark