「朝4時起き」の超習慣術

「朝4時起き」の超習慣術

アマゾンでたまたま見つけて朝型人間としてはスルーできずに思わず購入したKindle本『「朝4時起き」の超習慣術』。本書は「朝4時起き」生活スタイルを20年実践する著者が、誰でもできる、楽しんでできる、思わずやってみたくなる「朝の使い方」を紹介しています。早朝は脳がフル回転していて気持ちも前向きなので、生産性が夜と比べて何倍にもなります。仕事なら効率良く全てを前倒しで進めることができるし、将来に向けた勉強や運動もやる気を維持できます。趣味など好きなことに没頭するのにも最適です。ただ早起きするために当然夜は早く寝なければならないし、そのためには時間の使い方が重要になってくるのは言うまでもありません。

冒頭に欧米のエリートビジネスパーソンはみんな早起きで、日本人とは時間に関する哲学が根本的に異なり、自分や家族との時間をものすごく大切にしていると書かれています。彼らは家族と楽しく過ごすために仕事はさっさと片づけるし、やる時はとことんやるという集中力があるそうです。結局のところ日本人の生産性は先進国で19年連続最下位であり、それを長時間労働でカバーしているだけなんですよね。1日はどんな人にも平等に24時間しかありません。自分が本当にやりたいことをするためにはどうすればいいのか。結局重要なのは時間管理と日々の習慣、そして強い意志なんだと思いますね。何にしてもこの内容で120円というのは素晴らしいです。

Link » 「朝4時起き」の超習慣術(Kindle版)


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ 2014 – 朝型ライフスタイル篇

May 12, 2014 | Categories » Entertainment, Life, Recommend | Tags » , , ,

 
Instrumental™ Things 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

Instrumental™ Things

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark