藤原ヒロシがインスタで伝える「大いなる無駄」の価値

藤原ヒロシがインスタで伝える「大いなる無駄」の価値

フォーブスジャパンに、藤原ヒロシ氏のインタビューが掲載されています。最新号の特集である「真のインフルエンサーとは何だ?」のトップインフルエンサー50人に選出されたようで、読み応えがありました。

氏はファッションを通じて、なくても困らないけれど心を耕してくれる無駄なものこそが大事だと語っていて、とても共感できましたね。ボクは所有するモノに限らず口に入れるモノや摂取する情報など、自分に関わる様々な無駄をそぎ落としたいと思っていますが、旅行やアウトドアで過ごすことが好きなので、それに関連したアイテムやガジェットを多く所有しています。これらは興味の無い人からすれば無駄なモノですが、ボクにとっては人生を豊かに楽しく生きるのに必要なモノなんですよね。

「今と比べると、雑誌世代は情報が少なかった。だから、例えば好きなアーティストの一枚の写真から、なんの靴を履いて、部屋にどんな小物があるのか読み取っていた。情報に奥行きがありました。インスタでは細かく見ようとする間もなく、新しい情報がやってくる」

そうして奥行きが薄れたことは、彼がフィールドとする“ファッション”にも影響を与えている。

藤原からすると、いまファッションブランドと言われているものは「ライフスタイルブランド」なのだという。そして、「ファッションは、本当は意味がないもの。そこが見失われている」と言って、カルチャーの話をする。

「カルチャーは、『耕す』を意味するラテン語の『カレル(colere)』が語源。心を耕すことなんです。例えば、ユニクロの服が生きるのに必要だとして、重たい革ジャンも、ダイヤモンドも、なくても困らないけれど、そういうものが心を耕してくれる。こういう“大いなる無駄”が、実はすごく大事。それがファッションなのか食なのか、それはその人がバランスを取ればいいけれど。その無駄が、経済を動かしている」



Link » 藤原ヒロシがインスタで伝える「大いなる無駄」の価値 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Link » Forbes JAPAN 2019年11月号 – 真のインフルエンサーとは何だ?

Link » Forbes JAPAN 2019年11月号 – 真のインフルエンサーとは何だ?(Kindle版)


Related Post » 世界中から仕事が集まる『野村訓市』とは一体何者なのか?

October 18, 2019 | Categories » Entertainment | Tags » , , ,


 

Bose、超小型スピーカー内蔵サングラス『Frames Alto』を発売

Bose Frames Alto

Boseが、超小型スピーカーを内蔵したサングラス『Frames Alto』日本でも発売。通話が可能なマイクとコントロールボタンを搭載し、スマートフォンとBluetooth接続して音楽再生などの操作や通話応答、SiriやGoogleアシスタントの操作が可能。

肝心の音質はもちろん、音漏れや周囲の騒音が気になるところですが、バッテリー駆動時間は連続再生で3.5時間、スタンバイ状態で12時間と十分な性能なので、ヘッドセットとしてや気軽に音楽を楽しむには便利かもしれませんね。


Link » Bose Frames Alto


Related Post » Bose Companion 20

October 16, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

『Devialet』のコンパクトなワイヤレススピーカー『Phantom Reactor』にマットブラックモデルが登場

Devialet Phantom Reactor Matte Black

フランスのオーディオメーカー『Devialet(デヴィアレ)』のコンパクトなワイヤレススピーカー『Phantom Reactor』にマットブラックモデルが登場。直径20センチほどの曲線的な美しいデザインは変わらずですが、マットブラックになるだけで一気に業務用スピーカーのような無骨な雰囲気になりますね。

昨年末からオリジナルのホワイトモデルを自宅のメインスピーカーとして愛用していますが、コンパクトで美しいデザインに驚くほどのハイスペックが詰め込まれていて本当に素晴らしいですね。こんな超高音質なスピーカーがバッグで一つで持ち運べるなんて本当に良い時代になりました。


Link » Devialet Phantom Reactor 600 Matte Black

Link » Devialet Phantom Reactor 900 Matte Black


Related Post » 『Devialet』のワイヤレススピーカーにコンパクトモデル『Phantom Reactor』が登場

October 11, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , ,


 

Microsoft、折りたたみ式デュアルディスプレイ搭載スマートフォン『Surface Duo』とタブレット『Surface Neo』を発表

マイクロソフトが、折りたたみ式デュアルディスプレイ搭載スマートフォン『Surface Duo』とタブレット『Surface Neo』を発表。

『Duo』は2つの5.6インチディスプレイを搭載したAndroid スマートフォンで、『Neo』は2つの 9インチディスプレイを備え、折りたたみデバイス向けの新型OS「Windows 10X」を搭載。2つのディスプレイには画面ごとに個別のアプリを表示させたり、2画面を1つの画面として表示させることが可能です。さらにキーボードを装着することでノートPCのように使うこともできます。

革新性はありませんが、なかなかおもしろそうなデバイスだと思います。発売は2020年のホリデーシーズンとまだ先なので、アマゾンこそがこんなKindleを発売するべきだと思いますね。


Link » New Surface Duo – Coming Holiday 2020 – Microsoft Surface

Link » New Surface Neo – Coming Holiday 2020 – Microsoft Surface


Related Post » Microsoft、タブレットにもなるWindows 10ノートブック『Surface Book』を発表

October 11, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

折りたたんでバッグに収納できる軽量コンパクトな焚火台『Monoral WireFlame』

Monoral WireFlame

友人たちとキャンプをする時にはスノーピークの焚火台を使っていますが、1人でも気軽に持ち運んで焚火を楽しみたいと思い、軽量コンパクトな焚火台を色々と物色しています。その中で気になったのが、折りたたんでバッグに収納できる軽量コンパクトな焚火台『Monoral WireFlame』です。

火床に特殊耐熱クロスを使用し、分解折り畳み式アームと組み合わせることで、 焚き火台でありながら1kgを切る重量とバッグに収納できるコンパクトサイズを実現。焼き網をそのままアームに載せることができるので、炭火で料理をした後にそのまま焚火を楽しむことができます。ワイヤフレーム自体はほとんど蓄熱しないため、撤収する時に焚き火台が冷えるのを待つ必要がなく、水かけ消火も可能。灰の処理もクロスを外して簡単にできます。

さらにオプションでダッチオーブンなどを載せて遠火を可能にする五徳アタッチメントや、より耐久性と通気性に優れたステンレスメッシュの火床などが用意されています。近々手に入れて使ってみたいと思います。


Link » Monoral WireFlame

Link » Monoral 五徳アタッチメント

Link » Monoral 焚き火メッシュII


Related Post » Snow Peak チタンダブルマグ 220

October 9, 2019 | Categories » Recommend, Thing | Tags » , ,


 

無印良品の小屋

無印良品の小屋

週末の休みに、「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」にある『無印良品の小屋』に宿泊してきました。夏に宿泊した南房総にある廃校利用の複合施設「シラハマ校舎」で見てからずっと気になっていたんですよね。

シンプルな黒い小屋の広さはおよそ9平方メートルとコンパクトですが、大きなガラス窓によって内と外が緩やかに繋がっているので窮屈さは感じませんでした。小屋の中には無印良品のマットレスと「Helinox タクティカルコット」、シュラフが用意されていて、さらに小屋の前の広いウッドデッキには、スノーピークの焚火台やタープまで設置されていて、いつものキャンプとはまた違った新しい体験ができましたね。

これなら手軽にキャンプ体験を楽しむことができるし、雨が降ってしまっても快適に過ごすことができるので、初心者はもちろんアウトドアが苦手な女性や子どもにもオススメです。


Link » 無印良品の小屋 | 施設案内 | カンパーニャ嬬恋キャンプ場 | 無印良品キャンプ場


Related Post » Helinox Seat Warmer

October 7, 2019 | Categories » Life, Travel | Tags » , ,


 

バンクシーがロンドンにショップをオープン

バンクシーがロンドン郊外のクロイドン地区に、自身のアートワークを販売するショップ『Gross Domestic Product(国内総生産)』を2週間限定でオープン。

店内にはイギリス人ラッパーの「Stormzy」をモデルにした作品や、ケロッグのコーンフレークのキャラクターをあしらったカーペット、代表作である「Rage the Flower Thrower」や「Girl with Balloon(少女と風船)」を用いた作品など、バンクシーらしい皮肉たっぷりの作品の数々が展示されています。

現時点では店内に入ることができないため、作品はショーウィンドウから眺めるだけしかできないようですが、同時にオープンしたオンラインストアで近日中に販売されるようです。バンクシーによると全てリサイクル素材を使ってハンドメイドで作られていて、価格は10ポンドから設定しているそうです。これは楽しみですね。


Link » Gross Domestic Product


Related Post » バンクシーの『少女と風船』、1億5千万円で落札直後にシュレッダーで裁断

October 4, 2019 | Categories » Art - Design | Tags »


 

Sony、35mmフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α9 II』を発表

Sony α9 II

ソニーが、35mmフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α9 II』を発表。

前モデルと同じ有効画素数約2,420万画素の積層型CMOSセンサーを搭載していますが、最新のフロントエンドLSIと画像処理システムを搭載したことにより、AFの速度と精度、被写体追尾AFの性能が向上されています。また、機械シャッター使用時の連写速度が10コマ/秒に高速化され、ボディ内手ブレ補正も1/2段分効果が改善されています。

マイナーチェンジモデルといった感じですが、新たにギガビットイーサーネットや、5GHzのWi-Fi、バックグラウンドFTP転送、ボイスメモなどの機能を搭載し、プロのスポーツカメラマンやフォトジャーナリスト向けのモデルという位置付けのようですね。

11月1日発売で、価格は税別55万円前後になるそうです。ソニーさんには早く「SIGMA fp」のようなコンパクトなフルサイズ機を作って欲しいですね。


Link » α9 II | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー


Related Post » Sony、APS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新モデル『α6600』と『α6100』を発表

October 4, 2019 | Categories » Technology | Tags » ,


 

GoPro、アクションカメラの新モデル『HERO8 Black』と360度カメラの新モデル『Max』を発表

GoPro HERO8 Black / Max

GoProが、アクションカメラの新モデル『HERO8 Black』と360度カメラの新モデル『Max』を発表。

『HERO8 Black』は、折り畳み式マウントフィンガーをボディに内蔵することで軽量化を実現。画角を簡単に選択できる4つのデジタルレンズ、ウィンドノイズ低減機能の強化によるオーディオ、カスタマイズ可能なモードプリセットを搭載。また、ビデオ安定化機能「HyperSmooth」の性能も向上し、全ての解像度とフレームレートで使用でき、新機能のブーストモードと、アプリ内で操作可能な水平ロックが搭載されています。

さらに新しいモジュラーアクセサリーが用意されていて、プロ仕様のオーディオ性能を実現するメディアモジュラー、メディアモジュラーにマウント可能な自撮りに便利な折りたたみ式のディスプレイ、暗い場所でも明るく撮影できるライトモジュラーと、使うことで『HERO8 Black』の機能を拡張することができます。

『Max』は本体の前面と背面にレンズを搭載した360度カメラで、安定性を極限まで追求したシングルレンズで通常の撮影も可能。画角を簡単に選択できる4つのデジタルレンズ、折りたたみ式のマウントフィンガー、自撮りも可能なタッチスクリーンディスプレイを搭載し、防水ハウジング無しの本体だけで水深5mまでの防水性能や耐久性を備えています。また、強固な安定化システムで180度撮影ができる「Max HyperSmooth」、従来よりも拡張された制御と性能の「Max TimeWarp」などの機能を搭載。

両モデルとも10月25日発売予定で、価格は『HERO8 Black』が55,880円、『Max』が67,100円。前モデルから大幅な進化を遂げているので買い替えたいと思います。DJIに潰しにかかってこられて大変ですが、アクションカムはやはりGoProがベストだと思いますね。


Link » GoPro HERO8 Black

Link » GoPro Max


Related Post » GoPro HERO7 Black

October 2, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , ,


 

Instrumental™について

La Torre Ibiza

Instrumental™(インスト)は、管理人Masaya™が情報過多時代のシンプルで豊かなライフスタイルをコンセプトに、情報のノイズの海の中から本当に役立つモノやニュースをエディットし、所感を加えてコンパクトに紹介する個人メディアです。これからますます世界がパラダイムシフトいく中で、個人の力の可能性と21世紀の新しいシンプルライフを探求していきます。

日々の気になるニュースや出来事などはTwitterInstagramの方でも発信していますのでフォローはお気軽に。また、オススメ情報やお問い合わせなどありましたらこちらのページのコンタクトフォームからお願いします。


所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を2019年版にアップデートしました。スーツケース2個分の所有物で生活しながら東京で働くいちクリエイターのリアルな生活必需品であり、選りすぐりの愛用品一覧です。是非読んでみてください。


Twitter (@inst_jp) »

Instagram (@instrumental.jp) »

Facebook ページ »

RSS フィード »


Twitter (@m_s_y) »

Instagram (@m_s_y) »

note (@m_s_y) »

Medium (@m_s_y) »

YouTube »

SoundCloud »

Mixcloud (@m_s_y) »


Related Post » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を2018年版にアップデートしました

October 1, 2019 | Categories » Other | Tags »


 

 1 2 3 4 5 6 7 424 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things
2019 Edition

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air