Solo-Tourist ポケットデイパック

Solo-Tourist Pocket Daypack

前作から持ち物の80%以上を刷新して大幅にバージョンアップした高城剛氏の新刊「Life Packing 2.1」で紹介されていた、小さくコンパクトに携帯できるデイパック。重さわずか80gと超軽量ですが、撥水加工されたリップストップナイロン生地を使用していてそれなりに丈夫そうです。氏は海へ色々と持って行く時などに重宝しているそうで、「DJI Phantom 4」もギリギリ入るそうですよ。何より価格が安いので気兼ねなくガシガシ使えますね。ちなみにボクは現在「Patagonia Lightweight Travel Tote Pack」を愛用しています。

Link » Solo-Tourist ポケットデイパック


Related Post » Patagonia Lightweight Travel Tote Pack

August 23, 2016 | Categories » Things, Travel | Tags » , ,


 

コンパクトに折りたためる防水デイパック『Matador FreeRain24』

Matador FreeRain24

以前に紹介した、コンパクトに折りたためる防水デイパック『Matador FreeRain24』が日本で発売されていました。手のひらサイズで重さわずか157gと超軽量ですが、広げれば容量は約24Lになるので、重たい荷物を運ぶ必要のない日帰りの登山やハイキングならこれで十分です。アウトドアや旅先ではもちろん様々な用途に使うことができますね。

Link » Matador フリーレイン24


Related Post » コンパクトに折りたためる防水デイパック『Matador FreeRain24』

August 23, 2016 | Categories » Things, Travel | Tags » ,


 

Leica Summilux-M F1.4/35mm

Leica Summilux-M F1.4/35mm

近年デジタルカメラの高性能化に伴って、現代のハイテクレンズには無い味のある写真が撮れるオールドレンズが人気ですが、最近また愛用していたライカのオールドレンズ『Summilux-M F1.4/35mm』をソニーの「α7R」に装着して楽しんでいます。やはり35mmという商店距離は日常のスナップにはちょうど良い画角で、現行品に無いコンパクトさで重さもわずか180gと軽量なので使いやすいですね。手持ちのレンズの中から1本だけ選ぶとすればこれというくらい気に入っています。

ボクのカメラ選びの基準はシンプルで、ライカレンズが使えてコンパクトであることが重要で、ボディはあくまで消耗品として割り切っているためメーカーにこだわりはありません。ライカレンズの魅力は、堅牢な金属製ボディによる工業製品としての素晴らしさや、ミリ当たりの解像力といった性能だけで語れない独特の描写力など様々な理由があると思いますが、ボクはもう単純に好きなだけとしか言えませんね。

Link » Leica Summilux-M F1.4/35mm


Related Post » Leica Elmarit-M F2.8/28mm ASPH.

August 22, 2016 | Categories » Recommend, Technology | Tags » ,


 

Gray Malin – Beaches

Gray Malin - Beaches

ロサンゼルスを拠点に活躍するフォトグラファー『Gray Malin』による、世界の素晴らしいビーチを空撮した写真集。美しい海とカラフルな水着やパラソルが調和したミニチュアのような写真は眺めているだけで癒されますね。気になった方は是非Instagramをチェックしてみてください。

Link » Gray Malin – Beaches


Related Post » シリコンバレーでのデジタル革命の歴史的瞬間を記録した写真集『Fearless Genius』

August 19, 2016 | Categories » Art - Design | Tags » , ,


 

スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで

Becoming Steve Jobs: The Evolution of a Reckless Upstart into a Visionary Leader

スティーブ・ジョブズと25年以上の親交を持つフォーチュン誌記者である著者が、取材したテープを再構成し、さらに公式伝記には協力しなかった人物にもアクセスして書き下ろした話題作『Becoming Steve Jobs: The Evolution of a Reckless Upstart into a Visionary Leader』の日本語翻訳版がようやく発売されるそうです。これは楽しみですね。

1985年、スティーブ・ジョブズは自身が創立したアップルから追放される。問題行動も多く、社内を混乱に陥れたとされている。その「変人」は、なぜ96年にアップルに復帰するや、「現代を代表する経営者」、「ビジョナリー」となったのか?

講談社から発売された公認伝記『スティーブ・ジョブズ』には、詳しく語られなかった部分がある。それは、ジョブズがアップルから追放され、ピクサーとNeXTを立ち上げていた時代である。その間にどのような人間的変化があったのか。

Link » スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(上)

Link » スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(下)


Related Post » 映画『スティーブ・ジョブズ』予告編

August 18, 2016 | Categories » Entertainment | Tags » , , , ,


 

自家用の電柱を立てる日本のオーディオマニアたち

自家用の電柱を立てる日本のオーディオマニアたち

 オーディオシステムの音質を極限まで高めるために、森田武男さん(82)は電柱を一本買うことにした。

 弁護士の森田さんは、6万ドル(約607万円)する米国製アンプのほか、劇場で使われていた1960年代のドイツ製スピーカー、金と銀を使用している日本製のケーブルなど、多くの高級オーディオ機器を使っている。

 通常の電源ではとても満足できない――。森田さんは「ピュアな」電源を求め、約1万ドルをかけて庭に高さ12メートルほどのコンクリート製電柱を設置した。電柱の真ん中に付いている円柱形のトランスから自分の家だけに電気が供給される「マイ電柱」だ。

 「電気は血液みたいなものだから、そこが悪いと体すべてがよくなくなってしまう。どんな高級な機器を使っても血液部分で駄目だとどうしようもない」と森田さんは言う。

 クイーンの「I’m in Love With My Car」のレコードをターンテーブルに乗せ、満足げにソファに腰をかける森田さん。電柱を設置する前と比べると、ボーカルはライブのような音に変わり、まるでクイーンが家に来て自分のためだけに演奏しているようだと語る。

ボクもオーディオシステムは色々と試行錯誤してそれなりにお金をかけてきたと自負していますが、ここまで行ってしまうともはや狂気ですね(笑)。数年前からテレビのような据置型の電化製品は生活家電を除いてすっかり買わなくなりましたが、さらに近年は自宅でも簡単に持ち運びのできるモノや、そのまま旅先に持ち出せるモノを使うようになりました。わざわざ自宅に大きなオーディオシステムやホームシアターを設置しなくても、今はコンパクトで高性能なオーディオ機器やプロジェクターなどがいくつも発売されていますからね。

Link » 究極のオーディオマニアが行き着く「マイ電柱」 – WSJ


Related Post » Adobe、モバイルブラウザ用Flashの開発を終了

August 17, 2016 | Categories » Technology | Tags » ,


 

オバマ大統領がSpotifyでサマープレイリストを公開

President Obama’s Summer Playlist

オバマ大統領が音楽ストリーミングサービス『Spotify』でサマープレイリストを公開。これまで自身の誕生日パーティーにJay Zやビヨンセらをホワイトハウスに招くなど音楽好きな一面を見せてきたオバマ大統領ですが、その選曲が素晴らしいと多くの海外メディアが絶賛しています。「Daytime」と「Nighttime」の2バージョン全39曲が公開されていて、ヒップホップやR&Bから往年の名曲までさすがのセレクトですね。

Link » Listen to President Obama’s Summer Playlist: | whitehouse.gov
(via clubberia


Related Post » スティーブ・ジョブズ、逝去

August 17, 2016 | Categories » Entertainment | Tags » , , ,


 

映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『Rogue One: A Star Wars Story』の特別映像が公開

映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『Rogue One: A Star Wars Story』の特別映像が公開。1977年に公開された第一作の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に繫がっていく作品で、反乱同盟軍が宇宙要塞デス・スターの設計図を盗み出す様子が描かれています。遂にダース・ベイダーも登場してスター・ウォーズらしくなってきましたね。かなり楽しみになってきました。

Link » ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー|映画|スター・ウォーズ|STAR WARS|


Related Post » 映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『Rogue One: A Star Wars Story』の予告編が公開

August 16, 2016 | Categories » Entertainment | Tags » , , , ,


 

Leica M-P Marina Bay Sands Limited Edition

Leica M-P Marina Bay Sands Limited Edition

ライカが、シンガポールのランドマーク『Marina Bay Sands』とコラボした『M-P (Typ 240)』の特別モデルを発表。ラグジュアリーなオールシルバーのカラーリングで、ボディには『Marina Bay Sands』のビルが、レンズにはシンガポールらしくライオンのマークが描かれています。マリーナベイサンズのライカストアで数量限定販売されるそうですよ。

Link » Leica commemorates its latest store opening at Marina Bay Sands with a limited edition camera, Buro


Related Post » Leica X1 BMW Limited Edition

August 15, 2016 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

2nd 2016年10月号 – 洒落者が愛するパタゴニアとザ・ノース・フェイス

2nd 2016年10月号 - パタゴニアとザ・ノース・フェイス

なぜこんなにも、このふたつのアウトドアブランドが大好きなのだろうか。
山での視認性を高めるために使われるド派手な発色のせいか、
はたまた極地での活動のために生み出されたオーバースペック気味なテクノロジーか。
そう、すべてはアウトドアフィールドでの快適さを追求した結果生まれた
本気のスペックであることに、ボクらは魅了され続けているのだ。
技術革新によって生まれた数々の銘作アーカイブ、そしてそこから生まれた現在の名プロダクトまで。
膨大なストーリーと資料をもとに、この両ブランドの魅力を余すことなく味わえる総力特集。
実際、この特集を機に訪れることが許された、それぞれのアメリカ本社レポートもお見逃しなく。

これは気になりますね。早速読んでみたいと思います。

Link » 2nd 2016年10月号 – 洒落者が愛するパタゴニアとザ・ノース・フェイス

Link » 2nd 2016年10月号 – 洒落者が愛するパタゴニアとザ・ノース・フェイス(Kindle版)


Related Post » スティーブ・ジョブズ 100人の証言

August 15, 2016 | Categories » Entertainment | Tags » , , ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 353 Next »

LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 イーロン・マスク 未来を創る男 物欲なき世界 人生を変える南の島々。日本編 – 高城剛

LIFE PACKING 2.1
未来を生きるためのモノと知恵
– 高城剛

イーロン・マスク 未来を創る男

物欲なき世界

人生を変える南の島々。日本編
– 高城剛